87件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真鶴町議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会(第3日 3月 8日)

在宅歯科医療推進事業は、前年度在宅寝たきり老人歯科診療対策事業から事業内容変更なく、名称の変更をしております。  地域自殺対策強化事業予算額261万4,000円は新規で、自殺対策推進計画策定経費の計上です。  80ページをごらんください。  4目火葬場費説明欄火葬場事業修繕料は、予算額1,202万1,000円で、前年度比178万2,000円の増。

厚木市議会 2016-09-26 平成28年 市民福祉常任委員会 本文 2016-09-26

成果につきましては、在宅ひとり暮らし老人在宅寝たきり老人等の登録をされた方に対して、配食サービス理髪、はり・きゅうマッサージ助成などの生活支援サービスを実施したことにより、高齢者方々健康保持増進、閉じこもり防止安否確認、ご家族介護負担軽減等効果を上げたものと考えております。  

厚木市議会 2015-09-25 平成27年 市民福祉常任委員会 本文 2015-09-25

成果につきましては、在宅ひとり暮らし老人在宅寝たきり老人等の登録をされた方に対して、在宅支援事業として配食サービス理髪、はり、きゅうマッサージ助成などの生活支援サービスを実施したことにより、対象となる高齢者方々健康保持増進、閉じこもり防止安否確認、ご家族介護負担軽減等効果を上げたものと考えてございます。  

真鶴町議会 2014-03-05 平成26年第1回定例会(第2日 3月 5日)

精神障害者支援事業及び在宅寝たきり老人歯科診療対策事業は、前年同様の内容となっております。  4目火葬場費は、2,989万1,000円で、前年度比514万3,000円の増で、火葬場事業は、真鶴聖苑管理運営に係る経費修繕料平成25年度から3基ある火葬炉を毎年1基ずつ炉内レンガ等を全部積みかえをするものと、告別炉前ホールの床改修を行うものでございます。  次のページをお願いいたします。  

川崎市議会 2009-10-07 平成21年 第3回定例会-10月07日-05号

2003年度在宅寝たきり老人介護援助手当廃止以来、財政再建団体に転落してもいないのに、あたかも再建団体に転落したかのように市単独事業上乗せ事業のほとんどを切り捨ててきました。2008年度市民にとって最後のとりでとも言うべき川老制度廃止と結核・精神医療付加金制度廃止並びに生活保護世帯への特別乗車証も冷たく切り捨てたのです。福祉切り捨てやり方も本当にひどいやり方です。

厚木市議会 2008-12-03 平成20年12月定例会(第3日) 本文

このため、火災発生時に逃げおくれの危険度が高いひとり暮らし老人在宅寝たきり老人及び認知症老人登録者などを対象に、設置希望調査を行った上で、委託により火災警報器設置しております。今後につきましては、制度の趣旨や財政状況等を勘案し、現行の対象者を継続する中で、未設置者に対する設置を促進してまいります。  

真鶴町議会 2008-03-04 平成20年第1回定例会(第2日 3月 4日)

在宅寝たきり老人歯科診療対策事業は前年同額で、2名分を措置しております。  次の4目火葬場費は1,668万2,000円で163万1,000円の増、これは真鶴聖苑管理運営経費でのもので、11―61修繕料では、本年度、炉の台車ブロック2台の交換をするものでございます。13―12火葬炉残灰処理業務委託料以下は委託に係るもので、次のページをお願いいたします。

藤沢市議会 2006-09-26 平成18年 9月 決算特別委員会-09月26日-03号

05は通院医療の困難な在宅寝たきり老人等を対象に、往診により60人の歯科診療調査を実施した経費でございます。  06は40歳、44歳、47歳、50歳、53歳、56歳、60歳、62歳、65歳、70歳の市民対象に、歯科疾患予防早期発見を推進するため、歯科健康診査を実施した経費で、7,002人が受診し、6,771人に何らかの疾患が発見されております。  

真鶴町議会 2006-03-07 平成18年第1回定例会(第2日 3月 7日)

在宅寝たきり老人歯科診療対策事業は2名分を措置したものでございます。  続いて4目火葬場費は1,404万5,000円で312万6,000円の減、火葬場事業は1,404万5,000円で前年比312万6,000円の減となっております。11−61修繕料は炉の台車耐火材交換で2台分を措置したもの。13−11火葬業務委託料から13−13植木・草刈清掃委託料までは年間業務委託でのものを措置しております。

座間市議会 2005-11-10 平成17年第1回臨時会(第2日11月10日)

高齢者医療費助成ではこれは67歳、69歳は廃止していくということでありますが、在宅寝たきり老人訪問歯科診療等については、この平成16年度廃止ということであります。  市長はスクラップ・アンド・ビルド、私はもちろんそれを否定をするものでありません。いいものは残し悪いものは変えていく。しかし、廃止削減する部分については、そもそもそれを事業を課したときの原点があるわけですね。

藤沢市議会 2005-10-04 平成17年 9月 定例会-10月04日-08号

2点目、高齢者福祉在宅寝たきり老人等介護手当についてです。  この事業は、6カ月以上寝たきり状態にある65歳以上の高齢者、また常時介護を要する認知症高齢者を家庭で介護している方に月額7,000円支給されるというものですが、廃止の方向で検討しているという決算委員会での御答弁でした。その理由といたしまして、介護保険サービス利用該当者減少傾向にあるからと述べられておりました。

藤沢市議会 2005-09-14 平成17年 9月 定例会-09月14日-03号

毎年行っております在宅寝たきり老人、ひとり暮らし老人及び高齢者世帯現況調査で、民生委員を通じて御希望の方にはお渡ししていく方法等を今後検討していきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。 ○副議長(広田忠男 議員) 24番、石井議員。               〔石井 博議員登壇、拍手〕 ◆24番(石井博 議員) 皆さん、こんにちは。

大和市議会 2005-09-07 平成17年  9月 環境厚生常任委員会-09月07日-01号

高齢者福祉課長 平成16年度までは65歳以上の在宅寝たきり老人及び認知症老人の方を対象にしていたが、平成17年度からは非課税世帯、均等割世帯のみを対象にしている。 ◆(奥平委員) 徘徊老人等ネットワーク事業で、徘回した老人がいる場合、防災無線で知らされるときがある。登録していないと放送してもらえないのか。 ◎高齢者福祉課長 原則は登録であるが、ケースによっては登録していない方もいる。

真鶴町議会 2005-03-08 平成17年第1回定例会(第2日 3月 8日)

在宅寝たきり老人歯科診療対策事業4万8,000円は、17年度は単価が下がったため減額となりました。  続いて4目火葬場費は1,717万1,000円で185万6,000円の減、火葬場事業1,717万1,000円は185万6,000円の減。次のページをお願いいたします。11-61修繕料の62万5,000円は炉の台車耐火材1台分を交換するものでございます。

川崎市議会 2005-03-08 平成17年 予算審査特別委員会-03月08日-02号

まず初めに、歯科診療事業のうち、在宅寝たきり老人歯科診療では、一般の歯科医院診療を受けることが困難な65歳以上の在宅高齢者の方を対象とした診療として、市内に設置されている4カ所のセンター患者を送迎して行うセンター診療と、ポータブル歯科診療機器を持ち運び、患者宅を訪問して診療を行う訪問診療と、移送が不可能な方を対象とした巡回歯科診療車患者を受診する3つの方法が、川崎市在宅寝たきり老人歯科診療事業実施要綱

藤沢市議会 2004-09-27 平成16年 9月 決算特別委員会-09月27日-03号

続きまして、223ページ在宅寝たきり老人歯科診療事業費についてお伺いします。障害を持っている方々寝たきりのお年寄りの方々への歯科診療市民会館の前にある歯科医師会口腔センターで以前は行ってきたと思いますけれども、平成13年から北部の保健医療センターでもこの診療が行えるようになったと。そして、この在宅寝たきり老人歯科診療事業費内容についてもう少し詳しくお聞かせいただきたいと思います。