74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

二宮町議会 2020-09-13 令和2年第3回(9月)定例会(第13日目) 本文

しかし、残念なことに、近年総体的に見て、施設町内在住者利用者数減少傾向にあり、管理人を置いていない武道館、2つのテニスコート歳入歳出を上回っていますが、業務委託している他の施設はいずれも歳出が超過し、特に温水プールは、施設老朽化に伴い年々歳出が増え、令和元年度は5,000万円余りもの歳出超過が出ています。4施設合計で7,529万3,000円余りもの歳出超過となっています。

相模原市議会 2020-02-25 02月25日-03号

長期財政収支として、2020年度から8年間で約768億円の歳出超過、赤字が発生するという数字が提供されておりますが、既に麻溝台・新磯野第一整備地区土地区画整理事業では大きく数字が変動することになろうかと思われます。現時点数字が今後変わるとしたら、また改めて市民等に情報提供され、改めて市民意見を聞かれるのか伺います。 大規模事業の凍結の方針について。

相模原市議会 2019-12-17 12月17日-04号

こうした中、次期総合計画実施計画策定に向けて、本年9月末時点における長期財政収支を仮試算したところ、大幅な歳出超過が生じることが判明したものでございます。今後におきましては、相模原市行財政構造改革プラン策定することにより、収支均衡型の全く新しい行財政構造の確立を図るとともに、本市の個性を生かした施策の推進についても盛り込むこととし、持続可能な都市経営を行ってまいりたいと考えております。 

大和市議会 2019-12-13 令和 元年 12月 定例会-12月13日-02号

長期財政収支を作成した結果、一般財源ベースで2027年度に約134億円の歳出超過となることが判明し、このままでは行政サービスの水準を維持できないおそれがあるため、構造改革を進める必要があると判断したからであります。今後、学識者らから意見を聞いた上で作成するとのこと。子育てや福祉などの扶助費老朽化した公共施設維持改修費がかさむほか、市税収入の確保も課題とのことであります。

相模原市議会 2019-11-27 11月27日-02号

持続可能な財政運営の実現に向けまして、収支均衡を基本といたしました長期財政収支について、本年9月末時点における仮試算を行いましたところ、令和年度は約60億円の歳出超過が見込まれたところでございます。その後、毎年度、多額の歳出超過が生じる見込みでございまして、令和年度には約134億円となり、計画期間中、年間平均では約96億円になると推計しているところでございます。

湯河原町議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月11日

保険料につきましては、歳出超過のおそれのあった平成24年度には、神奈川県から広域化等支援基金支出金1億5,000万円を借入れ、今後も見込まれる保険給付費伸びに対応する財源を確保するため、やむをえず平成25年度は、平成24年度と比較して、一人当たり平均で18.9%の引上げをさせていただき、以降は据置いておりましたが、平成29年度は一人当たり約6%、平成30年度は一人当たり約15%の引下げを行いました

湯河原町議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月11日

保険料につきましては、歳出超過のおそれのあった平成24年度には、神奈川県から広域化等支援基金支出金1億5,000万円を借入れ、今後も見込まれる保険給付費伸びに対応する財源を確保するため、やむをえず平成25年度は、平成24年度と比較して、一人当たり平均で18.9%の引上げをさせていただき、以降は据置いておりましたが、平成29年度は一人当たり約6%、平成30年度は一人当たり約15%の引下げを行いました

湯河原町議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月11日

保険料につきましては、歳出超過のおそれのあった平成24年度には、神奈川県から広域化等支援基金支出金1億5,000万円を借入れ、今後も見込まれる保険給付費伸びに対応する財源を確保するため、やむをえず平成25年度は、平成24年度と比較して、一人当たり平均で18.9%の引上げをさせていただき、以降は据置いておりましたが、平成29年度は一人当たり約6%、平成30年度は一人当たり約15%の引下げを行いました

湯河原町議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月11日

保険料につきましては、歳出超過のおそれのあった平成24年度には、神奈川県から広域化等支援基金支出金1億5,000万円を借入れ、今後も見込まれる保険給付費伸びに対応する財源を確保するため、やむをえず平成25年度は、平成24年度と比較して、一人当たり平均で18.9%の引上げをさせていただき、以降は据置いておりましたが、平成29年度は一人当たり約6%、平成30年度は一人当たり約15%の引下げを行いました

湯河原町議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月11日

保険料につきましては、歳出超過のおそれのあった平成24年度には、神奈川県から広域化等支援基金支出金1億5,000万円を借入れ、今後も見込まれる保険給付費伸びに対応する財源を確保するため、やむをえず平成25年度は、平成24年度と比較して、一人当たり平均で18.9%の引上げをさせていただき、以降は据置いておりましたが、平成29年度は一人当たり約6%、平成30年度は一人当たり約15%の引下げを行いました

湯河原町議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月11日

保険料につきましては、歳出超過のおそれのあった平成24年度には、神奈川県から広域化等支援基金支出金1億5,000万円を借入れ、今後も見込まれる保険給付費伸びに対応する財源を確保するため、やむをえず平成25年度は、平成24年度と比較して、一人当たり平均で18.9%の引上げをさせていただき、以降は据置いておりましたが、平成29年度は一人当たり約6%、平成30年度は一人当たり約15%の引下げを行いました

湯河原町議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月11日

保険料につきましては、歳出超過のおそれのあった平成24年度には、神奈川県から広域化等支援基金支出金1億5,000万円を借入れ、今後も見込まれる保険給付費伸びに対応する財源を確保するため、やむをえず平成25年度は、平成24年度と比較して、一人当たり平均で18.9%の引上げをさせていただき、以降は据置いておりましたが、平成29年度は一人当たり約6%、平成30年度は一人当たり約15%の引下げを行いました

湯河原町議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月11日

保険料につきましては、歳出超過のおそれのあった平成24年度には、神奈川県から広域化等支援基金支出金1億5,000万円を借入れ、今後も見込まれる保険給付費伸びに対応する財源を確保するため、やむをえず平成25年度は、平成24年度と比較して、一人当たり平均で18.9%の引上げをさせていただき、以降は据置いておりましたが、平成29年度は一人当たり約6%、平成30年度は一人当たり約15%の引下げを行いました