349件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

湯河原町議会 2020-06-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年06月09日

いま20年経って、この介護保険制度がなかったらどうなっているだろうと思えば、やはりこの法律は、仕組みはとても大切だというふうに思いますし、明治時代には平均寿命が四十四、五歳のこの日本が、現在、約100年ちょっとで倍になったと言っても言い過ぎではない状況でございます。  したがいまして、総論的には同じ考え方というか、そういうものもあるのでしょう。

湯河原町議会 2020-06-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年06月09日

いま20年経って、この介護保険制度がなかったらどうなっているだろうと思えば、やはりこの法律は、仕組みはとても大切だというふうに思いますし、明治時代には平均寿命が四十四、五歳のこの日本が、現在、約100年ちょっとで倍になったと言っても言い過ぎではない状況でございます。  したがいまして、総論的には同じ考え方というか、そういうものもあるのでしょう。

湯河原町議会 2020-06-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年06月09日

いま20年経って、この介護保険制度がなかったらどうなっているだろうと思えば、やはりこの法律は、仕組みはとても大切だというふうに思いますし、明治時代には平均寿命が四十四、五歳のこの日本が、現在、約100年ちょっとで倍になったと言っても言い過ぎではない状況でございます。  したがいまして、総論的には同じ考え方というか、そういうものもあるのでしょう。

湯河原町議会 2020-06-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年06月09日

いま20年経って、この介護保険制度がなかったらどうなっているだろうと思えば、やはりこの法律は、仕組みはとても大切だというふうに思いますし、明治時代には平均寿命が四十四、五歳のこの日本が、現在、約100年ちょっとで倍になったと言っても言い過ぎではない状況でございます。  したがいまして、総論的には同じ考え方というか、そういうものもあるのでしょう。

湯河原町議会 2020-06-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年06月09日

いま20年経って、この介護保険制度がなかったらどうなっているだろうと思えば、やはりこの法律は、仕組みはとても大切だというふうに思いますし、明治時代には平均寿命が四十四、五歳のこの日本が、現在、約100年ちょっとで倍になったと言っても言い過ぎではない状況でございます。  したがいまして、総論的には同じ考え方というか、そういうものもあるのでしょう。

湯河原町議会 2020-06-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年06月09日

いま20年経って、この介護保険制度がなかったらどうなっているだろうと思えば、やはりこの法律は、仕組みはとても大切だというふうに思いますし、明治時代には平均寿命が四十四、五歳のこの日本が、現在、約100年ちょっとで倍になったと言っても言い過ぎではない状況でございます。  したがいまして、総論的には同じ考え方というか、そういうものもあるのでしょう。

湯河原町議会 2020-06-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年06月09日

いま20年経って、この介護保険制度がなかったらどうなっているだろうと思えば、やはりこの法律は、仕組みはとても大切だというふうに思いますし、明治時代には平均寿命が四十四、五歳のこの日本が、現在、約100年ちょっとで倍になったと言っても言い過ぎではない状況でございます。  したがいまして、総論的には同じ考え方というか、そういうものもあるのでしょう。

湯河原町議会 2020-06-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年06月09日

いま20年経って、この介護保険制度がなかったらどうなっているだろうと思えば、やはりこの法律は、仕組みはとても大切だというふうに思いますし、明治時代には平均寿命が四十四、五歳のこの日本が、現在、約100年ちょっとで倍になったと言っても言い過ぎではない状況でございます。  したがいまして、総論的には同じ考え方というか、そういうものもあるのでしょう。

湯河原町議会 2020-06-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年06月09日

いま20年経って、この介護保険制度がなかったらどうなっているだろうと思えば、やはりこの法律は、仕組みはとても大切だというふうに思いますし、明治時代には平均寿命が四十四、五歳のこの日本が、現在、約100年ちょっとで倍になったと言っても言い過ぎではない状況でございます。  したがいまして、総論的には同じ考え方というか、そういうものもあるのでしょう。

湯河原町議会 2020-06-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年06月09日

いま20年経って、この介護保険制度がなかったらどうなっているだろうと思えば、やはりこの法律は、仕組みはとても大切だというふうに思いますし、明治時代には平均寿命が四十四、五歳のこの日本が、現在、約100年ちょっとで倍になったと言っても言い過ぎではない状況でございます。  したがいまして、総論的には同じ考え方というか、そういうものもあるのでしょう。

三浦市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 4日)

さらに、市内には明治時代から続く老舗も多く、2代目、3代目、さらには4代目の方々も家業発展のために頑張っております。新しく起業する人たちとともに、こうした老舗で頑張る経営者企業人もぜひとも応援してほしいと思います。  続いて、農業婚活イベントについてであります。ご答弁では、昨年11月に行われました婚活イベントでは、1組のカップルが成立したとのことです。

平塚市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会(第2日) 本文

家庭教えで芽を出し、学校教えで花が咲き、社会の教えで実がなる」、これは明治時代に埼玉県の学校通知表の中に書かれていた言葉であるそうです。その当時から、今からもう100年も120年も前から、家庭、地域、学校って、これがきちんと連携しながらしっかりとした子どもを育てていこうというようなことがうたわれております。ぜひ平塚も、各地で取り組んでいます家庭教育支援チームというのがあります。

秦野市議会 2019-10-10 令和元年第3回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2019-10-10

江戸時代にも防護柵はあって、明治時代になって、西洋の犬、猟犬ではなくて西洋犬ですね。西洋犬が入ってきて、イノシシの天敵だったと考えられるニホンオオカミ駆除が進んだと。ニホンオオカミが絶滅した記録もあります。これはこの間、NHKの番組でやっていましたけれども。  鳥獣対策は、ただ駆除が目的ではなくて、あくまでもやはり秦野市総合計画HADANO2020プランにある「農業経営安定化農地保全」。

真鶴町議会 2019-09-03 令和元年第4回定例会(第1日 9月 3日)

○2番議員(森 敦彦)  現地、現場を以前見させてもらいましたけども、中身は確かにもう明治時代につくられたものですから傷んでますし、床もやはり危険な状態、屋根も雨漏りもしているということで修繕したということですけども、門扉なんかもやっぱりでかい鉄製の門扉で、もうつけ根のとこが腐ってるんですよね。  

愛川町議会 2019-09-02 09月02日-02号

例えば、町の土地を周辺の方に対して墓地として使用してくださいという形になったのか、あるいは最初から墓地であったものを、許可を得るために、昭和23年以前ですと、明治時代に施行された規則に基づきますので、市町村以外許可が受けられないということで、墓地としての許可を受けるために町が申請をしただけのものであるのかという、そこが不明確ということをお答えしたかったということでございます。

大磯町議会 2019-05-28 令和元年 6月定例会(第 1日目 5月28日)

明治時代の説明についてもしかりです。緑地や価値ある建物が残ることは歓迎しますが、建物と関係する政治家の評価を混同して、明治の精神に学ぶ舞台にすることには賛成できません。  討論は以上です。御賛同よろしくお願いします。 ○議長(関 威國君)  次に、原案に賛成する方の発言を許可します。  5番・三澤龍夫議員。 ○5番(三澤龍夫君)  5番・三澤でございます。

藤沢市議会 2019-03-04 平成31年 2月 定例会−03月04日-04号

もう大分前に習ったことであり、記憶も曖昧な部分もありますが、明治維新には、御存じのとおり、倒幕運動から明治時代初期までに行われた一連の改革であり、始まりは1853年にペリーが浦賀に来たことから始まっております。当時の江戸幕府は、開国するか、鎖国して戦争するか、2つに意見が分かれ、ごたごたしているうちに倒幕運動が起こり、天皇中心の政府をつくろうと薩摩藩長州藩が同盟を結び、戊辰戦争が起こります。

横須賀市議会 2019-02-26 02月26日-02号

我が国の公的福祉制度は、明治時代貧困者対策から始まり、戦後の復員者等への貧困対策傷痍軍人等への対策戦災孤児、寡婦への対策、そしてその後の老人福祉法の制定によって、おおむね分野別に現在の姿となってまいりました。 しかし、福祉の課題は常に変容していると考えているのです。児童福祉障害福祉高齢福祉という従来型の概念では対応が困難になりつつあると私は認識しております。