1118件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小田原市議会 2020-06-19 06月19日-03号

宮城花巻市の旧花巻役場は、現在、花巻市民の家として活用されていますが、1929年に竣工されました。また、群馬県富岡市の旧一ノ宮町役場は、現在、シルバー人材センター建物として活用されていますが、1930年に竣工されました。こうして古くは1800年代後半の建物の多くも現存していますが、静岡県賀茂郡松崎町にある旧岩科役場は、現在、岩科物産館開化亭として人気を放っています。

秦野市議会 2020-06-18 令和2年第2回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2020-06-18

なお、現在までに実現が具体化しているのは、宮城のみとなっております。  最後に、5つ目指定給水装置工事事業者制度改善です。下水道と同じように、給水装置工事事業者指定更新制にすることですが、本市では、昨年12月第4回定例会において秦野市水道事業給水条例の改正について御議決をいただき、本年4月から実施しているところでございます。  

藤沢市議会 2020-05-08 令和 2年 5月 藤沢市災害対策等特別委員会-05月08日-01号

また、インターネットでいろいろ調べましたら、これは各県が多いんですけれども、宮城、茨城県、富山、それから広島市で、やはり今、先ほどありましたように市民の方に呼びかけをしているんですね。無償、有償、何でもオーケーで、また、かっぱ、レインコートなんかも、何でも、そういう活用できるものを含めて、そういう呼びかけもされています。

川崎市議会 2020-04-09 令和 2年  4月まちづくり委員会-04月09日-01号

職員数は、国土交通省首都高速道路株式会社及び一般財団法人道路管理センターに派遣しております職員を含めまして343名でございまして、このうち2名を東日本大震災及び西日本豪雨災害復旧業務に従事するため、宮城気仙沼市、広島県坂町に派遣しております。  次に、理事者を御紹介させていただきますので、資料の3ページを御覧ください。それでは御紹介いたします。  総務部長の板橋でございます。  

秦野市議会 2020-03-16 令和2年環境都市常任委員会 本文 開催日: 2020-03-16

194 ◯阿蘇佳一委員【20頁】 まさに人口減というのは日本全国の問題で、盛んに、今、3・11、あれから9年ということで報道されていますけれども、宮城、福島県、岩手県、34万人の人口減という中で、復興は、やはり人口がある程度集まっていかないと活力が生まれないと思いますけれども、先ほど言いましたように、本市も毎年500人くらい減っているということでございますので

川崎市議会 2020-03-11 令和 2年 予算審査特別委員会-03月11日-03号

浜田昌利 委員 全国では、三重県いなべ市、北海道東神楽町、埼玉県北本市宮城富谷市、愛知県日進市、長崎県松浦市という6つの自治体楽器寄附ふるさと納税というものを行っております。新聞報道では、4月以降の新年度に新たに加わる自治体がありまして、また、検討中の自治体も20あると書かれておりました。

南足柄市議会 2020-03-05 2020年3月5日(木) 令和2年第1回定例会(第4日) 本文

15:◯総務防災部長小林俊之◯総務防災部長小林俊之〕 被災地への職員派遣についてでございますけれども、本市では東日本大震災のときに、被災地である宮城仙台市や石巻市などの自治体建物被害認定調査避難所支援などの業務を支援するため、保健師を含む延べ14人の職員を派遣いたしました。  

三浦市議会 2020-03-03 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 3日)

令和2年2月12日(水曜日)、13日(木曜日)、この2日間に三浦市農協の組合長らと宮城仙台中央卸売市場福島福島公設地方卸売市場仙台市の仙台中央青果さんと株式会社宮果さん、福島福島中央青果さんとご挨拶をさせていただきまして、セールスを行いました。流通販路の拡大ですとか高値での取引を目指して、安全・安心な三浦野菜のアピールを行ってきております。

逗子市議会 2019-12-17 12月17日-03号

台風19号では、宮城大郷町でこの自主防災組織の活躍で、住民の9割が早期避難をし、川の堤防決壊があったにも関わらず、犠牲者が出なかったというニュースがありました。そのほかにも、自治会町内会は防犯、環境衛生、交通安全、スポーツ、レクリエーションなど、住民の親睦に対して活発な活動を行い、住民が安心して暮らせるまちづくり地域一丸となって取り組んでいます。 

海老名市議会 2019-12-17 令和 元年12月 第4回定例会−12月17日-02号

大きな船が打ち上げられているとか、また宮城石巻市の大川小学校、あちらも行きました。校舎もちょっとユニークなつくりになっていて、校庭があって、すぐ前に山があるのですけれども、校庭避難をして、山に登らなかったために74名の人が亡くなっている。あそこは津波の想定外の場所ということもあって、なかなか決断が難しかったのだろうと思うのです。でも、そこに逃げ込んでいれば命は助かった。

藤沢市議会 2019-12-16 令和 元年12月 定例会−12月16日-03号

資料を表示)折しも10月10日、最高裁判所は、東日本大震災で84名が亡くなった宮城石巻市の大川小学校事故の遺族が起こした損害賠償請求訴訟で、県と市の上告を棄却、これにより学校教育委員会の対応が不十分だったとして約14億4,000万円の支払いを命じた2審、仙台高裁判決が確定しました。これは最高裁判決ですから、今後、判例として藤沢の学校教育委員会に対しても拘束力を持つことになります。

茅ヶ崎市議会 2019-12-13 令和 元年12月 第4回 定例会−12月13日-03号

宮城大郷町は、堤防が決壊したものの犠牲者がゼロだったとのことです。その要因は、住民の強い防災意識を背景に、地域で積極的な防災活動がふだんから行われており、行政との連携が図られていたからだと考えられています。  逃げようとする意思決定は、説得ではなく納得で得られると思います。平成24年3月に、本市においても、茅ヶ崎市市政情報紙として「『自分は大丈夫』だと思っていませんか?」

横浜市議会 2019-12-11 12月11日-15号

今回、国が災害廃棄物広域処理を検討する中で、横浜市が宮城丸森町の災害廃棄物を受け入れるという報道がありました。丸森町は人口約1万4000人のまちです。今回亡くなられた方、行方のわからない方が合わせて11名、町内での河川の氾濫が18カ所と、大きな浸水被害によって大量の災害廃棄物が発生をして、その処理が思うように進まないことが復興の妨げになっております。

横須賀市議会 2019-11-29 11月29日-02号

これも台風災害とどういう関係があるのかと思われるかもしれないのですけれども、9月の台風15号のときに、宮城仙南地域がすごく水浸しになって、ニュースでも皆さん見られたかと思うのですが、その中の丸森町というのがすごくやられてしまって、そこにある丸森病院というのが浸水したりして、大変な騒ぎになったのです。 

相模原市議会 2019-11-27 11月27日-02号

また、宮城石巻市立大川小学校判例にもあるように、責任ある防災体制も必要となります。今後の取り組みについてお伺いいたします。 次に、本市児童生徒の基礎的な学力は、依然低迷気味とされています。向上について、どのように取り組んでいくのかお伺いいたします。 次に、教職員労働環境改善についてお伺いいたします。