112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

二宮町議会 2020-12-08 令和2年第4回(12月)定例会(第8日目) 本文

また、2つ目といたしまして、今回の調査、先ほどいろいろ技術的なというお話があったんですけれども、前の調査は等高線を中心にした調査だったんですけれども、時代が進んで、様々な技術革新の中で、高度化された調査の中で、地盤のデータですとか、氾濫域メッシュサイズ細分化、今までは25メーター四方調査だったんですけれども、それが5メーター四方にされたというようなことで、より細かく今回の調査がされたというのがございます

川崎市議会 2020-12-04 令和 2年 第6回定例会-12月04日-04号

次に、画面構成についてでございますが、建設緑政局にて既に公表されているウェブサイトを参考に、統一感を出すことによる見やすさなどについて関係局と調整を図っており、掲載する水位情報については、一覧表のほか、排水樋管周辺最低地盤多摩川計画高水位など、必要な情報も示したグラフを活用し、分かりやすく提供してまいりたいと考えております。

川崎市議会 2020-10-05 令和 2年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号

このシステムを活用し、台風などの際における自らの行動の判断材料としていただくため、設置した観測機器から得られた情報などから、下水管内水位付近最低地盤まで1メートルの高さになったとき、付近最低地盤に到達したとき、さらには排水樋管ゲートを閉鎖し排水ポンプ車による排水作業交通規制を開始したときなど、排水樋管に関する情報について適時適切に配信してまいります。以上でございます。

相模原市議会 2020-09-28 09月28日-06号

本市におきましては、水資源地盤沈下などの6項目に関する事後調査等が実施されており、台風等による一時的な影響を除き、地下水位地盤に大きな変動はなく、河川水質環境基準に適合していることなどを確認しているところでございます。今後につきましても、事後調査等の結果を注視し、環境影響程度が著しいことが確認された場合には、JR東海に新たな環境保全措置を求めるなど、必要な対応を図ってまいります。 

愛川町議会 2020-09-03 09月03日-02号

企画政策課長小川浩幸君) 沈殿池の埋め戻しに係る設計業務報告内容でございますが、まず沈殿池の埋め戻しに必要な土量、土の量とか、計画地地盤こうしたものを決定するための現況測量を行いましたほか、既存構造物の撤去と樹木の伐採、これらに係る設計、加えて沈殿池の埋め戻しに係る設計業務を実施したものでございます。 

川崎市議会 2020-08-27 令和 2年  8月環境委員会-08月27日-01号

「住民への情報提供として、ホームページでの見せ方をどう考えているのか」との御意見をいただき、「観測機器で得られた情報を年内に公表するため、システムの構築を進めていますが、今年の台風シーズンには間に合わないので、まずは「メールニュースかわさき」で「最低地盤マイナス1メートル到達時」、「ゲート全閉時」、「溢水発生時」等のタイミングでお知らせしてまいります」との回答をいたしました。  

川崎市議会 2020-07-09 令和 2年  7月環境委員会-07月09日-01号

操作手順の主な内容は、まず、①ですが、管渠内水位付近最低地盤からマイナス1メートルであるAP5.44メートル以降は、排水樋管内の流れが順流であればゲート全開とし、順流が確認できなければゲートを全閉にいたします。次に、②ですが、河川水位計画高水位であるAP9.53メートルに達した際、操作員の避難を指示することとしています。

川崎市議会 2020-05-21 令和 2年  5月環境委員会-05月21日-01号

最後に、⑤ですが、外水位付近最低地盤を下回った場合は、順流を確認しながらゲートを開といたします。  続いて、右側宮内宇奈根排水樋管操作手順でございます。基本的な操作につきましては、左側山王諏訪二子排水樋管と同様でございますが、こちらのゲートにはフラップ機構がついており、外水位内水位水位差により自動内水排除が可能となっております。

川崎市議会 2020-04-23 令和 2年 第2回臨時会−04月23日-02号

それが次々埋め立てられ現在のようになりましたが、美術品を保存する施設をなぜ地盤の低いこのような場所に建設することになったのか、その理由と経緯を伺います。  一方で、水害の危険性が高い墨田区の海抜ゼロメーター地帯江戸東京博物館があります。この博物館設計は、本市市民ミュージアムと同じ設計事務所のようですが、高床式のユニークな構造の建物になっています。

川崎市議会 2020-04-21 令和 2年 第2回臨時会-04月21日-01号

等々力緑地浸水原因でございますが、多摩川計画高水位を超える過去にない水位になったことなどにより、自然排水区域内にある地盤の低いマンホールなどから溢水したものと考えられます。  5ページを御覧ください。被害概要でございますが、施設1階で2から3センチ程度メインアリーナ床面に1センチ程度浸水がございました。  7ページを御覧ください。

川崎市議会 2020-04-10 令和 2年  4月文教委員会-04月10日-01号

こちらは、自然排水区域排水系統の主なマンホールの位置と地盤をお示ししております。  6ページを御覧ください。多摩川水位等々力緑地周辺地盤関係でございます。  下段に等々力排水区の排水系統を模式的にお示ししており、青色は、ポンプ排水区域からの排水で、等々力ポンプ場ポンプでくみ上げられ、排水されます。紫色は、自然排水区域排水で、自然流下排水されます。

川崎市議会 2020-04-09 令和 2年  4月環境委員会-04月09日-01号

最後に⑤ですが、外水位付近最低地盤を下回った場合は、順流を確認しながらゲートを開といたします。  続きまして、右側宮内宇奈根排水樋管操作手順でございます。基本的な操作につきましては左側山王諏訪二子排水樋管と同様でございますが、こちらのゲートにはフラップ機構がついており、外水位内水位水位差により自動内水排除が可能となっております。

愛川町議会 2020-03-24 03月24日-03号

建設改良整備事業戸倉浄水場浸水対策工事の詳細について」という質疑に対して、答弁の下から4行目「浸水対策工事内容は、浸水による原水の水質汚染を防ぐことを優先し、水源である井戸のうち、初めに、戸倉浄水場より地盤が低い場外に位置する戸倉第4水源躯体鉄筋コンクリート構造物で5メートルの高さにかさ上げする対策工事を予定しているものです。」という答弁でありました。 

川崎市議会 2020-03-16 令和 2年  3月環境委員会-03月16日-01号

操作手順といたしましては、まず、①河川水位樋管付近最低地盤からマイナス1メートルまでは、ゲート全開とします。②河川水位樋管付近最低地盤からマイナス1メートルに達した以降は、順流が確認できない場合は、ゲートを全閉とするものです。③樋管付近最低地盤を超えている状況においてゲートを全閉している場合は全閉を維持いたします。

川崎市議会 2019-12-16 令和 1年 第5回定例会-12月16日-07号

◆33番(押本吉司) 次に、参考とする文書内容の検討に当たってですが、他会派からの質問にもあった、順流の場合は全開、逆流の場合は全閉することが原則、一旦ゲートを全閉した外水位内水位のどちらの水位が高くなるか確認するなどの樋門ゲート操作に加えて、職員や樋門操作員が個々の樋門について、堤内地最低地盤などの被害発生水位を把握していくことが重要としております。

川崎市議会 2019-12-13 令和 1年 第5回定例会-12月13日-06号

上下水道事業管理者金子督) 浸水シミュレーションについての御質問でございますが、浸水シミュレーションは、既存下水道管渠管径や深さに加え、当該地区地盤や地形的な特徴などを反映したモデルを構築し、台風による降雨状況河川水位などさまざまな条件を加えて計算することにより、浸水範囲浸水の深さなどの再現が可能となるものでございます。