11134件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

綾瀬市議会 2021-12-12 12月12日-03号

子供たちが放課後安心して過ごすことができる環境整備は市の役割であると、この時点で定義されたものと思います。この間、市内には公設の学童保育ができ、民設学童保育NPO法人に委託されたところ、保護者会の運営を続けているところなど、多様になってきました。働く保護者子供たちの居場所となる大切な場所が、一定数確保されてきたと認識はしています。

綾瀬市議会 2021-06-03 06月03日-01号

子供さんに接します支援員さん、あるいは補助員さんという職員さんがいらっしゃいますので、そういった方をきちんと確保していくために、処遇改善ということでしっかりと費用をお支払いいただくようなものの補助を行うなどしまして、職員確保、そういったところを図っておるところでございます。 ○議長松澤堅二君) 土木部長

綾瀬市議会 2020-12-17 12月17日-04号

子供の命にかかわる事業であるにもかかわらず、現時点において医療機関との連携も決まっていないという問題点もあり、賛同できません。 第3点目は、保育管理経費において、母子保健情報利活用の推進という名目で、乳幼児などの個人情報を危険なマイナンバー制度のサーバーに登録するようにシステム改修を行うという点です。

綾瀬市議会 2020-11-27 11月27日-01号

まず、第61号議案指定管理者の問題では、以前も取り上げたんですけど、寺尾いずみ会館では、子供たちが遊ぶ部屋遊具教育委員会に何も言わないで勝手に処分しちゃっているのかな、全て。そこの部屋を見に行ったら、がらんとして何にもないと。本来指定管理者というものは、市との契約で、やっぱり現状維持をして、何かふぐあいがあったら市に連絡して、協議して処分をすると。

綾瀬市議会 2020-09-27 09月27日-06号

子供たちが伸び伸び成長できる環境は、園庭もない企業内保育園でなく、公立保育園認可保育園の増設が今求められています。 次に、指定管理者の問題では、これまでも市に相談もなく、契約違反の行為が何回か行われてきました。今回は保育室の古くなった遊具の取りかえで、遊具の更新もしないで、施設管理をしている職員の判断で遊具を全て撤去してしまいました。

綾瀬市議会 2020-09-25 09月25日-05号

公明党はかねてより、教育の最大の目的は子供たちの幸福にある。人生初公教育である幼児教育に、親の経済状況等での不平等があってはならないとの信念に立って、実現に地道に取り組んでまいりました。さらに、認可保育所に入れない待機児童がいる世帯にも恩恵が及ぶよう、認可外保育所や幼稚園の預かり保育等対象にすべきと主張し実現

綾瀬市議会 2020-09-03 09月03日-02号

実際に受講されたお母さんたちからは、実際にふだん御自分が子供さんに接していたそのやり方が、そうではなくて、もっと違ったやり方が必要なんだなというふうに感じたり、本当に子供に愛情を持って声をかけていくということの必要性を感じたんだとか、非常に率直なというか、感想もいただいておるところでございます。以上でございます。 ○議長松澤堅二君) ほかに質疑はありませんか。二見 昇議員

綾瀬市議会 2020-09-02 09月02日-01号

なお、3歳以上の子供のうち、保護者市町村民税所得割額が一定の金額未満の場合や第3子以降の子供については免除になっておりますことから、それに合わせた改正内容となってございます。また、2点目といたしましては、「支給認定」を「教育保育給付認定」に改めるなどの略称の変更や条項ずれなどに伴う改正となってございます。 

三浦市議会 2020-07-17 令和 2年総務経済常任委員会( 7月17日)

併せて、子供自身が体に不調を感じた場合には、遠慮せずに言えるようにということも指導しております。 ○長島満理子委員  今の話で、水分補給というのは一番大切なところだと思うんですけども、やっぱりこれは各自用意して、学校では用意しないという取組なんですか。 ○高梨真一学校教育課長  各学校では保護者のほうに向けて、お子さんのほうで水筒等を用意していただくようにお願いしているところでございます。

厚木市議会 2020-06-30 令和2年第5回会議(第1日) 本文 2020-06-30

本市では、新型コロナウイルス感染拡大の前から、独り親家庭支援も含めまして、市独自で様々な子育てサービスを展開しているところでございますが、今後、感染症の第2波なども懸念されている中でどのような状況になるか、コロナウイルス感染症影響というのを十分注視しまして、独り親家庭という対象者だけでなく、幅広く全ての子育て世帯子供たちのために本市で何ができるのか、そういった支援課題等について様々な視点で考

藤沢市議会 2020-06-26 令和 2年 6月 定例会−06月26日-07号

件名1「新型コロナウイルス感染症影響について」  要旨1「生活環境の変化による子供たち影響について」  新型コロナウイルス感染症により、社会の至るところで影響があり、生活が変化していますが、一番影響を受けているのは、3か月もの間、休校になり、学びや運動や遊びで様々な制限を受けている子どもたちだと思います。

藤沢市議会 2020-06-25 令和 2年 6月 定例会−06月25日-06号

ちなみに、事前に確認をしたところ、4月28日から5月31日までに藤沢市内で生まれたお子さんは351人ということでありまして、この問題では、市内の30代の妊婦さんから、今は給付金以外何も助けがなく、貯金を切り崩しながらの生活をして妊婦健診を受けているので、このままだと子供が生まれる前に底を尽きてしまいますという訴えが寄せられたところであります。

藤沢市議会 2020-06-24 令和 2年 6月 定例会−06月24日-05号

◆25番(平川和美 議員) また、国は、臨時休校長期化や段階的な学校再開を見据え、子どもたちを誰一人取り残すことなく最大限に学びを保障するための学校子供応援サポーター人材バンクを立ち上げ、一度退職した教員教職課程の学生をはじめとする大学生、NPO等教育関係者、地域の方々等、幅広い人材を雇用し、緊急的に教員を追加配置するとしていますが、本市の現在の状況課題等があればお聞かせください。

秦野市議会 2020-06-23 令和2年第2回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2020-06-23

委員会としては、「子供たちの豊かな学び学びの継続を平等に保障するため、ICT機器活用に向けた環境整備感染症に万全の対策を講じつつ、子供たちに寄り添うための加配教員学習指導員など人的配置拡充については、国の財源の下、社会全体で取り組むべきである。」との意見の一致を見、討論を省略した上で採決した結果、令2陳情第15号は、賛成全員により採択すべきものと決定いたしました。  

秦野市議会 2020-06-18 令和2年第2回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2020-06-18

また、学校においては、3か月にわたり休校状態となり、子供たち登下校風景も見られず、生活感を感じられない状況に私たちも、市民も、寂しい思いをしておりました。しかし、6月1日から学校も再開され、新型コロナウイルス感染症対策をしながらも、子供たち登下校風景が戻り、それを見て、私も元気をいただいているところであります。