311件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

秦野市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2018-12-18

この消防の定数増の議案は、新東名高速道路の開通に伴う高速道路の消防需要に対応するために、本市の消防の定員をふやすということであります。新東名高速道路の開通は、本市の発展のためにも役に立つと予想されますので、本市がそういう仕事をすることは当然と思いますが、では、その定員増の費用負担については、本市のみがそれを負担するのか、国がある一定程度見てくれるのか、そこのところが曖昧であります。

秦野市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11

また、既存の保育所等におきましても、配置する保育士数や施設の規模等の可能な範囲で、定員を超えた受け入れについて法令の許す範囲で実施していただくなど、まさに本市全体で待機児童対策に取り組んだ結果、ここまで待機児童数を減らすことができたものと認識しております。  

秦野市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-10

次に、定員充足率を見てみます。公立幼稚園・こども園の1号認定の定員は2,835人で、現在の園児数は1,013人ですので、定員充足率は実に35.7%となっています。  改めてこの状況をかんがみて、本市の公立幼稚園の運営・配置に関する方針をお聞かせいただきたいと思います。  二次質問以降は、質問者席で行わせていただきます。              

秦野市議会 2018-11-30 平成30年第4回定例会(第2号・議案審議) 本文 開催日: 2018-11-30

それから、公用車に乗せることが適当であったのかということですけれども、乗合自動車のほうが乗車定員に余裕がありましたので、そちらを優先すべきということが本来的な考え方だったと思いますが、高齢者の方をより安全に乗せ、お運びしたいと公共交通推進課職員が考えてしまい、起こったことだと思います。

秦野市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-27

ここでは、現在、児童の学力向上につながり、入学希望者が定員を上回り、その結果、この根府川地区への移住を望む家族がふえたため、空き家問題の解消にも及んだため、この地区の活性化につながっております。  先ほどの教育部長の御答弁にもありました県内で実施した市町では、いずれも児童数の増加につながっていると聞いております。

秦野市議会 2018-09-26 平成30年第3回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-26

5カ所の児童相談所のうち3カ所に一時保護の機能を備えた施設がありますので、万が一、その中の一つの児童相談所において定員を超えた場合には、他の児童相談所を利用できるようになっております。また、仮に、全ての児童相談所が定員を超えたとしましても、他の児童養護施設等と連携することで一時保護が可能となるようになっております。  

秦野市議会 2018-09-13 平成30年予算決算常任委員会文教福祉分科会 本文 開催日: 2018-09-13

また、当課には2つの担当がございまして、保育担当、入所調整ですとか、保育園、こども園も平成26年度に比べまして10園ほどふえているということで、入所定員も572人となっていることなどから、そういった調整の事務ですとか、相談の事務もふえてございます。また、いろいろ保育士の処遇改善ということで、複雑な計算を要するような加算の事務がふえております。  

秦野市議会 2018-09-11 平成30年予算決算常任委員会 本文 開催日: 2018-09-11

この要因についてお聞きしましたけれども、平成30年1月に1施設、4月に5施設のこども園や保育所が開設し、277人の定員が拡大したということでございます。1年間でこんなに多くの定員が拡大し、待機児童が大幅に減少したことについては、評価をしたいと思っております。  私は以前、市民の方から、駅の近くに保育所が欲しいという話を受けたことがあります。

秦野市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第1号・開会・提案説明) 本文 開催日: 2018-09-04

また、待機児童の解消を目的に、保育利用定員を拡大するため、民間保育所の新設等に要する費用を助成しました。  はだのこども館では、青少年の学習環境を整えるために、3階学習室を改修し、スマートライブラリーを利用した受験用参考図書の貸し出しを始めました。  

秦野市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-06-21

保育所等の新設によりまして、昨年4月1日時点との比較では、定員が277人ふえたことによりまして、待機児童数は42人減の7人まで減らすことができました。この7人の分布は、東地域が3人、中央地域が2人、西地域が2人となっております。  次に、受け入れ児童数(定員)をふやす取り組みについてでございます。

秦野市議会 2018-03-27 平成30年第1回定例会(第7号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2018-03-27

我が党の佐藤議員が一般質問において、本市の幼稚園の入園対象を3歳以上に改正すれば、一クラス25人定員に確保できると考えますと言われています。今後の国の施策も考えて、先に民営化ありきではなく、公立幼稚園を残すためにどうするか、考えるべきであります。  反対理由の第3は、国県・高規格道路対策事務費48万6,000円であります。

秦野市議会 2018-03-19 平成30年第1回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-03-19

このような状況を踏まえ、できるだけ多くの児童が施設を利用できるよう、法令が認める範囲内で各保育所等で定員を超えた受け入れを行っておりますが、ここ数年、保育所等への新規申し込み者数は、前年度比百数十人規模でふえていますので、既存施設のみでの対応は難しい状況となっております。

秦野市議会 2018-03-13 平成30年文教福祉常任委員会 本文 開催日: 2018-03-13

89 ◯高齢介護課長【10頁】 平成30年度、定員1人の増員希望を出しておりまして、平成30年4月から配置される予定だという話は聞いているところでございます。  ただ、この定員の1人増につきましては、現在、県との交流職員がうちの課に来ておりまして、その交流職員がここで県のほうに戻りますので、定員1人増になったとしても、平成29年度の体制とは変わらない。

秦野市議会 2018-03-07 平成30年予算決算常任委員会文教福祉分科会 本文 開催日: 2018-03-07

348 ◯保育こども園課長【57頁】 定員6人から19人までの小規模保育事業と、定員5人までの家庭的保育事業につきましては、満3歳児に達して卒園・卒室する児童に対しまして、必要な教育、または保育は継続して提供されるよう、平成31年度末までに保育園等の連携施設の設定が必要とされております。  連携施設を設定するためには、3つの要件が必要となっております。

秦野市議会 2018-03-06 平成30年予算決算常任委員会総務分科会 本文 開催日: 2018-03-06

予算説明書75ページ、010、行財政最適化推進経費の関係でありますが、秦野市職員定員最適化計画によりますと、本市は行政サービスの最適化を行って、それに基づいて職員定員の最適化をするのだということになっております。それで、今、本市において最大の問題は、私は幼児教育の体制をこれからどういうふうにするかということだと思います。国が幼児教育無償化を打ち出して刻々とそれに向かって進んでおります。