7120件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

秦野市議会 2019-12-18 令和元年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2019-12-18

また、1998年から2017年の間に、全国では市町村土木担当及び農林水産担当の地方公務員数が、それぞれ4分の1及び3分の1も減少しています。今や技術職員がいない自治体は3割にも達しているといいます。これでは災害に対応できないのは当然ではないでしょうか。この間の10年間、本市の技術土木職の正職員数はどのようだったのか、お伺いいたします。  

藤沢市議会 2019-12-18 令和 元年12月 定例会−12月18日-05号

こうした状況を受け、経済部に情報提供するとともに、海岸使用許可権者である神奈川県藤沢土木事務所の許認可指導課に対して状況を報告し、あわせて、海水浴場組合への指導を依頼いたしました。 ○議長(加藤一 議員) 平川和美議員。 ◆25番(平川和美 議員) 今の御報告にもありましたが、1日目、2日目を合わせると、くぎが561本と、40本の金具類が出てきたとのことです。

茅ヶ崎市議会 2019-12-17 令和 元年12月 第4回 定例会−12月17日-05号

本市におきましては、長野県佐久市に対しましてブルーシートや軍手、土のう袋や寝具等の物資を提供したほか、人的提供の部分では、10月23日から11月8日まで土木職6名を3名ずつ、農地の被害調査のために派遣してございます。また、この年明けの1月から3月にかけましては、新たに建築職1名を派遣に向けて現在調整をしているところでございます。  

茅ヶ崎市議会 2019-12-16 令和 元年12月 第4回 定例会−12月16日-04号

次に、(5)市内建設土木工事事業者等の経営実態の把握について伺います。  市が公共工事を発注し、その効果検証するという観点から、市の過去の公共工事発注実態に基づき、市内の建設土木工事事業者等の経営状況、雇用確保、人材育成労働者の福利厚生、所有する機材等の稼働率などの実態把握は必要だと考えます。この点について伺います。  

秦野市議会 2019-12-12 令和元年予算決算常任委員会環境都市分科会 本文 開催日: 2019-12-12

平方メートル当たりの工事費が一般的な人力によります土のう工ケースを県土木単価等をもとにした積算方法で算出いたしました平方メートル当たりの単価1万7,500円を超えた場合の補助額は、平方メートル単価1万7,500円を上限とした額の3分の1とさせていただきたいと考えております。

海老名市議会 2019-12-11 令和 元年12月 総務常任委員会-12月11日-01号

同じく4目土木債4億5010万円の増は、厚木駅南地区市街地再開発事業における財源として、新たに市債を見込むものなどでございます。  同じく6目教育債3730万円の増は、今泉小学校校舎増改築事業における財源として新たに市債を見込むものでございます。  22、23ページをお開きいただきたいと存じます。3 歳出でございます。  

秦野市議会 2019-12-10 令和元年総務常任委員会 本文 開催日: 2019-12-10

752 ◯露木順三委員【75頁】 あくまでこれは私の考えなのですけれども、もしそういう組織が仮にできたとすると、現場に行って、この仕事はどう判断するかというと、これはプロに任せたほうがいいとか、こちらでできるかという判断だと思うんですけれども、その判断基準をする方が基本的にはある程度、土木施工管理技士の1級を持っているとか、2級を持っているとか、経験知がずっと

大磯町議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第 8日目12月10日)

それで、部長の答弁なんだけれども、私も平塚土木へ行って建築基準法はちゃんとあるから、ぐるりの広場のところにある建物は、ちゃんと新築もできるということは確かめました。それからあと、通行権の問題なんですけれども、こちらももう、既存の通行しているわけですから、その通行権もなくならないということも確認してきました。  それでは、交通規制の問題で伺います。  

大磯町議会 2019-12-09 令和元年12月定例会(第 7日目12月 9日)

そのとき、池田県議が来賓としてお見えになって、この台風のときに池田県議が住民の要望を受け、2日前に神奈川県平塚土木へ、河川課へ電話して、河口域の砂を退去してくれと連絡を入れたということで、私が調べてみました。河川課では、池田県議よりの電話、書式、メモ、一切ないということで、これは付近の住民の方が直接電話して、平塚土木が動き出したという書類がこれでございます。

平塚市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第6日) 本文

歳出の8款土木費では、公園費の保全樹等指定事業について、台風により被害を受けた保全樹の状況、また、被害を受けた保全樹は指定を解除するのか問われたのに対し、「被害を受けた保全樹は、八剱神社の2本、平塚八幡宮の1本である。保全樹は倒壊したわけではなく、枝の折損なので、指定の解除はない」と答えられておりました。  

平塚市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第5日) 本文

9 ◯小林 岳土木部長  補正予算が認められましたら直ちに委託に着手させていただきまして、今年度中を目標にしておりますが、来年度の浸水被害が予想される梅雨前までには、ある程度の原因の特定と対応策を考えていきたい。ただ、どういう対応をしていくかという全体的な対応策はまだ結論としては出ていない状況もございます。

海老名市議会 2019-12-04 令和 元年12月 第4回定例会−12月04日-01号

8款土木費は、11億3770万9000円の増でございます。  1項土木管理費1081万5000円の減は、職員給与費の減額によるものでございます。  2項道路橋りょう費199万6000円の増は、追加交付を受けた社会資本整備総合交付金を活用し、歩道の整備を行うことに伴います、西口地区道路整備事業費の増額などでございます。  3項河川費43万5000円の減は、職員給与費の減額によるものでございます。  

大磯町議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第 1日目12月 3日)

あと、御提案もいただいている内容もありますので、それが可能かどうかというのは、事実的に、それは例えば平塚土木のほうにいろいろ判断、確認を仰いだりですとか、また具体的には他の施設、実際に他の施設幾つか担当も回っておりますし、私自身も先ほど来申し上げたとおり、例えば明石ですとか芦屋とか、そういったところの運営方法ですとか施設を見たりとか、そういったところで内々ではさまざまな勉強を重ねてきた上での、今回のちょっと

茅ヶ崎市議会 2019-12-02 令和 元年12月 都市経済常任委員会−12月02日-01号

議案書28、29ページ、款8土木費項2道路橋りょう費目2道路維持費は、緊急性が高い道路構築物17カ所の損傷復旧のため委託料を、目3道路新設改良費は、狭あい道路整備事業について、想定を超える件数の高額な移転補償費及び公有財産購入費の申請があったため公有財産購入費、補償補填及び賠償金を、北部地区幹線道路改良事業について、下寺尾芹沢線道路改良工事における埋蔵文化財の試掘調査の結果、埋蔵文化財の詳細な調査が

藤沢市議会 2019-12-02 令和 元年12月 定例会−12月02日-01号

20ページにお移りいただきまして、9款土木費は1億2,690万8,000円を増額するもので、1項1目土木総務費から2項2目道路維持費の細目01までは給与費の補正で、細目02説明04道路維持管理業務費は、台風第19号の影響による藤沢駅南口デッキ階段の外装板の復旧に要する経費で、5目橋りょう維持費の細目01説明02橋りょう改修費は、台風第19号の影響による西浜橋高欄の復旧に要する経費で、7目自転車対策