2617件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茅ヶ崎市議会 2019-09-26 令和 1年 9月 第3回 定例会-09月26日-03号

人物モデルは、茅ヶ崎市外在住の未就学児のいる世帯、茅ヶ崎市外在住の25歳から44歳の夫婦のみ世帯で、出産を希望する世帯ライフスタイル志向は「日常の様々な活動の中でも余暇を重視し、本市が持つ資源を活用した余暇の過ごし方を志向」とはっきりとターゲットを絞っております。この業務委託を含め、市としてターゲットの方々に対してどういうメッセージを発していくのか。

茅ヶ崎市議会 2019-09-04 令和 元年 9月 決算特別委員会−09月04日-01号

女性のエンパワーメントを高める取り組みが必要であると考えており、夫婦関係の講座やアサーティブについての講座を行っている。 ◆小磯妙子 委員 位置的に離れていることもあり、例えば福祉労働問題の担当課に行きにくいと思うが、庁内連携をとるに当たって、平成30年度、課題と感じたか、それとも問題はクリアできていると考えているか伺いたい。

川崎市議会 2019-07-03 令和 1年 第3回定例会−07月03日-08号

2015年の国立社会保障・人口問題研究所による第15回出生動向基本調査というものでございまして、この結果によりますと、理想の子ども数3人以上の夫婦が3人以上を実現できない理由として、経済的理由が7割近くを占めているということ、この赤い丸のところが69.8%という数字が出ているわけなんですけれども、参考までに、民間の調査結果によりますと、子ども1人にかかるお金が大体1,620万円という統計を示しているものがありました

川崎市議会 2019-06-28 令和 1年 第3回定例会-06月28日-05号

この間、私が相談を受けたHさんは、14平米に満たないワンルームのアパートの一室に、持病のある女性――奥さんも含む50代の夫婦、難病を患われている20代のお子さんの3人で暮らされていました。こうした想像を絶するような状況で、訪問しなければ、その困難にかみ合った支援はできません。

大和市議会 2019-06-27 令和 元年  6月 定例会−06月27日-05号

それに伴い、夫婦共働き世帯がふえていき、放課後児童クラブへの加入者もふえることが考えられます。指導者等の確保など、利用する子供たちのため、先を見据えた事業への対応を要望し、賛成討論といたします。 ○議長(平田純治君) 次に反対討論。――24番、高久良美議員。                

藤沢市議会 2019-06-25 令和 元年 6月 定例会−06月25日-06号

新たに1兆円の国費を投入し、応益割、これは平等割、均等割を廃止すれば、全国平均で40歳代夫婦と子ども2人の世帯で約16万円の負担軽減ができるとの試算もされているところであります。  きょうの質問は、こういう全国的な問題になっている国民健康保険は、藤沢市ではどのようになっているのかという観点で質問してまいります。  

藤沢市議会 2019-06-24 令和 元年 6月 定例会−06月24日-05号

夫婦で60枚ほど応募して、何とか4枚、サッカーのチケット、当選することができました。残念ながらセーリングは当たらなかったんですが、今後、2次販売等々もあると聞いておりますので、そこでぜひまた当選をしたいと思います。  では質問ですが、件名1「ふるさと納税について」お伺いをしたいと思います。  

大和市議会 2019-06-24 令和 元年  6月 定例会−06月24日-04号

本市では、同僚議員の鳥渕議員が推進し、神奈川県初に当たる平成24年度から治療費に対して助成を行っていますが、対象条件夫婦所得を合算し730万円以下という所得制限が設けられています。  1、本市で不育症助成を始めてから不育症治療に公費助成を利用した件数、出生数、出生割合をお示しください。  

藤沢市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 定例会−06月21日-04号

特に若い御夫婦に至っては共働きは当たり前の状況であります。このような社会環境におきまして、子育てがしやすいまち、藤沢での子どもたちの未来を守る施策についてお尋ねいたします。投影を終わりにしてください。ありがとうございました。  まず1つ目の質問です。待機児童を減らすために保育所の新設や再整備などを行い、保育所等の定員拡大を図っていることを承知しております。

茅ヶ崎市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月21日-03号

高齢化及び核家族化の進行により、今後、高齢者の単独世帯夫婦のみの世帯の増加が予想されるため、引き続き、神奈川県協定に基づく地域見守り活動を継続し、民間事業者との協働により地域福祉の推進を図ってまいります。  私からは以上でございます。 ○水島誠司 議長 菊池雅介議員。 ◆14番(菊池雅介 議員) 市長から種々御答弁をいただきましたけれども、これから2問目に入ります。  

藤沢市議会 2019-06-20 令和 元年 6月 定例会−06月20日-03号

さらに、少子化夫婦がともに長男、長女同士というケースまでふえ、双方の親がほぼ同時期に介護が必要になることさえあります。  藤沢市では、このダブルケアやあるいは3人同時に介護が必要になるトリプルケアなどについてどのように把握し、対応してこられたのでしょうか。 ○副議長(有賀正義 議員) 片山福祉健康部長

海老名市議会 2019-06-19 令和 元年 6月 第2回定例会−06月19日-03号

例えば、杉久保のほうから海老名駅に出てくるときには片道280円ほどかかるということで、往復ですと560円、これが夫婦で行くとなると1000円を超してしまいます。そうなりますと、海老名駅まで行って、買い物だ、通院だ、それから自分の生活のクオリティーを高めるための外出がなかなか難しくとなるというところではないでしょうか。

湯河原町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月18日

他県から移住してきた方も、よい温泉があるから、選んできたのにがっかり、年金生活では、バス代等入浴料を含めると、夫婦2人で1回1,200円、また、駅からの乗り換えがあれば、1,600円もかかってしまうと、ため息をついて話されておられました。  物価上昇や年金の引き下げ、介護保険料などの引き上げで、住民の生活は本当に厳しくなっています。

秦野市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2019-06-13

出産育児一時金というものが健康保険からも出るのですけれども、やはり出産費用を捻出するのも、若い夫婦世帯にとっては大変な御家庭もあろうかと思っているところです。たとえ数千円の負担でも、うちの子は大丈夫だろうと、やっぱり節約したいという気持ちが働くところもあるのではないかなと、先ほど7%の方が未受診とありましたけれども、そのように想像するところであります。  

湯河原町議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年06月13日

次に2点目の「現在、湯河原に在住されている4人世帯で年収400万円、子ども2人の家庭では、夫婦共に三十代のケース、四十代のケースそ、れぞれの保険料はどのくらいですか。それは協会けんぽの何倍に当たりますか。」とのご質問でございますが、本町平成30年度の保険料の年間賦課額は、三十代では36万8,731円、四十代では、保険料に介護納付金分を含めた額で、43万2,870円となっております。  

鎌倉市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会−06月10日-04号

◆24番(吉岡和江議員) 例えば400万円で御夫婦子供さんの世帯で考えますと、大体鎌倉で、神奈川県の協会けんぽと各市町村の国保を比べてみますと、鎌倉で約10万円ぐらいの差がありましたね。それだけ国民健康保険料のほうが高かったです。それは資料を持っておりますので、きょうは詳しくは言いませんけれども、それはなぜかということです。  

鎌倉市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会−06月07日-03号

これからパートナーとの結婚を考えたいカップルであったり、妊娠に向けた不安や悩みを抱える夫婦、それへの相談支援などは対象となるのでしょうか。  なぜこんなことを聞くかと申しますと、妊娠期の前からの支援体制について伺うのかというと、福祉の視点というのをネウボラに組み込むことを考えた場合、私はそこがとても重要な意味を持ってくるのではないかなと考えるからです。