運営者 Bitlet 姉妹サービス
1061件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-12 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月12日-06号 ややちょっと古いお話ですけれども、緑と太陽と潮風のまちとか言っていたわけですよ。ですので、そこから外れるような政策というのは基本的にとるべきではないと思うんですけれども、それでもあえてそういう緑化率を下げてもやりますか、いかがでしょうか。 もっと読む
2019-02-27 湯河原町議会 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年02月27日 太陽の光に当たれる児童・生徒は心配ありません。いまの社会は家庭の事情で、太陽の光に当たれない子どもたちがたくさんいます。それを自己責任として片付けられません。光とは、明日につながり、元気の素になります。どんな子どもたちも磨けば光ります。それは社会と政治の責任ではないでしょうか。 もっと読む
2019-02-13 鎌倉市議会 平成31年 2月定例会−02月13日-01号 2017年3月に作成された鎌倉市エネルギー基本計画では、本市における再生可能エネルギーの利用可能性から見ると、太陽光、バイオマス、太陽熱、地中熱の四つであると、そういうふうにまとめられています。また、こちらの大学との共同研究の研究報告書においては、それに加えて、深沢地域における新たなまちづくりの省エネ・創エネ、そして河川熱、地下水熱についての導入可能性についても報告されています。   もっと読む
2018-12-17 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月17日-04号 茅ヶ崎といえば、夏はアロハシャツを着てのアロハビズ、茅ヶ崎のシンボルである烏帽子岩、茅ヶ崎サザンC、フラダンス、サーフィン、アロハを感じながら、「海と太陽とみどりの中で ひとが輝き まちが輝く」、海に山に茅ヶ崎の自然は満載、そこに住む人々は優しく温かい。これが茅ヶ崎のイメージであります。 もっと読む
2018-12-14 平塚市議会 平成30年 総務経済常任委員会 本文 2018-12-14 それと、発電施設の太陽光とか風力とか、施設の中身によって規模の大小で、例えば太陽光、水力、バイオマスは、規模が大きい施設ほど課税負担が高くなっている。逆に、風力、地熱は規模が小さいほど課税負担が高くなっている。 もっと読む
2018-12-01 二宮町議会 平成30年第4回(12月)定例会(第9日目) 本文 執行者「30年での太陽事業社は3分の2を採用、環境問題に取り組みやすく、参酌基準に幅がある中、今回は最大限減額できるものを使っている。参酌基準の中に、町が自由に決められるということである。」  以上で報告を終わります。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-10-02 藤沢市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-10月02日-04号 私からは、この年度から新しくなったのかなと思うんですけれども、蓄電池の普及促進ということで新たな補助メニューがされているんですけれども、太陽光とか燃料電池においては一時期、震災以降、言い方が正しいかはわかりませんけれども、ブーム的な部分もあって、太陽光発電というと、普及が非常に爆発的に進んだと思います。 もっと読む
2018-09-25 綾瀬市議会 平成30年9月定例会-09月25日−04号 よく北風と太陽の寓話が引き合いに出されますけれども、市民を支援することをまず行っている野洲市のほうが、多くの方が税金を納めているということがわかります。ですから、野洲市では徴税にかける人件費が少ないということです。 もっと読む
2018-09-19 海老名市議会 平成30年 9月 第3回定例会−09月19日-03号 地域唯一、多くの地域住民が集まれる広場でありますが、灼熱の太陽を浴び続ける炎天下でありますので、散水施設を設置するとか、暑さ対策が必要と考えますが、市の見解を伺います。  2番目の質問は「ごみ行政」についてでございます。  構成3市、海老名市、座間市、綾瀬市の可燃ごみを焼却処理する高座清掃施設組合では、焼却施設の老朽化に伴い、新たな施設を建設し、平成31年4月稼働開始を予定しております。 もっと読む
2018-09-13 清川村議会 平成30年 9月定例会(第2号 9月13日) 地球温暖化対策事業ということですけれども、村で実施している、いわゆる地球温暖化防止対策、太陽光とかバイオマスとかありますけれども、あと電気自動車ですか。こういった部分の効果といいますか、これ削減効果がどのぐらいあって、地球の温暖化にどのくらい寄与しているのかというのは私にはよくわかりませんので、その辺の説明をお願いしたいと思います。   もっと読む
2018-09-06 鎌倉市議会 平成30年 9月定例会−09月06日-02号 きょうも北海道で地震がありまして、今、太陽の黒点が移動する時期に入っておりまして、398年に1回移動するんですけれども、そうすると電磁波が地球に及ぼす影響がいろいろあって、地震だとか、火山の噴火だとか、雷雨が起きたりとか、台風が起きたり、そういうことが頻繁になってくると。これが学術的には証明をされておりまして、もうそういう時期なんですね。ですから、いつ関東に地震が起きてもおかしくない状態です。   もっと読む
2018-09-06 藤沢市議会 平成30年 9月 建設経済常任委員会-09月06日-01号 そんなところで、車道についてはやはりなくして、片瀬江ノ島、江の島の玄関口としておりたったときに、安心で安全で太陽の光があふれている、そういった藤沢、江の島の安全な町をイメージする場所にしていきたいというふうに考えておりますので、基本的に市としては、車道をとめて、にぎわいの場、あるいは地元の方々がいろんなイベントにも使えるような、そんな場所にしていきたいというふうに考えております。   もっと読む
2018-08-31 茅ヶ崎市議会 平成30年 9月 第3回 定例会-08月31日-01号 茅ヶ崎市では2018年度から2020年度はラストスパートの期間として将来の都市像である『海と太陽とみどりの中でひとが輝き まちが輝く 湘南・茅ヶ崎』を目指しさまざまな事業」に取り組むことが述べられ、市長の任期と、ここで述べられているラストスパートの途中になってしまうんですけれども、ちょっとそこら辺はどう捉えていいのかなとは思っていたんですけれども、きょうはその点は踏み込みませんので、主な施策としては もっと読む
2018-06-27 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月27日−05号 太陽光発電は、小中学校の理科、中学校の技術家庭科において扱われており、授業では太陽電池が電気をつくっていることや、太陽光発電などの科学技術の利用と環境保全について学んでおります。 もっと読む
2018-06-26 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月26日-07号 ◎環境局長(大澤太郎) 太陽光・太陽熱の利用状況についての御質問でございますが、太陽光発電設備につきましては、2016年度末の推計で約7万7,000キロワットとなっておりまして、その主な内訳は、市の住宅用補助金を活用したものが約2万3,000キロワット、臨海部の川崎大規模太陽光発電所が2万キロワット、市の公共施設が約4,000キロワット、市の補助金以外の固定価格買い取り制度に基づくものが約2万8,000 もっと読む
2018-06-19 藤沢市議会 平成30年 6月 定例会-06月19日-04号 若いころの話なんですけれども、太陽の広場という広場がありました。私は10代を思いっ切りそこで遊ばせてもらいました。今も交流が続いている友達との友情もそこで深まりました。 もっと読む
2018-06-15 川崎市議会 平成30年  6月文教委員会−06月15日-01号 ですから、まず市民の皆さんに対して英国と結ぶと言ったときには、ただ単に事前キャンプで来るとかではなくて、まず英国が発祥の地で、そしてそこから学んだ――きのう、私たち、代表質問で太陽の家の話をしましたよね、中村裕先生のお話をしました。パラ発祥の地のイギリスで学んだ中村先生が、まず日本のパラリンピックの父ですよと。 もっと読む
2018-06-14 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月14日-03号 我が会派はこれまで、この中村先生が立ち上げた社会福祉法人「太陽の家」の障害者就労施設、スポーツ施設などを視察、調査研究し、本市が掲げるかわさきパラムーブメントの問題点を繰り返し指摘してきました。本市はイベント開催やグッズの製作、各区のスポーツセンターの利用を変更するなど一定の取り組みは行っていますが、本市が他政令市と比較しおくれている障害者スポーツセンターの整備については、いまだゼロ回答です。 もっと読む
2018-06-13 海老名市議会 平成30年 6月 第2回定例会−06月13日-03号 小さい子どもたちが外に出て太陽の光を浴びて、そして成長していくという、その環境をやはりHUGHUGえびな宣言の中で、私たちはそれを本当に大事にしていきたい、その環境をぜひつくっていこうと思うと思うのですね。 もっと読む
2018-06-13 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月13日-02号 ヒマワリは日の光が当たらずとも太陽に向かって咲く、運がないと思っても、真心を込めて行動するのみとの意が込められております。たとえいかなる逆境においても、政治にはその困難を克服する責務があり、また、羽田空港に隣接する本市は大きな可能性を秘めています。 もっと読む