15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

南足柄市議会 2012-06-12 2012年6月12日(火) 平成24年第2回定例会(第3日) 本文

本市の地域包括支援センターは、介護予防の推進と見守りや配食サービスなどの生活支援権利擁護サービスなどを行うとともに、地域ケアマネジャーサービス提供事業者医療機関民生委員などの地域皆様と連携をして高齢者皆様相談に当たり、問題の解決を図っております。

平塚市議会 2011-12-03 平成23年12月定例会(第3日) 本文

また、包括的な支援の中で、財産管理などの権利擁護サービスが加わっていますが、これまでとどう変わっていくのか伺います。  ウ、総合事業では、要支援と非該当を行き来するような方には切れ目のないサービス提供できるとしていますが、具体的にどのような違いが出てくるのか。要支援1、2のうち、どれくらいの人が移行すると想定しているのか伺います。  

伊勢原市議会 2011-09-06 平成23年9月定例会(第6日) 本文

4点目、見守り、配食、買い物など、多様な生活支援サービス確保権利擁護などとしまして、ひとり暮らし、高齢者夫婦のみの世帯の増加認知症増加を踏まえ、さまざまな生活支援、これは見守りですとか配食などの生活支援や、財産管理などの権利擁護サービスなどでございますが、生活支援サービスを推進する。

藤沢市議会 2002-12-17 平成14年12月 定例会−12月17日-05号

いずれにしても、契約弱者権利擁護サービスを普及させる施策を検討する必要があります。  そこでお尋ねします。成年後見制度及び地域福祉権利擁護事業の現状と充実について、どのようにお考えですか、お聞かせください。  次は、「環境問題について」  「エネルギー政策について」質問します。  未来は予測するものではない、選び取るものである。

茅ヶ崎市議会 2000-11-30 平成12年12月 第4回 定例会−11月30日-03号

これらを現在法的に弁護士等相談をしているようですが、現在の福祉関係でやっている権利擁護サービスの中で非常に問題があるのではないか。こういうことで、茅ヶ崎市の担当を含め、12月に最終会議を持ちまして、県にそれらの問題を申し出まして、今後の取り扱いを検討していきたい。これらを補完するものといたしまして、議員御存じのとおり、ことしの4月から民法の改正に伴いまして、成年後見人制度が発足いたしました。

川崎市議会 1999-10-04 平成11年 第4回定例会-10月04日-05号

◆23番(山田賀世) 権利擁護サービスは,自分が年をとったらどう財産管理したらいいのか不安に思っている方や判断力の衰えた高齢者財産を守るもので,本市でこのサービスが始まって既に76件の契約があるということがわかりました。権利擁護サービスを受けられる方の中には,身寄りがなく相続人がいない場合もあると思われますが,死後の財産管理についてはどのように対処されていますか,お伺いいたします。

川崎市議会 1998-12-03 平成10年 第4回定例会-12月03日-02号

また,権利擁護システムにつきましては,川崎在宅福祉公社において,財産保全管理などの権利擁護サービスを既に実施しているところでございます。今後は,国における成年後見制度改正日常生活支援のための地域福祉権利擁護制度創設動向を見据えながら,地域世話人養成確保など,本市における現行の権利擁護システムのより一層の機能強化に向けて取り組んでまいりたいと考えております。  

川崎市議会 1997-06-25 平成 9年 第2回定例会−06月25日-07号

次に,権利擁護機関についてでございますが,財産保全管理などの権利擁護サービスにつきましては,総合相談機能の中で多様な相談内容に対応できるような体制づくりが必要と考えております。そのためには,法律,医療社会福祉専門家相談員として設置することや関係機関への同行や代弁を行うなどにより,障害者高齢者の方々の自立した生活支援してまいりたいと存じます。

川崎市議会 1996-12-03 平成 8年 第4回定例会−12月03日-03号

次に,新供給組織事業1つとして,財産管理保全等権利擁護サービスを行うことが盛り込まれています。現在,あり方等について検討されており,財産管理サービスだけでなく,さまざまな人権にかかわる悩みや相談にも対応できるようなシステムを目指したいとのことです。しかし,人権擁護機関サービス提供側である新供給組織の中に設置していこうとされておられます。

  • 1