31682件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

綾瀬市議会 2021-12-12 12月12日-03号

このような中、自治会の一部では防災部などの部会を新たに設置し、地域危険箇所の把握や浸水想定区域の確認を行うとともに、災害時における自治会の役割などを定期的に話し合う取り組みを行っている地域もございます。 また、綾瀬婦人防火クラブでは、昨年度より地域防災リーダー養成講座に参加し、地域防火だけではなく地域防災に関する取り組みにも積極的にかかわっていただいております。

綾瀬市議会 2021-06-03 06月03日-01号

初めに、改正の理由でございますが、平成30年6月27日に公布された地域自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律整備に関する法律により、災害弔慰金支給等に関する法律及び同法施行令改正され、平成31年4月1日に施行されたことに伴い所要の改正を行うものでございます。 次に、改正点でございますが、議案資料の一部改正条例新旧対照表の1ページをお開き願います。

綾瀬市議会 2020-09-24 09月24日-04号

地域におきましても、災害時の基本でございます自助共助公助を意識しながら、日ごろの支援活動だけでなく、防災訓練を初め、地域での交流事業やイベントなどを通して、災害時の備えと地域連帯意識の向上を図っていただいております。市といたしましては、防災減災対策に積極的に取り組んでいるところではございますが、何より重要なことは、地域における日ごろから顔の見える関係を構築しておくことであります。

綾瀬市議会 2020-09-02 09月02日-01号

そのような状況に対し、本市地域特性に合わせた「元気高齢者社会参加システム」、「ハイリスク高齢者介護予防システム」、「要介護者総合支援システム」の3つから成る地域包括ケアシステムの構築を進めております。また、自助基本としつつ、多様な主体と市が協働しながら共助を進め、高齢者地域での担い手として活躍できる地域体制の確立と地域活動活性化支援などにも取り組んでまいりました。

三浦市議会 2020-07-17 令和 2年総務経済常任委員会( 7月17日)

繰入金5,325万1,000円は財政調整基金繰入金公共公益施設整備基金繰入金、7ページのほうに移りまして、地域活性化推進事業基金繰入金を追加するものでございます。  次に、歳出です。8ページとなります。総務費1,102万円は、公共用財産維持管理事業情報通信網基盤整備事業国勢調査事業を追加するものです。  

厚木市議会 2020-06-30 令和2年第5回会議(第1日) 本文 2020-06-30

本市においても、新型コロナウイルス感染症防止を図りながら、地域経済の再活性化軸足を移した施策展開が求められているものと認識しております。  今回は、市内観光産業への支援をはじめ、避難所や小・中学校、公共施設における感染防止策といった追加の対策を御提案させていただきます。

川崎市議会 2020-06-26 令和 2年 第4回定例会−06月26日-10号

市民文化局長向坂光浩) 令和元年東日本台風に係る町内会自治会への加入についての御質問でございますが、中原区上丸子山王町2丁目地域におきましては、災害ごみ撤去作業罹災証明書申請支援など、上丸子山王町2丁目町会を中心に、地域早期復旧に向けて精力的に活動いただきました。

藤沢市議会 2020-06-26 令和 2年 6月 定例会−06月26日-07号

教育長岩本將宏) 児童居場所の対応につきましては、子どもたちの見守りのために、青少年指導員皆様青少年育成協力会皆様地元企業運動部皆様など、地域総ぐるみで御協力いただき、心から感謝申し上げます。  今回、多くの地域方々からの御協力を得て、子ども居場所について、切れ目なく取り組めたことは、今後の地域との連携を推進していく上でも大変意義があったものと捉えております。

川崎市議会 2020-06-25 令和 2年 第4回定例会-06月25日-09号

次に、解決すべき課題についてでございますが、一例として市民アンケートの結果では、地域課題は、住民同士関係希薄化がトップであり、地域での見守りや防災活動などに影響を及ぼす課題であることから、多様なつながりを育む地域居場所であるまちのひろばを創出するための支援を行う機能が必要と考えております。  

藤沢市議会 2020-06-25 令和 2年 6月 定例会−06月25日-06号

しかし、教育委員会事務局から校長会にする提案やお願いについて、どのようなものがあったのか、どのような協議があったのか、各校長はどのような考えに基づいて判断をしたのか、そもそも教育委員会はどのように考えているのかなどなど、子どもたち保護者はもちろん、地域の一員として地域子どもと関わる多くの地域住民方々は、校長会における責任ある議論の経過、中身を知りたいだろうと思います。  

川崎市議会 2020-06-24 令和 2年 第4回定例会−06月24日-08号

例えば、今後実施予定川崎じもと応援券について、なかなか難しいとも思いますが、工夫をしていただいて、何らかの形で、他都市が実施をしたようなお弁当クーポン券に準ずる川崎じもと応援券弁当クーポンなどを準要保護児童生徒対象者へ配付するなどし、地域飲食店などの事業所を利用する食事支援実施など、連携した地域支援地域交流も深める中での児童生徒困窮世帯支援策を御検討いただければと思います。