14233件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

綾瀬市議会 2020-12-17 12月17日-04号

まず、小規模保育施設の新設及び幼稚園における2歳児預かりのための施設改修による整備費用に対する補助金の交付についてですが、本市待機児童数が増加する中、このように施設整備が図られることは、保育を必要とする方や入園を希望する方の意向に沿った形となり、待機児童の解消に向けて、さらなる保育所等整備促進に取り組んでいただきたいと思います。 

綾瀬市議会 2020-09-25 09月25日-05号

また、運賃助成を込みます高齢者の新たな移動手段を検討するため、高齢介護課の職員がバス会社ですとか複数タクシー会社のほうに出向きまして御意見を伺っておりますけれども、タクシー会社につきましては、現在運転手不足などで車両台数を減らしており、新しい事業が実施されることで乗車需要が見込まれたとしても、利用される方の希望に沿った対応は難しいというふうな御意見をいただいております。

綾瀬市議会 2020-09-03 09月03日-02号

そして、希望者がふえていたということも御答弁されていました。そのあたりも多分認識をされていたのかなというふうに私としては思っているんですけれども、111人という子供さんが今というかこの4月現在お待ちになっておりました。その辺を踏まえて、どのような姿勢、考え方でこの事業を行ったのか、結果としてどういうふうに受けとめていらっしゃるのか、市民の方の声でも結構です、お答えください。 

三浦市議会 2020-07-17 令和 2年総務経済常任委員会( 7月17日)

そのうち、本グルメチケット取扱い希望する店舗に対して使っていただけるようなつくり込みを考えてございます。飲食店であれば、例えばファストフード店であったりレストラン、焼き鳥屋さん、スナックまで広くカバーできるほか、「うらり」のような産直市場の中でもこの許可報告を取っている事業者様はいらっしゃいますので、ご希望いただければ使用可能とする予定でございます。

三浦市議会 2020-07-17 令和 2年第2回臨時会(第1号 7月17日)

次に、経済対策としてグルメチケット販売を行うことについて質疑があり、まずチケットが利用できる店舗について確認され、担当より、市内食品衛生法に基づく営業許可または営業報告を行って営業している飲食店食品製造販売店のうち、チケット取扱い希望する店舗とする予定であり、民宿等宿泊施設については食事相当分の範囲で利用できるよう考えていることが説明されました。  

藤沢市議会 2020-06-26 令和 2年 6月 定例会−06月26日-07号

藤沢市内の小中学校が再開されましたが、給食が開始される期間、希望する児童生徒さん達へお弁当を提供しています。給食が無くなって困っているご家庭への支援のひとつです。さまざまな事情で、お昼ご飯を用意出来ないご家庭へ、市内飲食店が協力し、子ども達へお弁当を提供しています。うちのカフェでは、一日に平均12件くらいのお弁当を提供。

藤沢市議会 2020-06-25 令和 2年 6月 定例会−06月25日-06号

なお、帰国者接触者外来PCR検査センターの所在を公表することについては、受診を希望する方が殺到し、診療の現場が混乱する可能性があることや、感染リスクが高まることなども危惧されることから、公表については差し控えさせていただいているところでございます。 ○副議長有賀正義 議員) 山内幹郎議員。 ◆3番(山内幹郎 議員) 公表は差し控えたということです。

藤沢市議会 2020-06-24 令和 2年 6月 定例会−06月24日-05号

厚生労働省から2月25日、新型コロナウイルス感染症対策基本方針が発表されたのを踏まえ、4月7日、新型コロナウイルス感染症が急激に拡大している状況の中で、院内感染を含む感染防止のため、非常時の対応として、オンライン電話による診療オンライン電話による服薬指導希望する患者によって活用されるよう、直ちに制度を見直し、できる限り早期に実施するとの閣議決定がされました。

藤沢市議会 2020-06-23 令和 2年 6月 定例会−06月23日-04号

希望安心を届ける施策について」  ほかの議員の方々と重複しないように視点を絞って質問したいと思っておりますけれども、しばしお付き合いいただけますようよろしくお願いいたします。  6月1日より、鈴木市長より新しい生活様式の浸透、ステイホームからステイローカル、こんな宣言もございまして、そして首都圏の県をまたいでの移動制限も解除になった。

綾瀬市議会 2020-06-18 06月18日-03号

健康こども部長加藤久忠君) 今現在、今、国定義という言葉がございましたように、現在の国におけます待機児童考え方といたしましては、特定の保育所希望している方、保護者求職活動を中止している方、こういった方を除いて認可保育所にできていない児童数待機児童としてカウントするというふうになってございます。