87件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

相模原市議会 2019-06-05 06月05日-02号

本市では、美しいまち景観を守るとともに、魅力ある都市空間づくりを進めることは重要なことであると考え、屋外広告に基づき、相模原市屋外広告物条例制定しております。ポスターを連続して掲示することは屋外広告物条例違反となりますが、市内には多くのポスターが掲示され、まち美観を損ねている状況が一部で見受けられます。市長はこのような状況を、まち美観観点からどのように認識されているのか伺います。 

寒川町議会 2017-06-04 平成29年第2回定例会6月会議(第4日) 本文

しかしながら、自由に広告が出されることで町並みや自然景観を乱したり、広告物の落下による事故など、都市環境を悪化させる負の側面もあることから、神奈川県では、良好な景観形成風致維持公衆に対する危害の防止を図るため、屋外広告に基づき神奈川屋外広告物条例制定されております。  

藤沢市議会 2016-09-15 平成28年 9月 定例会−09月15日-03号

計画建築部長石原史也) 本市屋外広告物に対する規制、誘導につきましては、昭和24年から屋外広告及び神奈川屋外広告物条例に基づき、神奈川県が行ってまいりましたが、平成18年に景観法に基づく景観行政団体となったことで、平成20年4月1日から独自の藤沢市屋外広告物条例により市が行っております。

海老名市議会 2015-09-30 平成27年 9月 経済建設常任委員会−09月30日-01号

屋外広告物とは何ぞやといいますと、屋外広告第2条第1項という法律があるのですが、その中に要件が定められておりまして、例えば「常時又は一定の期間継続して屋外公衆に表示されるものであつて、看板立看板はり紙及びはり札並びに広告塔、広告板、建物その他の工作物等に掲出され、又は表示されたもの」ということになりますので、ほぼ何らかの広告を行っているものに関しましては全て対象になると捉えていただければと

秦野市議会 2014-06-10 平成26年第2回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2014-06-10

この条例の第1条に、この条例は、屋外広告規定に基づき、屋外広告物及び屋外広告物を掲出する物件について、規制に関する事項及び地域景観形成のために必要な事項を定めることにより、本市の良好な景観形成し、もしくは風紀を維持し、または公衆に対する危害を防止することを目的とするとなっており、本市の豊かな自然や歴史、文化などの市民が共有する景観を守り育てるという意味で、市民生活にとって大変重要な条例となっております

鎌倉市議会 2014-02-26 平成26年 2月26日建設常任委員会−02月26日-01号

次に、簡易除却制度につきましては、この制度美観風致維持向上を図る観点から、屋外広告及び神奈川屋外広告物条例に基づき設けられたものであり、管理されず放置されたままの張り紙、張り札などや広告旗立看板等放置者除却命令を発することなく除却できる制度です。道路法には簡易除却制度規定がないことから、現時点では道路法による簡易除却の実施はできないものと考えております。  

三浦市議会 2012-06-14 平成24年第2回定例会(第1号 6月14日)

現在、屋外広告物につきましては、屋外広告に基づく神奈川屋外広告物条例により、看板規制を含めた表示等に関する基準を定めており、県が事務を行っております。屋外広告物景観を阻害する一つの要因であることは事実であり、また経済活動や日常の市民活動にも欠くことのできないものであることも認識しております。

横浜市議会 2011-12-06 12月06日-15号

研究室等を廃止するとともに、指定管理者候補者の選定及び指定管理者による管理の業務に係る評価に関する手続を整備する等のため、横浜福祉保健研修交流センター条例の一部を改正しようとするものであり、次の市第51号議案は、環境影響評価法の一部改正に伴い、法対象事業に係る市長意見形成手続に関し必要な事項を定める等のため、横浜環境影響評価条例の一部を改正しようとするものであり、次の市第52号議案は、屋外広告

逗子市議会 2011-06-23 06月23日-04号

環境都市部長上石保治君) JR逗子駅前看板等につきましては、現在屋外広告に基づく県の屋外広告物条例で取り扱いさせていただいております。従前より申し上げていますように、JR逗子周辺地区につきましては、景観計画、そしてそれを動かすべく景観条例、この中で今後取り扱っていきたいと思っております。 ○議長(岡本勇君) 12番、長島君。

鎌倉市議会 2011-02-23 平成23年 2月定例会−02月23日-03号

当該地横浜市との市境でもあり、それぞれの土地利用規制に合わせて、景観法屋外広告などを適正に運用し、駅前空間にふさわしい景観形成に配慮するよう誘導していきます。なお、横浜市との連絡調整や、市民ボランティアとの協働なども視野に入れた調整も行ってまいります。  次に、ネーミングライツを利用した公衆トイレを設置することを提案しているが、進捗状況についての御質問です。  

茅ヶ崎市議会 2010-12-17 平成22年12月 第4回 定例会-12月17日-05号

議案第103号茅ヶ崎屋外広告物条例を議題とし、景観みどり課長から、本市における屋外広告物に関する規制は、屋外広告規定に基づき、これまで神奈川屋外広告物条例に基づいて行われてまいりました。平成16年に屋外広告が改正され、平成18年に景観行政団体となった茅ヶ崎市は市独自の条例制定できることになったので、平成23年4月から施行しようとするものであるとの説明の後、質疑に入りました。  

秦野市議会 2010-11-25 平成22年第4回定例会 索引 開催日: 2010-11-25

│   │ │ (月) │  │    │      〔質疑:吉村、露木、討論:なし、可決〕    │   │ │第 2号├──┼────┼─────────────────────────────┼───┤ │    │  │    │議案第44号 秦野屋外広告物条例制定することについて  │   │ │    │  │    │      (屋外広告に基づき、本市が担う屋外広告  │