27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

藤沢市議会 2019-12-16 令和 元年12月 定例会−12月16日-03号

御存じのように、神奈川県の中学の完全給食実施全国一低いわけでありますが、川崎での中学校給食署名行動で、1時間半で350筆が寄せられたという記録もあります。これは神奈川県内では、働く女性がふえた中で普遍的な要望となっていることを示していると思います。以下、全校で実施開始となりましたデリバリー弁当中学校給食課題について伺います。  

茅ヶ崎市議会 2019-12-12 令和 元年12月 全員協議会-12月12日-01号

さらに、県内都市中学校完全給食実施は44.5%であるが、実施方式方向性が確定している市町村実施に向けた整備に着手している市町村はふえている。  次に、左下をごらん願う。第3章では、対象校及び計画食数の設定をしている。本市教育委員会が出している児童・生徒数の推計をもとに、令和元年度から令和15年度までの15年間の計画食数を設定した。  同資料の真ん中をごらん願う。

平塚市議会 2018-09-02 平成30年9月定例会(第2日) 本文

報告書によれば、全国公立中学校完全給食実施は、全国で88.9%、神奈川県では27.3%で、本市も未実施の中で、まとめられた検討結果は、アンケート調査結果「共同調理場方式」「単独校方式」合わせて50.7%であったことから、「望ましい昼食は、生徒全員栄養バランスに配慮した昼食の提供を受けることができる共同調理場方式である」と報告されています。以上を踏まえて、以下質問します。  

寒川町議会 2018-06-04 平成30年第1回定例会6月会議(第4日) 本文

中学校における完全給食実施は27.3%と断トツ全国ワーストワンです。ちなみに小学校は99.8%の実施率でございます。中学校完全給食実施は急務な施策ですが、昨年11月27日に小中学校給食を、2023年(平成35年)をめどにセンター方式実施することを記者会見で発表されました。判断に当たって考慮した課題について、主役である子どもたち考えて政策判断されたのか、疑問が残ります。

伊勢原市議会 2018-03-06 平成30年3月定例会(第6日) 本文

全国では、88.8%の中学校で行われている中学校給食ですが、神奈川県の完全給食実施は25.7%で、断トツ最下位です。本市伊勢原市においても、中学校給食は行われておらず、実施を求める市民が多くいることが実情かと思います。ただし、この中学校給食実施を求める声につきましては、前提条件によって変わってくるということが、意外と見落としがちなところなのではないでしょうか。

横須賀市議会 2016-02-25 02月25日-02号

市長御存じだと思いますが、全国公立中学校での学校数による完全給食実施は87.5%であり、市内の街頭や学童クラブなどを通じて行ったアンケートでも85.6%もの人が小学校と同様の完全給食を望んでいます。 現在、子どもの6人に1人が貧困家庭と言われています。弁当を持参することも注文することもできずに、さらに朝食も食べてこれない子もいます。成長期にはバランスよく栄養をとることが必要です。

横須賀市議会 2013-06-07 06月07日-02号

神奈川県ではどうかといいますと、昨年5月のデータでは、県内中学校完全給食実施は24.9%と近隣に比べ著しく低いのが実態です。その中でも行っているところも多数あります。政令指定都市となった相模原市、県央厚木市、大和市、海老名市、綾瀬市、さらには小田原市、南足柄市、三浦半島では三浦市などが完全給食実施しています。 

寒川町議会 2013-03-04 平成25年第2回定例会3月会議(第4日) 本文

09年の全国調査では、中学校完全給食実施は81.6%となっています。この点からも神奈川県の実施状況の現状からして、真剣に考えていかなければならないのではないかというふうに考えます。町の考えをお聞きをしたいと思います。  第二に、大きな2つ目の質問でございます。田端西地区まちづくりの事業についてでございます。

座間市議会 2010-12-20 平成22年第4回定例会(第6日12月20日)

中学校では、完全給食実施公立学校で2008年5月1日現在、全国では80.9%になっております。県内では、現在、相模原市の一部を含め7市8町1村の公立中学校完全給食実施しているわけであります。  今、社会や親の働き方や暮らしぶりが変化する中、弁当持参方式のほころびが目立つようになってきております。給食実施校では、生徒間の昼食格差が広がっていると言われています。

川崎市議会 2010-12-08 平成22年 第5回定例会-12月08日-04号

2008年の調査によると、完全給食実施全国公立中学校で80.9%です。実施率が一番低いのが大阪府の7.7%。その大阪でも最近、次々中学校給食が始まる変化が起きています。大阪府富田林市では、施設環境や財政的問題などの理由で中学校給食を先延ばししてきましたが、市民の運動が実り、市議会も全会一致で請願を採択し、中学校給食が2007年からスタートしました。

寒川町議会 2008-12-12 平成20年第4回定例会(第3日) 本文 2008-12-12

また、平成18年5月1日、この時点での文科省調査学校給食実施状況調査によりますと、全国公立中学校完全給食実施これは昨日もありましたが、79.9%です。片や完全給食が求められる、そういう法律がある、努力しなさい、片や、この12年間にわたって教育長はそういう考えはないと。

逗子市議会 2006-09-27 09月27日-05号

首都圏では東京都、千葉県、埼玉県などの実施率が85%以上、100%に近い状況であるのに対し、県内完全給食実施は極めて低く、平成17年5月1日現在で12.7%、小田原市、三浦市、大和市など、5市9町53校で実施されているにすぎません。横浜市など1市1町を除く13市は、逗子市も含めミルク給食のみです。厚木市では、2007年度から完全給食実施すると伺っています。

  • 1
  • 2