4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

海老名市議会 2006-03-14 平成18年 3月 第1回定例会-03月14日-03号

東大言語学科卒、80年代半ばに文化庁長官も務めた作家で、教育改革国民会議有力メンバーであるやはり作家綾子氏を夫人に持つ三浦氏は、“ゆとり教育”を深化させる今回の学習指導要領下敷きになる答申をまとめた最高責任者だった。  『学力低下は予測し得る不安と言うか、覚悟しながら教課審をやっとりました。いや、逆に平均学力が下がらないようでは、これからの日本はどうにもならんということです。

海老名市議会 2002-12-12 平成14年12月 第4回定例会−12月12日-02号

東大言語学科卒、80年代半ばに文化庁長官も務めた作家で、教育改革国民会議有力メンバーであるやはり作家綾子氏を夫人に持つ三浦市は、“ゆとり教育”を深化させる今回の学習指導要領下敷きになる答申をまとめた最高責任者だった。  『学力低下は予測し得る不安と言うか、覚悟しながら教課審をやっとりました。いや、逆に平均学力が下がらないようでは、これからの日本はどうにもならんということです。

小田原市議会 2001-02-28 02月28日-03号

読まれた方も多いかと思いますが、それには最初に、学校はどうあるべきか、教師は何を教えたらいいのか、家庭のしつけは、そして子供は、建前だけの議論はもうたくさん、今こそみずからの体験に基づいた本音の教育論を語るときだと記して、町村文部科学大臣作家綾子、評論家立花隆石原都知事、そして山口小学校の陰山(かげやま)教諭など20名の有識者が寄稿されていました。

平塚市議会 2000-09-05 平成12年9月定例会(第5日) 本文

次に、国民会議具体的提案のうち、徳育教育につきましてどう考えるかとのことでございますけれども、第1分科会作家綾子委員が「日本人へ」と題しましてまとめた文書の中では、議員が引用されたさまざまなものもありますけれども、今日の子供に必要とされる人間性社会性、「生きる力」等をはぐくむことの重要性が述べられております。同感するところは多々あります。

  • 1