59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茅ヶ崎市議会 2020-09-29 令和 2年 9月 第3回 定例会−09月29日-06号

令和年度に完了したので、地方公営企業法施行令第18条の2第2項の規定により報告するもの 報告第16号 令和年度茅ヶ崎健全化判断比率について(議案書P234〜235)  令和年度決算における実質赤字比率連結実質赤字比率実質公債費比率及び将来負担比率の4つの財政指標について、地方公共団体財政健全化に関する法律第3条第1項の規定により報告するもの  実質赤字比率は、一般会計等対象とした実質赤字

海老名市議会 2020-08-31 令和 2年 9月 第3回定例会−08月31日-01号

本市算定結果は、実質赤字比率連結実質赤字比率につきましては、備考(1)に記載のとおり、実質赤字連結実質赤字がないため、いずれの比率バー表示となってございます。実質公債費比率は前年度より0.4ポイント増の1.8パーセント、将来負担比率は2.3ポイント増の28.6パーセントという結果になりました。  次に、2 令和年度決算に基づく公営企業資金不足比率でございます。

真鶴町議会 2020-08-21 令和 2年第5回定例会(第4日 8月21日)

これは普通会計実質赤字標準財政規模に対する比率で、本町においては一般会計真鶴魚座ケープ真鶴特別会計を合わせたものが普通会計となります。実質収支額には赤字はございませんので、横棒で表記しておりますが、計算上の数値としては実質黒字比率が8.06%でございます。  なお、早期健全化基準比率は、赤字比率で15%となっております。  次に、連結実質赤字比率です。  

秦野市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第2号・議案審議) 本文 開催日: 2019-09-20

年度に引き続き実質赤字は発生していないため該当数値はありませんが、参考として実質赤字比率計算すると、マイナス6.07%で、前年度と比較すると、2.13ポイントの増となっています。」とあります。  実質収支額の25.3%減の理由内訳はどのようか、お伺いします。  質問の第2は、実質公債費比率についてお伺いいたします。

真鶴町議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第3日 9月 5日)

これは複数会計実質赤字標準財政基盤に対する比率で、本町におきましては、一般会計真鶴魚座ケープ真鶴特別会計を合わせたものが普通会計となります。  実質収入額赤字はございませんので、横棒で表記されておりますが、計算上の数値といたしましては、実質黒字比率が10.23%です。なお、早期健全化基準赤字比率が15%となっております。  次に、連結実質赤字比率です。

海老名市議会 2019-08-29 令和 元年 9月 第3回定例会−08月29日-01号

本市算定結果は、実質赤字比率連結実質赤字比率につきましては、備考(1)に記載のとおり、実質赤字連結実質赤字がないため、いずれの比率バー表示となってございます。実質公債費比率は前年度より0.6ポイント増の1.4パーセント、将来負担比率は5.8ポイント増の26.3パーセントという結果になりました。  

秦野市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第2号・議案審議) 本文 開催日: 2018-09-06

年度に引き続き実質赤字は発生していないため該当数値はありませんが、参考として実質赤字比率計算すると、マイナス8.20%で、前年度と比較すると、2.70ポイントの減となっています。」とあります。  実質収支額の50%増の理由はどのようか、内訳をお伺いいたします。  質問の第2は、実質公債費比率についてであります。

茅ヶ崎市議会 2017-09-05 平成29年 9月 第3回 定例会-09月05日-03号

当該比率につきましては、一般会計等対象とした実質赤字標準財政規模に対する比率でございまして、本市におきましては、一般会計及び公共用地先行取得事業特別会計実質収支により算出いたし、黒字となったものでございます。  次に、連結実質赤字比率につきまして御説明申し上げます。

茅ヶ崎市議会 2016-09-05 平成28年 9月 第3回 定例会-09月05日-03号

当該比率につきましては、一般会計等対象とした実質赤字標準財政規模に対する比率でございまして、本市におきましては、一般会計及び公共用地先行取得事業特別会計実質収支により算出いたし、黒字となったものでございます。  次に連結実質赤字比率につきまして御説明申し上げます。

藤沢市議会 2015-09-28 平成27年 9月 定例会−09月28日-08号

健全化判断比率実質赤字比率及び連結実質赤字比率につきましては、財政健全化法施行規則の様式を用いて各団体で作成することとされており、実質赤字がない場合はバー表示記載することとなっております。また、資金不足比率報告書についても、資金不足額がない場合はバー表示記載することとされております。これに倣い、議会への報告書においても同様の表記としているところでございます。  

茅ヶ崎市議会 2015-09-03 平成27年 9月 第3回 定例会-09月03日-03号

当該比率につきましては、一般会計等対象とした実質赤字標準財政規模に対する比率でございまして、本市におきましては、一般会計及び公共用地先行取得事業特別会計実質収支により算出いたし、黒字となったものでございます。  次に連結実質赤字比率につきまして御説明申し上げます。