20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

秦野市議会 2005-09-22 平成16年度決算特別委員会 本文 開催日: 2005-09-22

平成年度及び平成年度に借り入れた減税補てん債の借りかえ債分を除くと、平成15年度小・中学校快適トイレ整備事業完了するなど、適債事業が減少するとともに、臨時財政対策債の借り入れが減少したことから、対前年度比27.8%、約13億 4,400万円の減額となりました。  以上で、平成16年度決算に関する歳入概要説明を終わります。

秦野市議会 2005-09-16 平成16年度決算特別委員会 本文 開催日: 2005-09-16

投資的経費である普通建設事業費は、平成15年度に比べて西庁舎改修事業を初めとする単独事業が22.7%、おおね公園小・中学校快適トイレ整備事業などの補助事業が22.3%、それぞれ減額となったことから、全体として26.6%の減、歳出に占める割合では11.6%、実質数値では12.7%であり、平成15年度を下回り、やはり10年前に比べますと約19ポイント、実質数値で比べますと約18ポイント下がっております

秦野市議会 2005-02-22 平成17年第1回定例会(第1号・開会・施政方針) 本文 開催日: 2005-02-22

公債費につきましては、県から融資を受けた住宅新築等資金貸付金について、借り受け者から市への一括償還がありましたので、償還利子負担軽減を図るため、 2,691万 5,000円を、また、平成13年度渋沢周辺南口工区)土地区画整理事業、及び小・中学校快適トイレ整備事業において借り入れた政府保有資金の無利子貸付金償還については、当初の予定では、平成16年度から18年度の3年間でしたが、このたび一括

秦野市議会 2004-10-19 平成15年度決算特別委員会 本文 開催日: 2004-10-19

投資的経費であります普通建設事業費は、堀川公民館(仮称)において、実施設計及び建設工事に着手するなどの増加要因に対し、秦野赤十字病院整備支援事業費のうち、用地取得分が終了したことなどによる減、またおおね公園小・中学校快適トイレ整備がピークを越えたため、事業が縮小したことなどにより、全体として20.3%の減、歳出に占める割合では約17%と前年度を大きく下回っており、やはり10年前に比べますと15ポイント

秦野市議会 2004-03-16 平成16年度予算特別委員会 本文 開催日: 2004-03-16

この要因は、新規事業として小・中学校学習環境快適化事業、ひろはた幼稚園施設整備事業東幼稚園耐震補強事業のほか、学校建設公社で施工しました学校等改修事業等への負担金増額があるものの、継続事業実施してきました小・中学校快適トイレ整備事業本町中学校屋内運動場取得給食食器磁器食器への切りかえが完了したことによるほか、学校等における施設管理運営経費について節減、節約の肝要と実践に努めてきました

秦野市議会 2004-02-24 平成16年第1回定例会(第1号・開会・施政方針) 本文 開催日: 2004-02-24

使用料及び手数料では、鶴巻温泉弘法里湯使用料の増、国庫支出金生活保護費負担金はしご車購入など消防施設整備事業補助金の増、県支出金では、渋沢周辺南口工区)土地区画整理事業に関連しての県道管理者負担金の減、また、市債については、減税補てん債借換えを除いた実質数値で、小・中学校快適トイレ整備事業完了などに伴う減少に加え、臨時財政対策債についても、発行可能額が引き下げられることから、減額を見込みました

秦野市議会 2003-11-27 平成15年第4回定例会(第1号・開会・提案説明) 本文 開催日: 2003-11-27

教育面では、2003年度完了予定小・中学校快適トイレ整備事業推進本町中学校障害者用エレベーター設置大変評価をするものであります。  ただ、いろいろと心配しておりますのは、2002年度完全学校週5日制がスタートした年であります。完全学校週5日制は、当初、子供たちに考える力、生きる力をつけるために詰め込み教育からの脱皮が目的でありました。

秦野市議会 2003-10-22 平成14年度決算特別委員会 本文 開催日: 2003-10-22

最後に、62ページの市債でございますが、渋沢周辺土地区画整理事業債小・中学校快適トイレ整備事業債増加に加え、平成13年度に引き続き臨時財政対策債発行、さらに公債費でも御説明いたしましたように、神奈川市町村振興資金貸付金の借りかえを行ったことにより、約7億 9,600万円、24.2%の増となっております。  以上で、平成14年度決算に関する歳入概要説明を終わります。

秦野市議会 2003-10-17 平成14年度決算特別委員会 本文 開催日: 2003-10-17

投資的経費である普通建設事業費は、桜橋のかけかえに取り組むとともに、渋沢周辺南口工土地区画整理事業や、小・中学校快適トイレ整備、また地域介護予防施設整備事業などについて、国庫補助金を活用し、その推進を図ったことなどにより 5.7%の増、歳出に占める割合では約20%と、前年度を若干上回っておりますが、10年前の平成年度に比べますと、11ポイント下がっております。  

秦野市議会 2003-10-07 平成15年第3回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2003-10-07

また、施設面においては、広畑小学校多目的ルーム本町中学校には障害者用エレベーター設置、このほか、平成15年度事業完了を目指す小・中学校快適トイレ整備事業継続実施学校建設公社を活用した校舎等改修受水槽地上化防犯体制強化のための門扉整備などに取り組みました。

秦野市議会 2003-06-20 平成15年第2回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2003-06-20

この間、秦野市は、二宮市政のもとで、限られた財源の中、英知を結集され、秦野赤十字病院の移転・新設への支援消防通信総合指令装置導入など、市民生活の安全・安心基本とし、広畑ふれあいプラザ・中野健康センターの開設、小学校学校給食用食器導入小・中学校快適トイレ整備、おおね公園整備弘法里湯建設等、また、まちづくり条例を初めとして、環境基本条例地下水保全条例の制定など、福祉・教育環境施策

秦野市議会 2003-03-14 平成15年度予算特別委員会 本文 開催日: 2003-03-14

この要因は、学校建設公社で施行しました学校等改修事業等への負担金増額のほか、新規事業として渋沢小学校総合的学習室整備大根中学校テニスコート用地取得がある一方、小・中学校快適トイレ整備事業完了年度となること、4年に1回の教科書採択がえを平成14年度実施したことに伴い、教師用教科書教材購入減などによるものであります。  

秦野市議会 2003-02-24 平成15年第1回定例会(第1号・開会・施政方針) 本文 開催日: 2003-02-24

まず、豊かな心と創造性をはぐくむ教育推進でありますが、学校施設整備については、平成11年度から着手しております小・中学校快適トイレ整備事業が本年をもって完了するとともに、渋沢小学校には総合的な学習の時間に対応する多目的ルーム整備、さらに、学校建設公社を活用して、障害のある児童が温かい雰囲気の中で快適な学校生活を送れるように、障害児教室内部改修に取り組むほか、雨水防水を中心とした施設内外部

秦野市議会 2002-10-03 平成13年度決算特別委員会 本文 開催日: 2002-10-03

款別では、民生費児童手当支給対象年齢が拡大されたことなどにより増額、また教育費でも、小・中学校快適トイレ整備事業を初めとした施設改修経費増額により、平成12年度決算額を上回りましたが、神奈川県六市競輪組合の解散に伴う負担金の還元による総務費減額土木費における14年度への事業繰越等増加したことなどによりまして、歳出全体では 1.4%の減となっております。

秦野市議会 2002-03-19 平成14年度予算特別委員会 本文 開催日: 2002-03-19

この要因は、西小学校屋内運動場増改築事業完了したことによる減額がある一方、小・中学校快適トイレ整備事業本町中学校エレベーター設置事業大根幼稚園用地取得事業小・中学校教育指導助手派遣事業、新学習指導要領実施における教科書採択がえに伴う教師用教科書教材購入などの新規継続事業に伴う増額のほか、学校建設公社で実行した学校改修事業等への負担金増額となったことによるものであります。  

秦野市議会 2002-03-06 平成14年第1回定例会(第1号・開会・施政方針) 本文 開催日: 2002-03-06

教育環境整備については、平成15年度事業完了を目指して進めている「小・中学校快適トイレ整備事業」を一部前倒しし、新年度整備校数を大幅にふやすとともに、広畑小学校には総合的な学習の時間に対応する「多目的ルーム」の整備、さらに、本町中学校障害者用エレベーター設置するなど、時代や社会の変化に対応した環境整備に取り組むほか、学校建設公社の持つ機能・役割を最大限に活用して、施設内外部改修地下式受水槽

秦野市議会 2001-03-14 平成13年度予算特別委員会 本文 開催日: 2001-03-14

まず学校施設等整備につきましましては、教育環境の一層の向上を図るため、昨年から増改築工事を進めております西小学校屋内運動場を本年夏までに完成させるほか、平成11年度から着手しております小・中学校快適トイレ整備事業につきましては、今年度から制定された国庫補助事業採択を得まして、平成15年度完成目標年度とし明るく、安心、愛されるトイレづくりに総力を挙げて取り組んでまいります。

  • 1