450件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤沢市議会 2019-06-14 令和 元年 6月 総務常任委員会-06月14日-01号

福島 公共建築課長 今、御質問にあった主なくいの部分なんですけれども、当然実施設計、基本設計の中で、構造耐力上必要なくいの構造計算を行って決定しておりまして、くい工事については、専門業者の見積もりをとった上で積算をしておりますので、適正な単価で積算されていると考えております。

大磯町議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第 9日目 6月 5日)

それをクリアするためには、全て、増築する建物全体をもう一度構造計算をやり直さなければいけないと。構造計算をやるということは、すなわち、かなり精度の高い設計をしませんと構造計算できません。構造計算した、それまでも何年かかけてつくるのかわかりませんけれども、かなり具体的な設計をして構造計算して、建物全体の改修が必要になるという可能性もかなりあると思います。

鎌倉市議会 2019-03-13 平成31年度一般会計予算等審査特別委員会−03月13日-05号

◆高橋 委員  ここ数年、住宅メーカーさんの裁判になったケースというのはふえてきておりまして、メーカーさんの場合には構造計算とか、標準タイプで国土交通省許可をとって施工するということになっていまして、その標準のものが、標準と同じような土地の上に建てば全く同じ強度になると思うんですけれども、土地の形状が変われば、建物の形状も多少変わって、そういうところについては、現場なりの計算が必要になるんですけれども

座間市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第2日 2月22日)

総合福祉センターも新築時の構造計算において、重要度係数1.25で計画されていますので、地震安全であることを確認していますが、構造耐震判定指標Isoを0.75とし、2次診断をすることにより、今後長期にわたり施設を活用するために、大規模改修事業を行う上で耐震性を再確認したいと考えています。なお、昨年度に竣工させました新消防庁舎の重要度係数も1.25を採用しています。

藤沢市議会 2019-02-21 平成31年 2月 厚生環境常任委員会-02月21日-02号

議会への情報提供以降の動きとしましては、11月15日に不適切行為の追加事象が外部調査委員会の調査により判明したことを受けまして、12月19日に検査データの原点調整を不正に行ったことの発表があり、不適切行為の追加事象の影響を考慮した構造計算による当面の安全性の検証を今後進めるとしております。  下段の表につきましては、12月19日時点の不適合品及び不明の対象物件数、対象製品数でございます。  

鎌倉市議会 2019-02-21 平成31年 2月定例会−02月21日-04号

鎌倉生涯学習センターにおける耐震性の問題については、平成21年度耐震診断受託者による構造計算錯誤から生じたものであり、他の耐震化実施済み公共建築物は問題ないと考えております。しかし公共建築物の中には耐震化から25年以上たつものもあり、コンクリートの劣化などが進んでいるものもあると予想されます。

鎌倉市議会 2019-02-13 平成31年 2月定例会−02月13日-01号

それから、建築設計基本設計、実施設計する人間というのは、性能を満たすように、そしてまず第一に、人命第一、地震があったときには崩れないようにと、建物自体が人命を危ぶむ要素になってはいけないと、そういうようなことで、まずそこ、構造計算をなめちゃいけないという話も何度もさせていただいてますけれども、そこ非常に大事なんです。  こういった保存活動をしていた方が、もちろん耐震診断もできるはずです。

大磯町議会 2019-02-01 平成31年福祉文教常任委員会協議会( 2月 1日)

既存の校舎・体育館との一体的な増築は当時の構造計算基準現行法と異なるため、不可。(給食室は別の棟の建物としなければならない)。食材搬入の車廻しスペースの確保が難しい。柱の位置によっては1階部分に車両が侵入することが出来ず、1階部分が車両運用上デッドスペースとなり得る。調理室に独立柱が必要なためレイアウト上邪魔になる。階段部分が北側の山地にかかり、造成が必要となる。

鎌倉市議会 2018-12-17 平成30年12月17日総務常任委員会−12月17日-01号

その後、平成30年6月12日から平成30年9月30日まで工事の一時中止期間を設け、工事の継続に必要な工法等の検討を行った結果、設計の変更及び構造計算耐震改修に係る評定の再取得のための追加の業務委託が必要となったことから、平成30年9月28日に平成31年3月4日まで一時中止期間の延長を行っています。  

鎌倉市議会 2018-12-12 平成30年12月12日教育こどもみらい常任委員会-12月12日-01号

ただ確認自体、一番最初の計画、当然一番最初に構造計算をしますので、それは55年ですので、まず旧耐震であるということです。基本的に今回の訂正、数値が変わってしまうということについては、我々のほうでも中をかなり確認しました。そういう中でそういうものが見つかったということで、ミスといえばミスなのかなというところでございます。 ◆前川 委員  本当に大変なミスですよね。

海老名市議会 2018-12-07 平成30年12月 経済建設常任委員会-12月07日-01号

◎駅周辺整備係長 おっしゃるとおり、まず設計協定した後に地質調査を行っていますので、その地質調査の結果、さらに構造計算を進めたところ、この結果になりました。 ◆戸澤幸雄 委員 それに加えて、支障物が出てきたというようなことでよろしいのでしょうか。 ◎駅周辺整備係長 済みません。説明が足りなかったかもしれませんが、ここで言うくい構造変更というのは、実際新築する建物の柱の下につくくいの話でございます。

鎌倉市議会 2018-09-18 平成30年 9月18日総務常任委員会-09月18日-01号

検討の結果、内外装撤去時に判明した腐朽部材に対応するため設計の見直しや構造計算が追加で必要となるものの、腐朽部材の交換や補修により現在の構造部材を生かした耐震改修を行うこととし、腐朽部材のうち、土台やはり、柱の一部は腐朽部材全体を新しい部材に取りかえ、部材全体の交換が困難な通し柱については、腐朽している部分のみ切断して新しい材を継ぐ根継ぎといわれる方法や、通し柱の側面に新しい木材を添える方法で補修した

海老名市議会 2018-09-14 平成30年 9月 経済建設常任委員会-09月14日-01号

◎まちづくり指導課長 基本的に法律の中にも、構造計算をしたものについては、法律にある構造にしなくてもいいという基準はあるのですけれども、現実的に、では、震度幾つまでもつのかというところが課題になると思います。気象庁で発表しております地震による被害の想定がいろいろ建物ですとかブロック塀について出ておるのですけれども、ブロック塀について、補強していないものについては震度6強でほぼ全壊する。

鎌倉市議会 2018-09-12 平成30年 9月12日教育こどもみらい常任委員会−09月12日-01号

検討の結果、内外装撤去時に判明した腐朽部材に対応するため設計の見直しや構造計算が追加で必要となるものの、腐朽部材の交換や補修により、現在の構造部材を生かした耐震改修を行うこととし、腐朽部材のうち、土台やはり、柱の一部は腐朽部材全体を新しい材に取りかえ、または、腐朽している部分のみ切断して新しい材を継ぐ、根継ぎといわれる方法や、側面に新しい木材を添える方法で補修した上で、耐震補強を行っていきます。  

鎌倉市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会−09月07日-03号

その場所で耐震補強、調べましたらそういう業者がありまして、その業者はきちんと構造計算もされていて、それが本当に認められるものかどうかというのも心配だったんですけど、このブロック塀に関する建築基準法施行令には、「ただし、国土交通大臣が定める基準に従った構造計算によって構造耐力上安全であることが確かめられた場合においては、この限りでない」という一文があるんですけどね。

茅ヶ崎市議会 2018-09-03 平成30年 9月 第3回 定例会−09月03日-02号

防球ネットの高さにつきましては、改修当時、打球の飛距離を考慮して、支柱の構造計算を行った上で、ネットの高さを設定しております。仮にネットの高さを変える場合は、支柱そのものの構造を再検討の上、変更する必要があると考えておりますので、現状ではネットのかさ上げなどは構造的にも難しい状況であります。  

相模原市議会 2018-06-18 平成30年  6月 市民文教委員会-06月18日−01号

◎小杉学校施設課長 補強が必要な校舎については、今後、耐震設計を行う中で補強の程度や、そもそも耐震が必要かどうかということについて構造計算を行う。構造スリットや建物間のクリアランスをとるといった比較的軽微な対応と、鉄骨のブレースを入れる必要がある、いわゆる本格的な補強工事というものがあり、補強だけが耐震の対応ではないということで、計算によっていろいろ対応が変わってくる。

相模原市議会 2018-03-20 平成30年  3月定例会議-03月20日−05号

ただし、そのときに、じゃあ、次の世代の方が10年、20年たったときに、これを解消できそうな市の都市力になってきたといったときに、やろうとしたときに、そういう構造計算ですとかいろんなことが計算されないまま、先行した施設ができていて、そういうアンダーもしくは高架化、これができなかったということでは、それはいかがなものかなということになりますので、我々としましては、ここでしっかりとした調査をさせていただきまして