8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

座間市議会 2011-06-09 平成23年第2回定例会(第2日 6月 9日)

緊急時の電力供給制限に応じることを条件に、日ごろの電気料金を割り引かれている事業者への需給調整が行われないままに一律に計画停電が課されることに批判が高まると、今度は夏場に向けて需給調整契約の拡大に取り組むと言い始めていますけれども、実際には地震翌日の3月12日朝に東京電力が需給調整契約を結んでいる企業に利用抑制の呼びかけを始めたと、私が目にしたのは日刊工業新聞ですが、そのように報じられており、2007

座間市議会 2003-12-09 平成15年第4回定例会(第4日12月 9日)

既にことしの6月ごろに日刊工業新聞で、「神奈川県座間市中小企業8社が共同で企業団地建設準備組合を設立し、来年末にも着工」として取り上げられております。当該地域は、私も以前議会質問をさせていただきましたように、現在、小池東原中丸地区の土地の利用について地権者の代表者をもって、栗原地区土地利用研究会平成5年に結成され、以後10年以上にわたって研究・検討を続けている地域であります。

座間市議会 2003-09-08 平成15年第3回定例会(第3日 9月 8日)

これに基づいて市長がまさしく答弁をされたと同じように、平成15年7月21日、これは日刊工業新聞で、「団地準備組合が立ち上がった」ということで、神奈川県座間市中小企業有志8社が企業団地建設に向けて準備組合を設立したということで、この内容は事業の拡大、あるいは住工混在、それから、この統計の中に出ておりますけど、10年前に引っ越してきたという会社が45社あったけど、もうその現況はなくなっていると。

川崎市議会 2002-06-13 平成14年 第2回定例会-06月13日-02号

臨海部のリサイクル施設についてですが,昭和電工のガス化溶融炉施設に導入予定のEUPの技術が,日本産業技術大賞の特別賞を受賞したということを取り上げ,このことがあたかも安全性に対する信頼のあかしと言わぬばかりに答弁されましたが,この賞の主催者である日刊工業新聞社に問い合わせ,編集局の科学技術部の担当者の方にお話を聞きました。

平塚市議会 2000-09-05 平成12年9月定例会(第5日) 本文

食品廃棄物、生ごみの処理方法として有望視されているコンポスト、有機肥料化ですが、去る4月20日、日刊工業新聞紙上にこのことが大きく取り上げられていました。廃棄物に含まれる塩分が再生される過程で濃縮され、肥料として多量に使用されると土壌を汚染する塩害となる。塩類が土壌に蓄積すると農作物の生育を阻害し、さらに蓄積が進むと砂漠化の危険性が指摘されている。

大和市議会 1991-06-19 平成 3年  6月 定例会−06月19日-04号

厚木基地においても,5月29日付日刊工業新聞のコラムによると,これはやまとニュースですけれども,湾岸戦争が起きて以来,地元のリーダーたちは基地司令官を訪れて,何か米軍のためにお手伝いをしたいという申し入れをしたり,米軍に100万円をぽんと寄附した社長や,少なくない大和の市内の有力団体参加して,湾岸戦争期間,歓迎パーティーが盛大に開かれたということが言われております。

  • 1