82件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平塚市議会 2020-06-04 令和2年6月定例会(第4日) 本文

あわせて、官民連携しての防犯取組として、飲料供給会社との協定により、主な公共施設における防犯カメラつき清涼飲料水自販機設置を提案しますが、見解を伺います。  5)昨年、駅周辺環境浄化を目的とした平塚駅周辺環境浄化対策連絡会設置されました。その設置の経緯と活動内容、それと、期待される効果、また、見えてきた課題について伺います。  6)緊急事態宣言の解除により新学期がスタートしました。

海老名市議会 2018-06-12 平成30年 6月 第2回定例会−06月12日-02号

この水道路は、大正7年ごろから船舶への供給のため、愛川町半原水源から海老名市を通って約100年にわたって通水してきました水道路です。それが平成17年ごろ、通水廃止され、横須賀市から払い下げを受け、市道として活用する計画ですが、その内容について説明をしていただきたいと思います。  大谷地区では、この道路は、ある面では生活道路として活用されております。

南足柄市議会 2018-03-08 2018年3月8日(木) 平成30年第1回定例会(第5日) 本文

これにより、民間の技術力経営ノウハウを活用して抜本的な管理体制の強化とコスト縮減を同時に行うことができ、より安全で安心、安定した供給体制を図ることができます。また、委託を行うことにより職員削減も行うことができますと言われていますが、南足柄市のような小規模の水道事業体にとって、市職員技術継承等に問題はないのか伺います。  以上で、この場での1回目の質問を終わります。           

小田原市議会 2018-02-19 02月19日-01号

安定した供給と適正な下水処理のうち、水道事業につきましては、おだわら水道ビジョンに基づき、安全で安心な水道水安定供給するため、老朽化した施設管路更新耐震化に向けた取組を一層推進してまいります。下水道事業につきましては、下水道長寿命化計画下水道総合地震対策計画に基づき、老朽管ょの更新防災拠点などの汚水を受ける重要な管きょの耐震化を、優先度の高い箇所から継続的に実施してまいります。

伊勢原市議会 2017-12-02 平成29年12月定例会(第2日) 本文

終末処理場管理棟上部設置している水道供給用高置水槽が破損したことから、水道局と協議し、受水槽を撤去して直送することにより、受水槽清掃費を年間10万円程度のコスト削減を図りました。  また、将来の費用削減方向性として、2点の実証試験に現在取り組んでございます。1点目としては、処理場運転方法の見直しです。

川崎市議会 2017-09-22 平成29年 決算審査特別委員会(環境分科会 第2日)-09月22日-11号

重要施設への供給は第1バルブより内側にある給水装置課題であるということをこれまで指摘してまいりました。災害時の重要施設への耐震管路を優先的に整備してきておりますが、途中で破損し、漏水するようなことになれば大変であります。そこで、学校施設とその他医療機関等との重要給水施設側との連携を強化し、実効性あるものにすべきですが、取り組みを伺います。以上です。

小田原市議会 2015-02-19 02月19日-01号

供給下水処理につきましては、安全で安心な水道水安定供給するため、老朽化した配水管更新や、配水池及び送水管耐震化等を行ってまいります。また、快適な生活環境を確保し公共用水域水質を保全するため、下水道の未普及地域の解消に向け、計画的かつ効率的に整備を推進するほか、汚水処理効率化を図るため、流域下水道への編入に向けた汚水幹線整備を推進してまいります。

座間市議会 2014-12-05 平成26年第4回定例会(第3日12月 5日)

原子力空母バースである12号バースのそばにガスタービンがあって、そこで電気をおこして、そして外から水で冷やしているわけでありますが、この外部電源ガスタービン発電施設、そして純供給施設地震津波などによって機能を喪失する危険性があると考えます。原子力発電所と同様に、原子炉をとめてずっと冷やしていく、しばらく冷却し続けないといけないという点が問題となるわけです。

川崎市議会 2014-09-01 平成26年 第3回定例会−09月01日-01号

安定した供給循環機能につきましては、再構築計画に基づき、平間配水所施設をコンパクト化し、事業効率性の向上を図るとともに、これにより発生する余剰地有効利用を図るため、この8月に、平間配水所用地等有効利用に関する基本方針案を取りまとめたところでございまして、今後、市民の皆様の御意見をいただきながら、土地の有効利用に向けて取り組みを進めてまいります。

座間市議会 2013-03-04 平成25年第1回定例会(第4日 3月 4日)

さらに、空母原子炉を冷却するために設置されている外部電源ガスタービン発電施設や純供給施設地震津波によって機能を喪失する危険性もあります。  私は2011年6月の一般質問で、「こういった外部装置横須賀埋立地に建てられているので、液状化の問題など、二重、三重の安全対策が必要と考えるがどうですか」と市長に質問をしました。