91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鎌倉市議会 2019-12-04 令和 元年12月定例会-12月04日-01号

市長の支持どれだけだったかと。52.33%。反市長の人は47.67%。余り変わらない数字なんです。市長、最初の選挙のときどのくらいだったか覚えていらっしゃるかわからないけど、大幅に落ちているんですよ。この市長の支持ね。そこをよく考えたほうがいいですよ。  

大和市議会 2019-06-27 令和 元年  6月 定例会−06月27日-05号

今回の天皇が即位され、令和の元号にかえるときも、過度の宣伝がなされ、現在の政権の支持が数%上昇したと伝えられています。  4番目、元号の取り扱いも私は同等だと思います。過去、元号歴史上使ってきた中国は、現在西暦だけでやっています。世界では、歴史的な時間の流れを区切って元号を使っているのは日本だけであります。元号は、天皇国民だけではなくて、時間も支配をするという意味合いを持っています。

鎌倉市議会 2018-11-27 平成30年11月臨時会−11月27日-03号

支持は31.46%であります。これで選挙で全ての公約の信任を得たと言えるでしょうか。本庁舎移転の公約も、選挙公報には片隅に小さく書いてあるだけであった。また、市長は東洋経済オンラインの年頭インタビューで、「移転先については公有地活用検討委員会における公有地活用方針素案に、深沢への移転を盛り込んでいる。ただし、市庁舎の移転は議会における議決事項であり、最短でも7年先となる。」と答えている。

大和市議会 2018-03-22 平成30年  3月 定例会-03月22日-05号

日に日に安倍内閣支持は落ち続け、国民市民、有権者の皆さんは、この公文書改ざんの真相の究明を求めています。そのために全ての関係者の証人喚問を行い、これは元財務省の理財局長であった佐川宣寿氏のみならず、総理大臣夫人安倍昭恵さんなども含む全ての関係者の証人喚問を行い、公文書改ざん問題を明らかにして、国会を正常化し、国民生活に関連する実質的な国会論議を再開することが求められています。

鎌倉市議会 2017-12-12 平成29年12月定例会-12月12日-05号

200億円の公共事業をカットするということで県民と約束した有名な増田レポートで知られる増田寛也岩手県知事、今までは非常にこれをやります、あれをやりますといったマニフェストというか、お約束、公約が多い中で、非常に市民にとって、県民にとっては苦い薬であった、そういったカットをするというマニフェストを掲げて、高い支持で当選をされました。

大和市議会 2017-06-27 平成29年  6月 定例会-06月27日-05号

内閣支持の急激な下落を前に、安倍首相記者会見で反省を述べましたが、それは国民を納得させるものではありませんでした。  安倍首相山本幸三内閣府地方創生担当相らは、加計学園の獣医学部創設は通常の手続、民主党政権時代から検討してきたなどと説明しますけれども、地方の要望で決まる構造改革特区と首相議長の特区諮問会議がトップダウンで決める国家戦略特区とは、首相権限の強さは全く違います。

大磯町議会 2016-11-30 平成28年福祉文教常任委員会(11月30日)

何回やっても自由民主党支持が高いとかね。私には非常に納得いかないことが多いんですよね。結局、戦後70年経ったら、すべて忘れようとしている。合点そういうわけにはいかないよね。やっぱり、私学というものをきちんと育てて、そこの創立者の、やっぱり思想とかそういうものを教育の指針にしたいんだっていう考え方は、いまは僕はすごく必要じゃないかなという感覚に実はなっております。

川崎市議会 2016-06-17 平成28年 第2回定例会-06月17日-05号

あわせて、デザイン制作者と支持についても伺います。 ○議長(石田康博) 総務企画局長。 ◎総務企画局長(加藤順一) シンボルマークについての御質問でございますが、初めに、制定に至る経緯でございますが、現在のシンボルマークは市職員で構成する川崎イメージアップ作戦プロジェクトチームの発案により、制作することを決定したものでございます。

川崎市議会 2015-10-06 平成27年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月06日-12号

また、歳出削減は痛みを伴うだけに支持低下につながりかねませんが、公約の実現よりも、まずは大胆な歳出削減を図らなければ本市の財政破綻は必至であり、選挙で信を問うにしても、市長みずからが過去の借金に対する返済義務を負わされるわけでもありません。公約の実現以上に財政再建にこそ責任を負うべきですが、市長の見解を伺います。

大和市議会 2015-06-25 平成27年  6月 定例会−06月25日-05号

6月20日、21日の朝日新聞全国世論調査によると、安倍内閣支持は39%で、前回、5月の45%から6ポイント下落、第2次安倍内閣発足以来最低、安全保障関連法案への賛否は賛成が29%、反対が53%と過半数を示したと報道しています。  昨日も国会総行動が取り組まれ、憲法第9条を守れ、戦争をする国にするなと多くの人々が集まりました。ことしは戦後70年の節目の年です。

大和市議会 2014-09-26 平成26年  9月 定例会−09月26日-05号

民主党政権に対する失望感やアベノミクスへの期待感などから、高い内閣支持を維持した中での選挙でありましたが、連立与党が非改選議席を合わせ過半数の議席を得て、第46回衆議院議員選挙以来、長きにわたって続いてきた両院のねじれ状態が解消され、国民が望む政治の安定がもたらされることになりました。  

鎌倉市議会 2014-02-19 平成26年 2月定例会−02月19日-03号

昨年7月21日の参議院選において、自公政権は過半数をいただき、衆参で過半数を得、安定した政権運営を行い、アベノミクスによる景気回復により、株価の上昇と為替の安定で高い支持をいただいています。  県議会では、自民党と公明党、県政会で過半数の議席をいただき、黒岩知事との連携で県政の安定に寄与しています。  

大和市議会 2013-12-20 平成25年 12月 定例会−12月20日-05号

国会終了後の世論調査でも、7割から8割が懸念、反対を示し、内閣支持が急落したことにもあらわれています。  このように、特定秘密保護法は、国民主権基本的人権平和主義という日本国憲法の原則をことごとくじゅうりんする違憲立法であり、廃止をすべきものと考えるものです。  最後に、法の専門家である日本弁護士連合会会長声明を紹介し、私の討論を終わります。

大和市議会 2013-06-25 平成25年  6月 定例会−06月25日-05号

現政権は高い支持です。これだけの支持なのですから、裏からこそこそではなく、堂々と正面から憲法改正を論じるべきです。  以上をもちまして憲法第96条改正に反対する意見書の賛成討論といたします。 ○議長大谷仁君) 次に反対討論。――11番、佐藤正議員。                

二宮町議会 2013-06-07 平成25年第2回(6月)定例会(第7日目) 本文

そういうことを考えれば、今回、交付金が2,000万円減らされても、決してその減らされた分を町民に転嫁するということにはならないはずだし、これからもそれは続けていくわけですから、そういう理屈、理解してもらえるかどうかわかりませんけれども、国・県に対して抗議をするというのは一方ではやっているわけですけれども、絶対的な支持で、今、自民党政権が復活して、そう簡単にはのろしを上げても変わらないんですよ。

海老名市議会 2013-03-25 平成25年 3月 第1回定例会−03月25日-05号

ならば、行政でできる選択と集中とは、それぞれの分野の中での事業を取捨選択する、さらに事業着手の順番を決める、収入に見合った中で分野内事業を再構築する、費用対効果市民支持の低い事業は、予算との兼ね合いから廃止、中止にするというということにほかなりません。しかしながら、毎年のように新規事業を追加してきました。

大和市議会 2013-03-22 平成25年  3月 定例会−03月22日-05号

国民の新政権への支持は高くなってきておりますが、原発事故福島もなかったかのようななりふり構わない経済最優先路線はいかがなものでしょうか。国、政府に倣って切れ目のない経済対策を実行するとして、14カ月、15カ月予算を組む自治体もありますが、本市が冷静に予算編成したことはまず評価したいと思います。  平成25年度当初予算は657億7000万円と、過去最大規模になりました。

中井町議会 2012-03-06 2012年03月06日 平成24年第1回定例会(第1日) 本文

そして、この協働のまちづくりの方向性についてはですね、反対する人は私はいないだろうと思っておりますので、ともに、一緒にですね、この協働のまちづくりに向けて、アンケートでもこれは高い支持が得られたというふうに聞いておりますので、ぜひ今後も元気な自治会になるように町の支援をお願いし、一般質問を終わります。