1870件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平塚市議会 2020-03-06 令和2年 都市建設常任委員会 本文 2020-03-06

そちらにつきましては、今、ツインシティ大神地区土地区画整理事業組合施行でやっていますが、そちらのほうの区域内につきましては、県が区域内の倉見大神線の橋部分じゃないんですけれども、平面部分の整備に着手しております。そちらは組合と連携をしながら進めているという状況になっております。

平塚市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会(第2日) 本文

昨年6月には第4回目となる報告会を開催し、平塚文化芸術ホールの建物の配置計画や平面図の概略、工事に関する内容等について説明をしています。また、本年2月には、建物の実施設計が終了したことから、工事の概要や車両の動線計画、安全確保などについての説明会を開催し、近隣の皆様へ御協力をお願いしたところです。  

秦野市議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2019-12-17

264 ◯3番古木勝久議員【 189頁】 県が本市に送付した文書がないということ、無償譲渡を受けたときに、私、資料をいただいているのですけれども、神奈川県が作成した広域獣害防止柵整備事業実施要領というのには、広域獣害防護柵の位置図、平面図、土地使用承諾書、公図などの存在を示した記述があるのです。これはお互い共有しているのですね。

川崎市議会 2019-12-13 令和 1年 第5回定例会-12月13日-06号

子どもたちは、登下校時には歩道橋を使うのですが、放課後や休日は歩道橋を使わず、横断歩道がない場所を平面横断する場面を散見します。近くに老人いこいの家、障害者通所施設があることを鑑みれば、歩道橋だけでは安全対策は不十分ではないでしょうか。間もなく上屋の解体作業も始まるとお聞きしました。

秦野市議会 2019-12-10 令和元年総務常任委員会 本文 開催日: 2019-12-10

では、1枚おめくりいただきまして、済みません、平面図をごらんください。こちら、ボルダリング施設平面図となっております。向かって左側は事務室、更衣室、トイレ等を整備し、右側のほう、ボルダリングルームといいまして、こちらに、高さメートル、幅20メートルの壁を向かい合わせで2基設置するという形になります。あわせて40メートルの壁が整備されるという形になります。  

二宮町議会 2019-12-07 令和元年第4回(12月)定例会(第7日目) 本文

認知とまで行かなくても、判断が結構的確でないと事故っちゃうなというか、ちょっとその不安は逆に感じましたので、一定の年齢層に限られるのかなと思いましたけれども、その範囲であれば、ちょっとお買い物、ちょっと何か用があるときにお隣まで行くなんていうのには、ある意味、平面地形に限られて、私のところを含めて、こんな坂のあるところはちょっと難しいなと思いましたけれども。

真鶴町議会 2019-12-05 令和元年第6回定例会(第1日12月 5日)

A区域B区域につきましては、資料2枚目の求積平面図を御覧いただきたいと思います。図面の左側がA区域、右側がB区域となっており、それぞれ赤色の実線で囲まれた区域が埋立て区域でございます。 議案本文にお戻り願います。 4用途、漁港用地でございます。 ○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。 ○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。

川崎市議会 2019-12-04 令和 1年 第5回定例会-12月04日-03号

次に、駐車台数の増設計画につきましては、基本設計において、立体駐車場化を含め、さまざまな手法の比較検討を行ったところでございますが、景観やコスト等を考慮し、敷地内に平面駐車場を整備する手法を最適としたものでございます。なお、今回の改修工事を実施することで、現在64台ある駐車場を100台に増設し、混雑の改善を図ってまいります。

平塚市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会(第4日) 本文

整備範囲をプール跡地に限定し、地下に駐車場と、その上に収益施設を建てるプランとなっていますが、一般的には、地下駐車場を整備する場合は、建設費や維持管理費が平面駐車場と比較して割高となることや、高潮津波などによる浸水対策など安全面に配慮する必要があると考えています。なお、プール跡地の約9000平方メートルに限定した公園とする場合は、御提案された規模の建物は建設できません。

平塚市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第3日) 本文

この資料は、崇善公民館の建物の平面図だとかさまざまな備品に使われる金具の大きさなんかも書かれていて、非常に専門性が高くて、私にはちょっとわからなかったので建築士の方に見ていただきました。そうしましたらば、その仕様書の中に遮光や音の反響の問題についてさまざまな不備があるという指摘をされていました。どっちがいいとかどっちが悪いとかいうことではないのですが、整理をしたいと思います。

川崎市議会 2019-11-21 令和 1年 11月まちづくり委員会-11月21日-01号

増築棟の1階平面図でございます。図面右手、東側に昇降口がございます。南側に普通教室、北側にわくわくプラザ室がございます。  次に、6ページをごらんください。2階平面図でございます。南側に普通教室とワークスペースを、北側に多目的教室を配置しております。  次に、7ページをごらんください。3階平面図でございます。25メートル、6コースの屋上プールと更衣室等のプール諸室がございます。  

川崎市議会 2019-11-20 令和 1年 11月文教委員会-11月20日-01号

増築棟の1階平面図でございます。図面右手、東側に昇降口がございます。南側に普通教室、北側にわくわくプラザ室がございます。  次に、6ページをごらんください。2階平面図でございます。南側に普通教室とワークスペースを、北側に多目的教室を配置しております。  次に、7ページをごらんください。3階平面図でございます。25メートル、6コースの屋上プールと更衣室等のプール諸室がございます。  

川崎市議会 2019-11-20 令和 1年 11月まちづくり委員会-11月20日-01号

資料左側中段の(2)には羽田連絡道路平面図と横断図を記載しており、A-Aと記している断面が、片側1車線の車道と、歩道及び自転車道で構成される一般部でございまして、B-Bと記している断面が、付加車線を設置する交差点部でございます。  次に、工事契約に関わる経緯でございますが、資料左下、「2 経緯」をごらんください。表の最上段の当初契約につきましては、平成29年6月に約217億円で契約しております。

川崎市議会 2019-11-14 令和 1年 11月文教委員会-11月14日-01号

◎畠山 市民スポーツ室担当課長 まず、水につきましては、こちらの平面図の右側から入ってまいりまして、メインアリーナ正面入り口ですとか、サブアリーナの2カ所。三角が下向きにあるところが入り口になるんですけれども、そちらとか、あとはメインアリーナの下の部分に三角が逆向きになっているところが2カ所あるんですが、こちらのほうから水が浸入したということでございます。

川崎市議会 2019-11-08 令和 1年 11月環境委員会-11月08日-01号

浮島2期廃棄物処分場の被災状況でございますが、最大瞬間風速58メートルの南風による高波を受けて、右上の四角囲いの中に示す箇所において、資料左側の平面図に示しております箇所の護岸の上部工が延長約100メートルにわたって倒壊し、裏込石が洗掘されたものでございます。倒壊した上部工、洗堀された裏込石は、資料右側の護岸断面図内に赤色で示す箇所でございます。

川崎市議会 2019-10-07 令和 1年 10月まちづくり委員会-10月07日-01号

次に、画面の右側の上段、クの平面図をごらんください。図面の左側が横浜市上末吉交差点、右側が川崎市末吉橋交差点となります。また、現在の橋、旧橋を青色で示し、新しい橋を赤色で示しております。渋滞対策といたしまして、川崎市側の末吉橋交差点側に100メートルの右折帯を新設いたします。また、横浜市側の上末吉交差点側では、右折帯を30メートルから60メートルに延伸いたします。  

藤沢市議会 2019-10-04 令和 元年 9月 決算特別委員会-10月04日-07号

1款使用料及び手数料につきましては、1項1目墓地使用料は、平面墓地74基、立体墓地納骨壇200基及び合葬納骨壇433基の貸し付けに伴う永代使用料でございます。  2項1目墓地手数料は、貸し付けている墓地の管理手数料及び墓地使用許可証の再交付等手数料でございます。なお、墓地管理手数料の収納率は96.5%でございます。  2款財産収入は、基金積立金の利子収入でございます。  

三浦市議会 2019-09-24 令和元年都市厚生常任委員会( 9月24日)

○鈴木敏史委員  先ほど部長のほうから、畳が先般の台風で処分されたというんですけど、この平面図でいいますと、その部屋というのはどこにあるんですか。 ○平松恭輔青少年教育課長  1階になります。遊戯室というところになります。 ○鈴木敏史委員  何畳ぐらいの部屋ですか。 ○平松恭輔青少年教育課長  15畳となっております。 ○鈴木敏史委員  ありがとうございました。

藤沢市議会 2019-09-24 令和 元年 9月 定例会-09月24日-07号

道路河川部長(古澤吾郎) 鵠沼奥田線と小田急との交差部につきましては、現状の都市計画決定では平面交差となっていますが、安全で円滑な交通処理のためには、立体交差に変更していく必要があると考えております。その場合、交差部は、低層住宅が広がる地域にありますので、住環境に配慮した立体交差部の構造や、南北方向の往来の確保といった新たな課題への対応が必要となってまいります。