1015件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-10-07 令和 1年 10月まちづくり委員会-10月07日-01号

初めに、Ⅰに示しました下部工工事の内訳は、①河川管理者との協議において、本工事による堤防への影響を低減する対策として、護岸の地盤改良工事を追加することに伴う増額として3億円となります。②河川管理者との協議において、工事期間中の増水時の水位上昇を計画水位内に抑えるためのしゅんせつ工など、安全対策工を追加することに伴う増額として3億3,000万円となります。

川崎市議会 2019-09-26 令和 1年 決算審査特別委員会(まちづくり分科会 第2日)-09月26日-09号

多摩川には市街地との間に堤防多摩沿川道路などがあり、それらを越えてアクセスすることになりますが、堤防は、洪水から市民を守るために設けられているものであるため、坂路等の施設については、治水機能を阻害しないよう、整備箇所や構造等に配慮する必要があります。また、多摩沿川道路などを安全に横断して坂路等へアクセスする必要がございます。

茅ヶ崎市議会 2019-09-25 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月25日-02号

まず1番目は、相模川左岸の堤防整備についてであります。  相模川が豪雨により堤防が決壊して大規模な洪水が発生すれば、茅ヶ崎市の約4分の1が浸水し、浸水の深さは最大で5メートルということになります。対象地域の住民は全員避難せざるを得ません。地域の住民からは今までにない不安の声が高まっています。

川崎市議会 2019-09-19 令和 1年 決算審査特別委員会(総務分科会 第1日)-09月19日-02号

神奈川県ではことし2月、洪水リスクの高い区間を指定して河川堤防の共同点検を実施しました。矢上川の高津区久末、西ヶ崎橋付近、平瀬川の多摩区長沢、あゆみ橋付近で川崎市と共同点検を行いました。矢上川など各河川での重要水防箇所の点検の実施状況を伺います。

大和市議会 2019-09-17 令和 元年  9月 定例会−09月17日-02号

私が訪れた地域は、目の前に海がある工業団地堤防破壊し、建物の一部を打ち壊し、駐車していたバイクや車まで流されるほどの高波が襲い、多くの企業が従業員総出で浸水した什器などのかき出し作業をされています。まさにあの東日本大震災津波と同じ光景です。千葉県での停電などの報道で深刻な状況が伝えられていますが、この地域も深刻な状況に違いありません。

川崎市議会 2019-08-29 令和 1年  8月環境委員会-08月29日-01号

2番の海岸保全施設維持整備事業でございますが、津波高潮など有事の際には堤防の役割を果たし、通常時には人や車両の出入りを可能とするために扉のように開閉できる陸閘という施設堤防の一部に設置しておりますが、災害時に迅速に対応ができるよう、形状の改良を平成30年度中に行う予定でした。しかしながら、入札不調により工事に至らなかったため、達成度を4といたしました。

茅ヶ崎市議会 2019-08-29 令和 1年 9月 第3回 定例会−08月29日-目次

│   │  ├────┼───────┼────────────────────────────┼───┤  │  2  │小島勝己   │1 豪雨による相模川の洪水対策について         │  52 │  │    │(9月25日) │(1) 相模川左岸の堤防整備について            │   │  │    │       │・寒川町一之宮地区の寒川第一排水樋管付近、平太夫新   

川崎市議会 2019-07-02 令和 1年 第3回定例会−07月02日-07号

浸水は鶴見川のJR鉄橋付近と多摩川の大師橋や幸区JR鉄橋付近の堤防を越流して、浸水被害が広がっていく状況になっております。公表を受けて、堤防の改修の必要性なども含めて、本市として今後どのような対応を図っていくのか、見解と対応について伺います。また、現状のハザードマップをどのように改定するのか伺います。 ○副議長(花輪孝一) 危機管理監。

川崎市議会 2019-07-01 令和 1年 第3回定例会-07月01日-06号

また、ピクニック橋への通路につきましては、周辺の二ヶ領上河原堰などの既存構造物による整備区域の制限や、洪水堤防を越える溢水の危険性の低減を考慮した上で、道路構造令に準じて整備しております。今後は、路面標示等の設置を行い、自転車利用者へ注意を促すなど安全性の向上に努めてまいります。以上でございます。 ○副議長(花輪孝一) 河野議員。 ◆23番(河野ゆかり) 御答弁ありがとうございます。

川崎市議会 2019-06-19 令和 1年 第3回定例会-06月19日-02号

具体的には、台風の規模や経路の選定、防潮堤堤防等の決壊条件及び高潮浸水想定の条件設定等についての議論がなされたところでございます。本市といたしましては、条件設定において、東扇島防波堤存在や東扇島の地盤が高いことなどの地形的特性が高潮浸水想定区域のシミュレーション条件に適正に反映されているかなどを確認してきたところでございます。

海老名市議会 2019-06-18 令和 元年 6月 第2回定例会−06月18日-02号

毎年のように集中豪雨時に繰り返される両側の堤防から水があふれ出ている問題に対して、神奈川県は東名以北の河川改修を準備し、3工期に分け、それぞれ1工期3年、都合9年ほどの計画を開始し、現在杉久保地区は既に取り組み中でございます。この内容は単なる水害対策だけでなく、川幅26メートルに及ぶ平たん、自然の土堤防で、水辺で遊べる構想になっております。この上流部分は国分1号幹線です。

茅ヶ崎市議会 2019-03-19 平成31年 3月 予算特別委員会−03月19日-05号

相模川の堤防整備の時期、方針の明確化に向けた取り組みが必要かと思うが、これについての見解を伺いたい。 ◎企画部長 相模川左岸の整備で、本会議等でもさまざま質問がある事項である。整備の関係は、この4月から相模川河畔スポーツ公園を閉園することで住民周知も図っている。この件は国土交通省京浜河川事務所とも調整を進めており、一部工事ヤードとして活用していくことの話し合いを受けての調整である。

秦野市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2019-03-18

同じく大川小学校ですが、子供たちを守れなかった学校教育委員会に対して問題を検証する、第三者による大川小学校事故検証委員会が最終報告書を公表し、避難先に危険河川堤防近くの三角地帯を選んだ教職員の判断ミスなどを指摘し、「惨事を防ぐことができた」と結論づけました。これについても、つい最近、裁判について報道がされておりました。  裏山に逃げれば多くの子供たちが助かったのに、そうしなかったのはなぜか。

海老名市議会 2019-03-14 平成31年 3月 第1回定例会−03月14日-04号

2018年夏の西日本豪雨のように、近年は集中豪雨河川堤防破壊し、田畑、住宅をのみ込み、多くの被害をもたらしています。海老名市内には1級河川相模川と、その水系の目久尻川、永池川、鳩川などの小規模河川が田畑や住宅地を流れています。今まで防災対策避難訓練のほとんどは地震に対応していましたが、これからは河川の氾濫による水害洪水対策が必要です。

中井町議会 2019-03-05 2019年03月05日 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

井上泰弘  ただいまの回答の中で、幹線道路だけじゃなくて、川の反対側、あそこも、ある程度、最低でも4メートル堤防敷みたいな恰好になればもっといいのかなと思いますが、全体の幅員が本当にとれるのかどうかというのもちょっと疑問ですけれども、なるべくそういうふうな形で整備をきちっとしてほしいなということで、お願いいたします。