19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

小田原市議会 2018-12-12 12月12日-03号

地方再生コンパクトシティ」では、事業効果測定値として、かまぼこ通り銀座竹花通り空き家空き店舗活用実数、板橋・南町地区の主な歴史的建造物入館者数小田原乗車人員数、そして観光客消費額における目標値などをしっかりと設定しており、関係所管課が一つの目標に向かい、ハード・ソフト事業を一体的に展開しております。

小田原市議会 2018-09-20 09月20日-06号

いずれにいたしましても、今後、県内市町村との連携を図りながら、関係所管調整してまいります。 次に、県が進めている砂防事業進捗等についてでございます。初めに、箇所ごと事業概要でございますが、入生田地区では宮沢川に5基、石橋地区では玉川に6基の砂防堰堤を築造し、風祭地区萬松院沢早川地区の第2早川沢上曽我地区山岸沢に、それぞれ1基の砂防堰堤を築造するものでございます。

小田原市議会 2017-06-15 06月15日-04号

また、地元自治会との調整関係所管との横断的な調整に当たりますとともに、事業推進についても県に要望してきているところでございます。こうした活動に対し、事業を担当する県西土木事務所小田原土木センターでは、毎年粘り強く予算要求に努めていただいておりますが、県の財政は厳しい状況が続いており、予算が確保できず大変苦慮していると伺っているところでございます。 

横浜市議会 2017-03-24 03月24日-06号

平成29年度は、関係所管部署及び関係機関等との支援体制の一層の整備強化を図り、職員研修及び市民への普及啓発活動実施することとしています。加えて、実際に犯罪被害に巻き込まれた方々の視点からは、さまざまな支援策被害者に寄り添って的確に適応できるためには、条例化によって支援事業体系化、明確化することが求められます。

海老名市議会 2015-09-18 平成27年 9月 第3回定例会−09月18日-04号

内容によりましては、児童相談所等の県の機関福祉部門関係所管課など、庁内、庁外を問わず、連携を図りながら、助言等を行っているところでございます。また、より専門的なアドバイスが必要と思われる案件につきましては、弁護士や税理士、司法書士等といった専門家につなげ、早期問題解決に向けて取り組んでおります。

平塚市議会 2015-09-02 平成27年9月定例会(第2日) 本文

現在、公共施設駐車場有料化につきましては、関係所管協議を行っております。新庁舎駐車場の完成後の運用につきましても、有料化を視野に、東京国税局関係所管協議調整を進めております。  具体的な運営形態、人の配置、利用料金、無料時間設定の有無、減免の有無税務署利用者の取り扱いなどにつきましては、協議調整の上、決定してまいります。  

小田原市議会 2014-12-12 12月12日-04号

今後、国から示されます基本指針やガイドラインに基づきまして、適切に対応ができますよう、先般も関係所管で打ち合わせを行ったところでございます。 次に、高齢者のみの世帯数等についての御質問がありました。平成22年の国勢調査では、65歳以上の高齢者のみの世帯数は1万4060世帯でございまして、そのうちひとり暮らし高齢者世帯は7109世帯となっており、増加傾向にございます。 

小田原市議会 2012-06-27 06月27日-06号

今後は、県西地域住まいづくり研究会及びおだわら森林林業木材産業再生協議会、こういったところからの提言や、市で策定することになります森林林業木材利用拡大に係る計画を踏まえまして、関係所管において十分に論議していく所存でございます。 次に、国民健康保険法第44条を活用した医療機関での窓口負担軽減取り組みに係る進捗状況についてのお尋ねがございました。

綾瀬市議会 2012-02-28 02月28日-01号

次に、これまでの経過でございますが、関係所管課で構成されました調整会議プロジェクトチームの議論をもとに素案を作成させていただき、綾瀬市商工会や工業団地組合、さらには事業者方々にも御意見を伺いながら修正を重ねてまいりました。また、広く市民方々から御意見を伺うため、パブリックコメント実施をさせていただきましたが、御意見の提出はございませんでした。 

小田原市議会 2008-12-15 12月15日-05号

いずれにいたしましても、発達障害児対応につきましては、今後、関係所管組織する連絡会設置を予定しており、その中で情報共有化による連携強化を図り、早期発見支援に努めてまいりたいと考えております。 次に、発達障害児早期発見のため、5歳児健診及び事後相談実施につきまして御質問をいただきました。

逗子市議会 2005-06-14 06月14日-02号

その報告書を受け、関係所管による整備推進事業に係る調査検討会設置、諸機能調査検討を行っていく東逗子周辺地区整備企画書、「(仮称)東逗子未来館の整備のために」が平成17年3月にできました。この企画書には、東逗子周辺地区整備フローチャートが記載されていて、平成22年ごろまでに公共施設しゅん工となっています。 市民による報告書と行政の企画書を受け、市長の御見解をお伺いいたします。 

逗子市議会 2004-06-16 06月16日-03号

検討会報告書に盛られております公共施設への導入機能は、コミュニティ機能福祉や生涯教育といった幅の広い施設機能が入っており、財源等を含めそれらを関係所管とで検討する組織を立ち上げ、また近隣土地所有者等権利者とも協議をしながら、来年度以降、公共施設基本計画をはじめ、公共施設建設へ向けた事業推進を図りたいと思っております。 

大和市議会 2002-12-16 平成14年 12月 定例会-12月16日-04号

オークシティ前の南大和相模原線交通処理だけでの対応には限界があるために、こうした事業者との協議は継続して実施してまいりますけれども、今後は関係所管連携をいたしまして、必要に応じて交通管理者も含めた調整の場をつくっていきたいというふうに考えております。  次、鶴間交差点スクランブル化でございます。

小田原市議会 2001-06-25 06月25日-05号

はじめに、おだわらレインボーヒルズ構想計画進捗状況についてでございますが、関係所管課の職員によって構成されておりますプロジェクトチームが、平成10年度に土地活用の方針や整備のイメージなどに関する基本構想を策定いたしまして、その後、施設内容のあり方や整備手法などを内容とした基本計画検討作業を進め、今日に至っております。

  • 1