15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

川崎市議会 2020-06-25 令和 2年 第4回定例会-06月25日-09号

また、民間における投資判断指標である投資回収率につきましては、投資額に対する利益の割合を示す指標であると認識しておりますが、行政におきましては、経済的価値のみで全ての投資事業に係る意思決定を行い得るものではございませんから、財政状況事業ボリューム事業効果等のバランスなどに加えて、一部の投資事業におきましては、BバイCなどの指標も勘案するなど、様々な観点から検討し、事業選択を行っているところでございます

大和市議会 2020-03-03 令和 2年  3月 厚生常任委員会−03月03日-01号

債務超過への回避について、キャッシュ・フローに基づく投資判断について、一般会計からの負担と、それに伴うリスクについて、また、今後の事業形態の見通し、見直しについて等、気概を持った姿勢を伺うことができた。このたび、地域医療支援病院の認定も受けられ、今後は入院診療加算もあるなど、収益面でも期待がされる。

川崎市議会 2020-02-14 令和 2年  2月総務委員会-02月14日-01号

15番でございますが、投資判断が刻一刻と変化する企業にとっては、10年以上の借地契約は要件として厳しく、共通緑地を整備することがリスクとなる可能性があるため、市が仲介契約者として介在する等により、企業が活用しやすい制度構築にしてほしいとの御意見がございまして、これに対する市の考え方といたしましては、中段以降に記載のとおり、企業敷地売却や工場の再編整備等に伴う敷地内への緑地整備などにより、共通緑地

平塚市議会 2019-03-03 平成31年3月定例会(第3日) 本文

企業投資活動は、景気の動向企業経営戦略等により左右されるため、その後の投資状況は変動していますが、本市助成制度企業投資判断のインセンティブとなるよう、工業会等の御意見を伺いながら絶えず見直しを行っており、平成30年度は件数金額とも増加傾向にあります。このため、平成31年度以降は、今年度の実績を踏まえて見積もり、増額としたものです。  

横浜市議会 2016-05-27 05月27日-09号

横浜市が持つさまざまなビッグデータ教育委員会学習状況データを掛け合わせることで、横浜教育の課題、効果的な投資判断にもつながると考えます。そこで、横浜市の教育責任者である林市長にお伺いいたします。全国学力学習状況調査データを各局の政策に反映するために共有すべきと考えますが、市長の見解をお伺いいたします。 

川崎市議会 2016-03-09 平成28年 予算審査特別委員会−03月09日-03号

もうかるかもうからないかで投資判断を決めるわけです。何で日本に投資が少ないかというと、デフレだからです。法人税が高いから投資が少ないのではなくて、デフレだから投資が少ない。だから、いち早くデフレ脱却をするための対策を打たなければいけないということですけれども、国も地方もなかなかデフレの正体をつかめていないのが現状ではないかと。  

川崎市議会 2015-03-05 平成27年 予算審査特別委員会−03月05日-01号

小田理恵子 委員 余り前向きな御答弁をいただけていないのですけれども、今の公会計制度はとにかくストック情報がわかりづらいので、将来の投資判断が物すごくしづらいと思っています。これからの人口減少社会、川崎市もそういうふうになっていくわけですから、長期動向を見据えた設備投資計画を立てるのには、複式簿記での意思決定というのがどうしても必要になってくるのではないかと思っています。

横須賀市議会 2009-09-16 09月16日-04号

そこでまず、建設費や機能について、建てかえと改築の短期・長期の視点から投資判断基準について、どうお考えなのか具体的な数字でお示しいただきたいと思います。 次に、24時間診療についてお伺いいたします。 現在輪番制がとられ、緊急の対応がなされていますが、24時間となると夜間手当医師の体力的問題から翌日の診療負担など、医師会協力体制には疑問が示されています。 

藤沢市議会 2007-10-04 平成19年 9月 定例会-10月04日-08号

本年に入っても生産の一部に弱さが見られるものの回復との基調判断が示されておりますが、この9月の月例経済報告によりますと、企業設備投資判断を2年ぶりに下方修正し、先行きリスクとして、信用力が低い個人向け住宅融資、いわゆるサブプライムローン問題に揺れるアメリカ経済減速が輸出の落ち込みにつながり、我が国経済に大きな影響を与えると懸念をされております。  

藤沢市議会 2005-09-14 平成17年 9月 定例会-09月14日-03号

企業は株主や投資家に対し、これまで余りオープンにしなかった投資判断に必要な財政面での内部情報を適時、公平、継続して提供しており、支援者との信頼関係を築くコミュニケーションツールとして活用しております。行政運営において、税を納めてもらう市民と行政の間柄は、この企業投資家との関係でもあります。

  • 1