46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

寒川町議会 2020-12-01 令和2年第1回定例会12月会議(第1日) 本文

附則第2項では、寒川特別報酬審議条例を、附則第3項では、寒川スポーツ推進審議会条例改正いたします。いずれも審議会設置条例で、審議会の庶務を担当する部署の名称が規定されているため改めるものでございます。現行の条文は、課まで規定しておりますが、今回の改正を機会に、条例規定による他の審議会等規定の例に合わせまして、部の表記までとしているものでございます。  説明は以上です。

清川村議会 2019-12-13 令和元年12月定例会(第2号12月13日)

ちなみに、今回改正対象清川村議会議員議員報酬費用弁償及び期末手当に関する条例は、第1条でその目的地方自治法第203条の規定に基づき清川村議会議員議員報酬費用弁償及び期末手当の額並びにその支給方法を定めることを目的とする、と定めており、清川特別報酬審議条例は、第1条で村長の諮問に応じ議員報酬等の額について審議するため、清川特別職報酬等審議会を置く、と定め、第2条で村長議会議員

海老名市議会 2019-09-10 令和 元年 9月 総務常任委員会−09月10日-01号

第5条の海老名特別報酬審議条例は、審議会が審議する報酬は、特別職非常勤職員報酬であることを明確にしているものでございます。  第6条の海老名一般職職員育児休業等に関する条例は、育児休業ができる職員及び対象となる子ども範囲を明確にするものでございます。  

清川村議会 2018-12-14 平成30年12月定例会(第2号12月14日)

議案は、平成30年8月の人事院勧告に基づき、期末手当支給率を上げるものではありますけれども、期末手当支給率を上げることは、議員報酬枠の総額にかかわるものであり、本村には、清川特別報酬審議条例が存在しており、同条2条には、議会議員報酬の額、並びに村長、副村長及び教育長給料に関する条例議会に提出しようとするときは、あらかじめ当該議員報酬等の額について審議会意見を聞くものとすると規定

清川村議会 2016-03-09 平成28年 3月定例会(第1号 3月 9日)

○2番(笹原和織君) 清川特別報酬審議条例によりますと、第2条において、村長議会議員議員報酬の額並びに村長及び副村長給料の額に関する条例議会に提出しようとするときは、あらかじめ当該議員報酬等の額について審議会意見を聞くものとするという条文がございますけれども、報酬審議会は開催されたものかどうか。

厚木市議会 2015-03-12 平成27年 総務企画常任委員会 本文 2015-03-12

なお、改正する条例につきましては、厚木職員定数条例厚木教育委員会教育長給与勤務時間その他の勤務条件に関する条例厚木職員職務に専念する義務の特例に関する条例厚木常勤特別職職員給与及び旅費に関する条例厚木特別報酬審議条例、厚木表彰条例厚木非常勤特別職職員報酬及び費用弁償に関する条例厚木職員の公正な職務の執行の確保等に関する条例の8条例でございますが、今回の改正

三浦市議会 2015-03-04 平成27年都市厚生常任委員会( 3月 4日)

第5条の三浦市特別報酬審議条例の一部改正につきましては、新たに常勤特別職職員となる教育長給料の額についても、市長、副市長等と同様に特別職報酬等審議会審議対象として規定するものであります。  これらの改正施行期日は、平成27年4月1日または現在の教育長委員としての任期満了等の日の翌日のいずれかとするものであります。  

伊勢原市議会 2015-03-02 平成27年3月定例会(第2日) 本文

次に、伊勢原特別報酬審議条例の一部改正施行日平成27年4月1日となっている理由でございますが、今回の一部改正特別職となる新教育長報酬について審議いただくことを想定しております。あらかじかめその移行する前に必要に応じまして、同じ特別職として、市長、副市長報酬と一緒に審議できるよう改正法施行日である平成27年4月1日に合わせたためでございます。  以上でございます。

寒川町議会 2015-03-01 平成27年第1回定例会3月会議(第1日) 本文

次に、第4条関係寒川特別職職員給与に関する条例及び第5条関係寒川特別報酬審議条例のそれぞれの一部改正は、新教育長は、教育長として町長が議会の同意をいただき任命いたしますので、地方公務員法上の特別職となることから、教育長を加えるものでございます。  第6条関係は、寒川教育に関する事務の職務権限特例に関する条例の一部改正でございまして、引用条文条ずれに伴う改正でございます。  

伊勢原市議会 2015-03-01 平成27年3月定例会(第1日) 本文

第1条は、伊勢原市議会委員会条例の一部改正、第2条は、伊勢原職員定数条例の一部改正、第3条は、伊勢原特別報酬審議条例の一部改正、第4条は、伊勢原非常勤特別職職員報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正でございます。  それぞれの条文内容につきましては、新旧対照表によりご説明いたしますので、議案書の46ページをごらんください。第1条で規定する伊勢原市議会委員会条例の一部改正です。

三浦市議会 2013-05-27 平成25年議会基本条例策定等特別委員会( 5月27日)

三浦市特別報酬審議条例こちらの第2条におきまして、市長は、議会議員議員報酬の額並びに市長及び副市長給料の額、こちらの議案を提出しようとする際には、審議会意見を聞くものとすると。そのように定められてございます。審議会意見そのものには法的な拘束力はございませんが、市長はこれに対する道義的な責を負うと、そのような解釈になってございます。 ○石原正宣委員長  ありがとうございます。

平塚市議会 2013-03-11 平成25年 総務経済常任委員会 本文 2013-03-11

まず最初に、平塚市特別報酬審議条例規定されている審議会、こちらが設置条例に入ることによって権限が低くなるのではないかという御質問でした。これは、特に権限が低くなるということはございません。設置条例を、ばらばらだったものを1つにまとめるということですので、その権限自体に影響を及ぼすということはございません。  

清川村議会 2011-03-17 平成23年 3月定例会(第3号 3月17日)

附則第3項の清川表彰条例の一部改正では、「部長又は課長」を「課長」に、附則第4項の清川総合計画審議会条例の一部改正では、「総務部政策推進課」を「政策推進課」に、附則第5項の清川特別報酬審議条例の一部改正では「総務部総務課」を「総務課」に、附則第6項の清川予防接種健康被害事故調査委員会条例の一部改正では、「民生部保健福祉課」を「保健福祉課」に改正するものでございます。  

愛川町議会 2009-03-02 03月02日-01号

したがいまして、本町におきましては、現収入役任期満了となります平成20年度末をもって収入役制度を廃止することとなることから、第1条関係愛川職員定数条例をはじめ、第2条関係愛川特別報酬審議条例第3条関係愛川長等常勤特別職給与に関する条例規定する「収入役」を削るものであります。 2ページをご覧ください。 

愛川町議会 2008-09-24 09月24日-05号

次に、議案第40号の愛川町議会議員報酬費用弁償及び期末手当に関する条例等の一部を改正する条例の制定については、地方自治法の一部が改正され、愛川町議会議員報酬費用弁償及び期末手当に関する条例を初め、愛川非常勤職員報酬及び費用弁償に関する条例愛川特別報酬審議条例に所要の改正を行ったものであり、適正と認めます。 

大磯町議会 2008-09-02 平成20年 9月定例会(第 1日目 9月 2日)

議案第33号 大磯一般職任期付職員採用等に関する条例 日程第6 議案第34号 大磯町議会議員報酬及び費用弁償等に関する条例及び大磯町議            会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例 日程第7 議案第35号 大磯町議会会議規則の一部を改正する規則 日程第8 議案第36号 大磯特別職職員非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条            例及び大磯特別報酬審議条例