3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

座間市議会 2006-09-08 平成18年第3回定例会(第2日 9月 8日)

また、食物アレルギーによる重篤な症状アナフィラキシー救命用自己注射成分エピネフリン、製品名エピペンが平成17年3月に承認され、実際に処方されて携帯、子供が学校に持ってくることが普通になっています。エピペンを携帯する児童把握状況児童自己注射を持ってきたときの対応についてお伺いいたします。また、アレルギー疾患は不登校や引きこもり、いじめ、虐待の大きな要因となります。

平塚市議会 2004-03-03 平成16年3月定例会(第3日) 本文

それは、医師が処方せんを発行する際、薬品をブランド名ではなく成分(薬一般名)で指示すること、また、患者さんが新薬か後発医薬品かを選ぶことができる代替調剤が認められていることが大きな力になっています。  我が国では、厚生労働省国立病院部指導課は、昨年9月に国立病院療養所における後発医薬品採用状況の調査結果を発表しています。

  • 1