9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

綾瀬市議会 2019-09-02 09月02日-01号

次に、下段の障がい児者相談体制充実支援基本構想策定でございますが、障がい児者相談支援センター専門員を増員し、支援体制を拡充したことで、個々の具体的な問題解決に向け、より細やかな対応を行っております。また、本市の療育の質の向上を図り、障害者自立社会参加を促進するため、もみの木園、ばらの里、希望の園の機能面など、将来を見据えた方向性を示した障がい児者支援基本構想策定いたしました。 

綾瀬市議会 2018-03-23 03月23日-06号

障害者福祉の推進については、児童発達支援センター障害者通所施設等あり方について、障害児支援基本構想策定するとのことですが、何より障害児者の声に耳を傾け、療育の質の向上障害者自立社会参加をぜひ促進していっていただきたいと期待をいたします。 子ども・女性政策は、幼児期の教育に力を入れていただき、非認知能力を育む施策となるよう期待しております。 

綾瀬市議会 2018-02-28 02月28日-02号

その中で、障がい児者支援基本構想策定というふうにあります。従来、綾瀬のほうにも障害者福祉計画というのがもう既にあるわけでありますが、どういう趣旨でこれがつくられていくのか、確認をしたいと思います。 それから、26ページでございます。

綾瀬市議会 2016-09-20 09月20日-03号

この若者支援総合センターでは、あすの社会を担う若者社会的自立の実現、若者が夢を語り、次代を担っていけるような新しい施策の枠組みをつくるとして、若者支援基本構想に基づき、このセンターが設置されております。ここにはさまざまな専門家が常駐をいたしまして、社会的セーフティーネット若者同士の交流、社会参画、この三つの視点によって総合窓口を設置しております。

川崎市議会 2003-02-24 平成15年 第1回定例会-02月24日-03号

次に,野宿生活者対策についての御質問でございますが,初めに,野宿生活者自立支援対策市民協議会につきましては,各界各層委員の方々が参画し,行政とともに自立支援基本構想等を策定する目的で設置したもので,それぞれの立場から率直かつ真摯な御発言をいただき,活発に意見が交換されているところでございます。今後につきましては,生活実態調査の結果を踏まえ,総合的な基本構想案提案してまいりたいと存じます。  

  • 1