147件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小田原市議会 2019-12-17 12月17日-05号

小田原市では2006年に、第一地区(城南・城山中学校区)、第二地区(白山・白鴎中学校区)、第三地区(泉・城北中学校区)、第四地区(酒匂・国府津・橘中学校区)、第五地区(鴨宮・千代中学校区)の5カ所が設置されスタートしましたが、2015年4月に、第六地区(緑、万年、幸、芦子地区)、第七地区橘南橘北地区)の2カ所が増設となり、7包括支援センターになりました。

綾瀬市議会 2019-12-12 12月12日-03号

そのような中、小学生に対しては、例年、早稲田大学のボランティアサークルに御協力をいただき、あやせっ子ふれあいプラザの参加者対象に、人形劇や軽易なゲームを取り入れた防災教室を実施し、また、中学生に対しては、あやせ災害ボランティアネットワークに御協力いただき、今年度は3月に城山中学校、北台中学校及び綾北中学校の3校で防災講座を実施する予定でございます。 ○議長松澤堅二君) 内山恵子議員

綾瀬市議会 2019-11-27 11月27日-01号

資本金は2,000万円で、本市の実績といたしましては、平成28年度綾瀬市立城山中学校空調設備機能復旧工事(機械)1億7,939万2,320円などがございます。 以上で補足説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長松澤堅二君) 次に、都市部長。  〔都市部長(岸 陽二郎君)登壇〕 ◎都市部長岸陽二郎君) どうぞよろしくお願いいたします。 

綾瀬市議会 2019-09-24 09月24日-04号

10月から始まる自転車損害賠償責任保険加入義務化につきまして、通学に関して保険加入の確認ということですが、早急に該当する生徒には、綾瀬市内だったら城山中学校ですかね、そういった該当する生徒には保険加入をしてもらうよう、周知の強化をお願いいたします。 子供たち安全点検について、最後の質問であります。 児童生徒のGPSを利用した見守りシステムを導入しないかという提案でございます。

綾瀬市議会 2019-06-17 06月17日-02号

また、生徒自転車利用の実態として、中学校5校の中で城山中学校のみ、学区内の一部地域から通学する生徒に対して自転車通学を認めております。今年度は約60名の生徒が、ヘルメット着用義務のもと、交通規則を守って通学しております。また、一部の小学校では、4年生以上の児童に対し、放課後に自転車に乗る際はヘルメットを着用する旨、保護者宛てお便りで知らせているところでございます。 

綾瀬市議会 2019-03-19 03月19日-05号

さらに、一部の生徒自転車通学を認めている城山中学校におきましては、自転車通学者対象年度初めに安全指導を行ったり、自転車安全点検を実施したりしております。 そのほか、小中学校ともに、夏季休業冬季休業など長期休業前には全校集会お便り等注意喚起をしております。 ○議長武藤俊宏君) 内山恵子議員。 ◆6番(内山恵子君) ありがとうございます。

綾瀬市議会 2019-03-18 03月18日-04号

10番(笠間昇君) 東山線というと、ちょうど畑の中で今途中で工事がとまっているところだと思いますが、本当に、確かに地図で見たときに、交通の流れをよくするのにあの道は必要だなと私も理解するところだし、進めていただきたいと思っているところでありますが、同時に、次に心配になってくることが1つあるんですが、東山線のところ、そこの道路を道抜くと、今度交通がちょっとふえて、あの道はちょうど早川城山のほうから、城山中学校

綾瀬市議会 2018-12-13 12月13日-04号

城山中学校外周道路整備について地元から要望があります。当該道路外周道路ということもあり、登下校生徒利用しています。学校に通う子供たちは、通学路利用して登下校をしています。当然ではありますが、その選定には安全な道を選ぶという大前提があります。しかし、距離的な問題などもあり、一部では大通りを横断したり、長い階段を利用したりする場合もございます。

小田原市議会 2018-09-20 09月20日-06号

具体の内容といたしましては、御質問でも触れられました関東学院大学主催子供向け実験教室「化学のふしぎ」の開催のほか、姉妹都市との青年交流事業における研究所見学や、城山中学校PTAによる成人教育講演会などでの教室借用等があったと伺っております。 以上をもちまして、19番奥山議員の御質問に対する私からの答弁とさせていただきます。

綾瀬市議会 2018-09-03 09月03日-01号

そのほか、現年度予算での主な事業としては、消防本部庁舎用地の購入、城山中学校空調設備機能復旧工事などのハード事業のほか、工業の若手技術者同士ネットワーク構築事業に新たに着手したほか、平成29年7月からの小児医療費助成対象年齢拡大幼児2人同乗自転車貸与台数拡充など、子育て世代への支援にも取り組んだものでございます。