9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

藤沢市議会 2019-12-19 令和 元年12月 定例会−12月19日-06号

令和年度予算編成におきましても、部局別枠配分方式を継続しておりますが、概算要求段階での所要調査における前年度事業費からの大幅増減事業該当基準をさらに拡大し、よりきめ細かな枠配分額の算定とするなど、限られた財源の中で市民サービス質的向上が図れるよう、予算編成作業に取り組んでいるところでございます。 ○議長(加藤一 議員) 柳沢潤議員

藤沢市議会 2019-03-20 平成31年 2月 定例会−03月20日-06号

年4回行われる所要調査が適正に行われていたのか疑問ですし、財政指数の悪化もあったのではないでしょうか。提出していただいた資料で、今年度から経理担当管理職によるチーム体制で多角的に分析、検討しており、極端に過大あるいは過小な交付を受けないようにすると記載されていましたので、財政課による定期的なチェックも行い、適切な事務執行をお願いします。  続いて、衛生費についてです。  

藤沢市議会 2019-03-11 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月11日-05号

そのためにも所要調査というようなことをされていると思うんですけれども、これは年間何回ぐらいチェックをされているのか、お聞かせください。 ◎西山 生活援護課課長補佐 所要見込額調べにつきましては、7月、8月、11月、1月、年4回行っております。 ◆原田伴子 委員 昨年度の場合は、5億2,400万円返還になった年ですね。その年の場合はチェックを4回されていたのかどうか、お聞かせください。

座間市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第3日 3月 1日)

神奈川県から具体的な補助要綱が示された後に、施設に対して補助希望所要調査を行い、周知についても所要調査と同時期に行ってまいります。なお、この事業については、2月13日に開催した神奈川県北地区市町村児童福祉担当主管課長連絡協議会において、神奈川県から情報提供がありました。  次に、医療的ケア児に対する支援についてです。

藤沢市議会 2018-12-20 平成30年12月 定例会−12月20日-06号

また、この部局別枠配分方式の昨年からの改善点につきましては、枠配分対象経費から除外する義務的事業費対象経費見直しや、枠配分額の設定時に行う所要調査における大幅増減事業該当基準対象経費見直し、さらには経常的事業費政策的事業費の間で財源相互活用を可能とする取り扱いへの変更など、これまでの取り組みを踏まえ、より各部局での予算編成作業を行いやすくする観点から改善を行っております。

海老名市議会 2017-03-09 平成29年 3月 文教社会常任委員会-03月09日-01号

◎学び支援課長 今回の補助事業ですけれども、昨年、28年3月に国から平成28年度分の所要調査、希望調査がございました。海老名市でもその際に所要額を提出しておりましたけれども、その後、国からは何も通知がない状態が続いておりました。財源が4分の3国庫補助となっておりますので、それが見込めない中で補正予算の対応というのは控えていたところです。

茅ヶ崎市議会 2016-06-29 平成28年 6月 第2回 定例会-06月29日-04号

この件に関しましては、ことしの2月に国のほうで所要調査というのがございまして、ここの段階で、2月の当時は、1事業所当たり上限を300万円として介護従事者に対する負担を軽減するという目的で、どれぐらいの希望があるのかという調査がありまして、茅ヶ崎もそこの中で幾つかの事業者が手を挙げていたというふうな状況がございます。

厚木市議会 2013-09-30 平成25年 都市経済常任委員会 本文 2013-09-30

予算に関しましては、予算を計上する前年の入居率、収入の関係を含めまして、国から参ります所要調査に基づきまして補助などを確定していきます。空き家率により減額するのではなくて、入居している方を含めて所要調査で決定した家賃を予算計上しています。  ある程度当年度事業が進み、空き家などがはっきりした部分については、ある時期に補正して減額をしていきます。

  • 1