10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

小田原市議会 2018-12-14 12月14日-05号

三つ目四つ目が「食堂エリアを憩いのスペース化」と「無料送迎バス繁華街方面(東口)降車への見直し」でございますが、車券売り上げ向上として即効性が乏しいのではないかと考えております。五つ目が「ナイター、ミッドナイト競輪の開催の実現」でありますが、周辺住宅街や学校に対して最大限の配慮が必要と考えておりますため、これまで実施しなかった経緯があり、実現は難しいものと考えております。 

横須賀市議会 2018-11-29 11月29日-01号

この中には当然売り上げ向上というのも含まれているし、もう一つは、やはり今のように新しい事業展開として、この会社とこの会社を結びつけたら何かできるのではないか。それから、今、横須賀にはこの分野においてはこういう考え方が必要ではないかということに関しての相談も乗っているというふうに理解しています。

川崎市議会 2010-12-17 平成22年 第5回定例会-12月17日-07号

また、売り上げ向上にある料金改定ですが、入出庫料改定経緯と同様の近隣施設料金体系について伺います。最後に、この経営改善基本計画策定にかかった費用についても伺います。  続いて、総合都市交通計画におけるコミュニティ交通のあり方についてまちづくり局長に伺います。本市が策定を目指している総合都市交通計画スケジュール計画におけるコミュニティ交通の位置づけについて伺います。

川崎市議会 2010-12-10 平成22年 12月市民委員会-12月10日-01号

この計画書の全体的な内容構成といたしましては、第Ⅰ章で、川崎冷蔵株式会社経営課題を整理し、第Ⅱ章では、経営課題解決策として経営改善策を、1の売り上げ向上から6の今後のスケジュールまで記載しております。資料として、1から4を添付してございますので、参照いただければと存じます。  それでは、3ページをごらんください。

川崎市議会 2010-08-30 平成22年  8月市民委員会-08月30日-01号

まず、平成22年度の事業計画の概要でございますが、流通環境の変化や長引く不況の影響のより取扱高の減少など厳しい経営環境が続く中で、食の安全、安心を確保し、持続的、安定的に冷蔵機能提供を維持していくために、売り上げ向上検討運営経費削減等、具体的な経営改善計画策定し、経営改善モニタリング委員会(仮称)を設置して、着実に実施まいります。

川崎市議会 2010-06-22 平成22年 第3回定例会-06月22日-07号

次に、川崎冷蔵株式会社経営基盤強化取り組みにつきましては、今年度に同社が経営改善計画策定する中で、売り上げ向上などの内容が明確になるものと考えております。以上でございます。 ○議長(潮田智信) 織田議員。 ◆23番(織田勝久) 今の御答弁で、川崎冷蔵売上高取扱量平成26年度で下げどまりをする、あとは同程度で推移をするとの予測ということであります。

川崎市議会 2010-04-23 平成22年  4月市民委員会-04月23日-01号

第1点目として、売り上げ向上についてでございますが、空き施設解消がございます。川崎冷蔵株式会社が持続的、安定的に冷蔵機能提供を果たしていくための売り上げ向上として、市場外業者も含む顧客の獲得に向け、冷蔵庫の空き情報冷蔵機能等情報を発信できるよう、現場と営業担当の連携などで営業活動を強化することで空き室の解消を図るよう強く働きかけてまいります。  

平塚市議会 2010-03-03 平成22年3月定例会(第3日) 本文

1点目は、売り上げ向上についてどう考えるかであります。特別競輪の誘致は当然のこと、新たなお客様を開拓しなければ、競輪の将来はないものと思っております。その取り組みとして、一昨年4月から全国に先駆け、重勝式チャリロトを始めました。会員数も2月24日現在で約12万人となり、そのうち7割がくじなどを楽しむ、競輪を知らない方々です。

小田原市議会 2005-06-23 06月23日-03号

駅周辺の各商店街は、従前より地域顧客に親しまれる商店街づくりを進めるとともに、観光客を対象とした売り上げ向上を図るなどさまざまな活性化策を推進してまいりました。このたびの小田原駅ビルの開業に合わせまして、小田原商店街連合会では、「小田原城北條六斎市」を開催いたしますほか、サービス券つき商店街情報誌を発刊すると伺っております。

  • 1