419件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

秦野市議会 2020-06-16 令和2年第2回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2020-06-16

本市では、小学校において外国語教科化されることを見据えまして、平成29年度より2年間にわたり、小中一貫外国教育推進研究部会を設け、小・中学校教員5人を研究部員として委嘱して、小・中の意見交換音声教材の開発、効果的な授業あり方について研究を進め、昨年8月に行われました教育研究発表大会では成果報告を行ったところでございます。  

川崎市議会 2020-06-12 令和 2年  6月文教委員会−06月12日-01号

小学校における外国教育についてでございますが、本市小学校外国教育は、コミュニケーションを大切にする観点から、子どもたちの様子をよく把握し、クラスの実態に合わせた活動計画の作成と授業展開ができる学級担任が中心となって授業を行うことを基本と考えております。  1、小学校外国語指導体制についてでございますが、こちらは学級担任を支えるための指導体制でございます。  

座間市議会 2020-06-08 令和 2年第2回定例会(第3日 6月 8日)

今年度から新学習要領がスタートし、外国教育導入プログラミング教育必修化、アクティブラーニングによる学習方法、さらにはGIGAスクール構想の下進められているICT教育など、新時代に即した教育環境となっていますが、同時に教師の負担も大きくなり大変な重責が伴います。前回のご答弁で「公会計になると、教員側も家庭の状況を見ながら教育に当たるという認識が薄れてしまう」と懸念を示されました。

座間市議会 2020-03-23 令和 2年第1回定例会(第6日 3月23日)

小学校外国教育推進事業について。児童授業で学んだことを生かす機会として、市内ALT6名を1校に集め、イングリッシュデーを計画しているとのことで、ALT活用した積極的な取り組みに賛意をあらわします。  次に、パソコン機器導入推進事業費について。小学校中学校とも特別支援学級へiPadを整備するために予算が計上されました。

藤沢市議会 2020-03-19 令和 2年 2月 予算等特別委員会−03月19日-07号

◎近藤 教育指導課指導主事 委員おっしゃるように、グローバル化が急速に進む中で、自分の国や異なる国の文化や言葉を学ぶことは、お互いを認め合い、尊重し合う態度というものを育む上でとても大切であり、また、小学校段階から外国教育を行っていくということにとても効果は大きいと捉えております。

海老名市議会 2020-03-18 令和 2年 3月 予算決算常任委員会文教社会分科会−03月18日-01号

まず1点目は、予算書221ページ、説明資料16ページ、外国教育推進事業費についてお伺いいたします。前年度に比べて今年度は予算が増額されておりますが、その理由をお尋ねいたします。  2点目は、予算書221ページ、説明資料16ページ、オリパラ教育実践事業費について、4年に1度オリンピックが開催されておりますが、ことしは東京で予定されております。

平塚市議会 2020-03-10 令和2年 教育民生常任委員会 本文 2020-03-10

まず、国際交流員とはどういう人かですが、一般財団法人自治体国際化協会クレアというところが実施するJETプログラム外国青年を招致して、地方自治体等で任用し、外国教育充実と地域の国際交流推進を図る事業、この事業3つ職種がありますうちの1つでございます。地方自治体国際担当部局所属長の指示を受け、主に国際交流活動に関する職務に従事するというものでございます。  

中井町議会 2020-03-10 2020年03月10日 令和2年第1回定例会(第4日) 本文

それからあと外国教育導入されると、そういうようなことがあります。新しい内容が目白押しということがありますが、そのようなこと等考えると、講師謝礼の金額が増えて当然だなというふうに私なんかは思ったんですが、中村小学校は若干増えたものの、井ノ口小学校はほとんど増えてないような、そんな状況にあります。  また、新しい分野等がその講師謝礼の部分に書かれてないのもちょっと気になっています。

座間市議会 2020-03-10 令和 2年予算決算常任委員会民生教育分科会( 3月10日)

主な要因は、特別支援教育事業費における会計年度任用職員報酬、障がい児童生徒介助員報酬の増及び小学校外国教育推進事業費における外国語指導助手派遣日数の増によるものでございます。主な事業といたしまして、説明欄1の(1)の教育指導管理経費では、各学校が主体的に計画する米軍キャンプ内の児童生徒との交流等に対してバスを賃借し支援してまいります。

二宮町議会 2020-03-08 令和2年第1回(3月)定例会(第8日目) 本文

教育環境については、外国教育充実ICT教育環境の整備と活用プログラミング教育推進など、新たな施策に着実に対応するために、統合型校務支援システム活用部活動ガイドライン本格導入などにより、教職員の働き方改革の推進を図るとともに、教育相談員、スクールソーシャルワーカー、支援教育補助員などの方々を会計年度任用職員として雇用して、教育相談支援を必要とする児童生徒への対応充実し、教員子どもたち

大磯町議会 2020-03-06 令和 2年予算特別委員会( 3月 6日)

こちらの事業、もちろんAET、外国教育の振興ということもありますけれども、それ以外に地域ふれあいですとか人権教育、それから大磯の学びづくりが継続して行われております。そちらの事業費のほうも入ってございます。  以上です。 ○予算特別委員会委員長竹内恵美子君)  吉川委員。 ○予算特別委員会委員吉川 諭君)  はい、わかりました。  

三浦市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 4日)

今年度導入したタブレット端末は、外国教育のみならず、小学校で扱う算数の正多角形にかかわるプログラムソフト等、他教科におけるプログラミング教育実践においても有効活用されてまいります。  また、今年度、市内小学校教員が、プログラミング教育をテーマに県立総合教育センター長期研究員として1年間参加し、見識を深めております。

座間市議会 2020-02-21 令和 2年第1回定例会(第2日 2月21日)

既存事業の拡充として、小学校外国教育推進事業特別支援教育事業についてご説明いたします。  まず、小学校外国教育推進事業についてです。  令和2年度から、外国語活動外国語科の時間が3年生から6年生において20時間の増になります。それに伴い、外国語指導助手ALTの総派遣日数を554日ふやし、1,119日派遣する予定です。  

横須賀市議会 2020-02-17 02月17日-01号

学力向上学習環境充実について必修となる外国教育プログラミング教育への対応子ども読書活動など、引き続きしっかりと取り組んでまいりたいと思います。 子どもスポーツを楽しめる環境づくりも進めてまいります。 スポーツに接する機会を広げるために、最新の測定機器を使い、その子に合ったスポーツを見つけるスポーツ能力測定会を開催します。

茅ヶ崎市議会 2019-12-18 令和 元年12月 第4回 定例会−12月18日-06号

また、外国教育については、各学校の実情に応じた指導の工夫が求められますが、その前提として、全ての小学校が共通して目指すべき方向性を示すことが必要であることから、教育委員会では、平成30年度に茅ヶ崎市小学校外国教育ガイドライン暫定版を作成し、小学校教員及び中学校英語科教員に広く周知してまいりました。

海老名市議会 2019-12-18 令和 元年12月 第4回定例会−12月18日-03号

小学校英語教科化をチャンスと捉え、外国教育をさらに充実させ、未来に生きるコミュニケーション力の育成を引き続き図ってまいりたいと思います。  以上でございます。 ○議長(福地茂 議員) 4番目の詳細について教育部次長。 ◎教育部次長萩原明美) 4番目の「市内に在住する特別支援学校児童生徒の学籍のあり方交流」についての詳細でございます。  

藤沢市議会 2019-12-18 令和 元年12月 定例会−12月18日-05号

それでは、件名2「教育行政について」  要旨1「小学校に於ける外国教育(英語)について」です。  小学校外国教育(英語)は、2020年から5、6年生で教科として教えられ、3、4年生から外国語英語活動が始まります。本市では、2018年度は新学習指導要領への移行期間であるため、3、4年生は年間15時間、5、6年生は50時間、授業を行っております。

茅ヶ崎市議会 2019-12-17 令和 元年12月 第4回 定例会−12月17日-05号

県では、国の中央研修を受講した教員講師とする小学校英語教育指導力向上研修を実施し、参加した教員研修成果自分学校教育活動に還元することで、小学校外国教育充実を図っております。また、本研修につきましては、各学校における伝達講習平成27年度からの5年間において、県内の全ての小学校で2回実施することになっております。  

小田原市議会 2019-12-13 12月13日-03号

小学校における外国教育とともに、現場に過重な負担が課されることが予測されております。一方、外国教育プログラミング教育も、これからの時代を生きていく子供たちには必要な学習であることも事実です。飽和状態現場に、さらに過重な負担を強いることなく、同時に必要な学力児童生徒が身につけられるという、この二つの難題に教育現場は立ち向かっていかなければなりません。 そこで、(1)外国教育について。