7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

真鶴町議会 2017-08-30 平成29年第3回定例会(第2日 8月30日)

○5番議員(光吉孝浩)  こういった空き家が増えていっても一向に減っていかないというところから新たな方策はないかと思いまして、例えば再建築不可のところでもそのセットバックとかの緩和、袋地を道路化するというようなことを盛り込んだような条例をつくって、新たに家でも買っていけるか、買いたいというような人たちが町の中に入ってくるっていうようなことを考えて、このことをちょっとお話をさせていただいたんですけど、

茅ヶ崎市議会 2015-06-11 平成27年 6月 第2回 定例会-06月11日-01号

まず我々のほうとしましては、分譲された広告が入った時点でその事業者事情聴取をしながら、そこの場所に建築不可のものについての指導を行ってまいります。その後、販売をした後に所有権が変わって、所有者が変わった時点法務局等に照会をかけ所有者を特定しまして、個人宛てに文書を送付するなどして建築不可のものについての指導を行ってまいります。

三浦市議会 2014-09-19 平成26年財政問題等特別委員会( 9月19日)

例えば店舗や事務所は3,000平米を超えるものは建築不可とされています。そこで、事業者のノウハウ、資本等を活用して事業を実現するため、言いかえると事業者からの実現可能な事業提案可能性を高めるため、必要に応じて三高跡地を対象に再開発等促進区を定める地区計画都市計画決定を行い、A地区内について地区整備計画を定め、床面積の制限に関する事項を緩和する方針にしております。  

川崎市議会 2006-06-26 平成18年 第2回定例会-06月26日-06号

現状では、地区計画や内部のガイドラインなど、建築確認をする自治体の独自の判断にゆだねられていると、国交省の見解が紹介をされていますが、自治体の中には福岡県などのように建築確認申請の手引きの中で、第一種低層住居専用地域でのスーパー銭湯の建設を、原則建築不可と定めている自治体もあり、自治体の独自のルールづくりが求められていると思います。  

平塚市議会 2005-09-04 平成17年9月定例会(第4日) 本文

その中には、現況、地目は雑種地用途地域については市街化調整区域であり、建築不可ということで表示されているものでございます。これを平塚市内だと思うんですが、3軒の方々がお買いになって、そのお買いになった3軒の方が5月ごろから一般の方に転売をされたという事実でございます。中には、収用移転で移転された3軒の方々が隣地の関係から多少庭先ということでお買いになったこともございます。

  • 1