4518件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平塚市議会 2022-09-02 令和4年9月定例会(第2日) 本文

1、待機児童ゼロと今後の施策。  今年4月12日付、保育所等待機児童数が令和3年に続き2年連続でゼロとなりましたとの情報がありました。「子育てするなら平塚で」をキャッチフレーズに、施設整備保育士確保支援等待機児童解消に向けた取組成果だと思います。評価をさせていただきます。また、入所保留児童も前年度比35人減の210人ということでした。

平塚市議会 2022-09-01 令和4年9月定例会 索引

統一教会及び世界平和女性連合 │ (5) 安倍元首相国葬への平塚市の対応 出村 光議員湘南フォーラム)……………………………………………………………………………48 1 待機児童ゼロと今後の施策          │ (5) (仮称)ツインシティ橋状況について  (1) 評価課題                │ (6) 寒川町倉見地区状況について  (2) 市民が期待する対策            

寒川町議会 2022-06-04 令和4年第1回定例会6月会議(第4日) 本文

また、若い世代も関心を持って移住先の検討に用いている子育て支援策充実といった観点では、2歳児歯科健診や産後ケアの実施保育コンシェルジュの導入、保育施設等施設整備補助児童クラブの建設に伴う待機児童解消小児医療費所得制限の撤廃のほか、教育施策では、グローバル教育の推進や小・中学校の完全給食実施など、新たな事業展開既存事業の拡大の両面から子育て支援充実を図ってきたところにつきましては、

平塚市議会 2022-06-03 令和4年6月定例会(第3日) 本文

3)国は、待機児童解消取組を加速させるため、平成25年に、待機児童解消加速化プランを発表し、本市でも、2年連続待機児童ゼロを達成されましたが、令和4年度の取組に対して伺います。  4)現在、各地域において、NPO、ボランティア等民間レベル子ども支援として、子ども食堂学習支援が執り行われていますが、現在、どの地区でそれぞれ何件開催されているか伺います。  

平塚市議会 2022-03-04 令和4年3月定例会(第4日) 本文

オ、令和4年度の待機児童について、本市考え方を伺います。  2、中心市街地活性化について。  (1)ひらしん平塚文化芸術ホール開館に伴う中心市街地活性化策。  さきの12月議会では、3月26日の開館による様々な企画が披露されました。そこで、令和4年度の施政方針では、半世紀ぶりまちの様相の大きな変化が期待されます。

平塚市議会 2022-03-02 令和4年3月定例会(第2日) 本文

登録児童数は1963人で、待機児童は出ていません。  次に、4点目の近年の異常気象や今後想定される自然災害に対する考え方ですが、大規模地震気候変動の影響により激甚化・頻発化する風水害に備えるため、自助・共助・公助の視点を持って、ハード・ソフトの両面から対策を講じ、本市の防災・減災のための取組を強化していく必要があると考えます。

平塚市議会 2021-12-06 令和3年12月定例会(第6日) 本文

5年ぶり保育所待機児童ゼロの達成や、病児保育施設の開設、駅北口バリアフリー化に向けた工事の着手など、積み重ねてきた取組が実を結んできたことを感じています。  来年は、4月1日に市制施行90周年を迎えます。先人たちが築き上げてきた歴史やまちの魅力を再確認するとともに、それをしっかりと活用し、持続可能なまちづくりを進めます。

平塚市議会 2021-12-03 令和3年12月定例会(第3日) 本文

(2)待機児童  平塚市は、子育て施策として様々な取組をしています。取組成果の一つとして、令和3年4月1日の待機児童は5年ぶりにゼロになったと、さき情報提供がありました。そのことは高く評価をさせていただきます。  一方、「子育てするなら平塚で」の旗を掲げています。転入超過プラス30人、11月1日現在の現実がございます。ニーズに応えるのが市長さんの責任と思います。伺います。2点ございます。  

平塚市議会 2021-12-01 令和3年12月定例会 索引

………………………………………………………76 ──────────────────────────────────────────── 出村 光議員湘南フォーラム)…………………………………………………………………………77 1 安心して子育てができる環境づくり      │ (1) 産業対策中小企業)  (1) 保育所入所課題             │ (2) 飲食店業対策  (2) 待機児童

平塚市議会 2021-09-03 令和3年9月定例会(第3日) 本文

53: ◯1番 佐藤貴子議員  非常にその対象となる人数が限られているので、例えばこれが一般の健康なお子さんであれば、待機児童問題等で、例えば病児・病後児保育平塚市は創設して、非常に働きやすい環境が整っている一方、今回、対象者が非常に限られていますが、今まで、その保護者方たちの働くということがなかなか保障されていないという事実を含めて、県がこれから様々な施策

平塚市議会 2021-09-01 令和3年9月定例会(第1日) 本文

さらに、待機児童解消に向け、民間保育所等施設整備支援することで、77人の定員増を図るとともに、民間保育所保育士確保のため、就職促進貸付金就労支援交付金のほか、新たに創設した保育士奨学金返済支援補助金3つの柱を中心とした支援を行いました。こうした取組が功を奏し、令和3年4月1日の待機児童は5年ぶりにゼロとなりました。

座間市議会 2021-06-08 令和 3年第2回定例会(第4日 6月 8日)

また、共働き子育て世帯にとって、待機児童解消は急務であります。出生数減少という実態を十分踏まえるべきでありますが、施設整備に当たり、重要課題保育士確保であります。引き続き潜在保育士活用処遇改善等取組もさることながら、保育士業務の負担を軽減するため、間接業務について保育補助者等活用をすべきと考えますが、担当としての考えをお聞かせください。