140件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

清川村議会 2020-09-10 令和 2年 9月定例会(第2号 9月10日)

続きまして、6項、土地政策費、1目、土地政策費、02事業木造住宅耐震促進事業につきましては、旧建築基準で建築された木造住宅耐震化促進するため、耐震改修費補助金交付いたしまして、地震に強いまちづくりに努めました。  以上で、まちづくり課が所管いたします主な事務事業説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ○議長岩澤敏雄君) 相原学校教育課長

清川村議会 2020-03-12 令和 2年 3月定例会(第2号 3月12日)

6項、土地政策費、1目、土地政策費、04、地籍調査事業は、新規事業といたしまして、国が策定いたします第7次国土調査事業10カ年計画に基づき実施してまいります地籍調査、こちらに向けた準備経費を計上しております。  以上で、まちづくり課所管事務事業説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ○議長岩澤敏雄君) 井上学校教育課長

清川村議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第2号 6月14日)

6項、土地政策費、1目、土地政策費、50万円の増額は、木造住宅耐震促進事業において地震に強い安全な村づくりを推進するための木造住宅耐震改良費補助金補正です。  8款、消防費、1項、消防費、3目、消防施設費、1,253万6,000円の増額は、消防施設設備維持管理事業において老朽化に伴う消防団第一分団の車両を更新するための補正です。  

清川村議会 2018-09-13 平成30年 9月定例会(第2号 9月13日)

次に、6項、土地政策費、1目、土地政策費、02、民有地災害対策事業につきましては、台風21号により、自己宅地被害を受け、自費による復旧工事を行った土地所有者の方に、災害自費復旧工事補助金交付を行いました。  以上で、まちづくり課が所管します事務事業説明を終わります。 ○議長川瀬正行君) 杉山教育委員会事務局長

清川村議会 2018-09-05 平成30年 9月定例会(第1号 9月 5日)

まず1点目は、土地利用政策全般的な、あるいは長期的な土地利用政策に関して、有効なというか強制力のある土地政策をなかなか実行できない。そのための法的な、あるいは条例上の対策をもっていない本村においては、そういう長期的な、あるいは広域的な観点で村内の各所を計画をもって開発していくということは非常に難しいのかなというふうに、これまでの説明を伺っている中でも納得するところがあります。

清川村議会 2017-12-15 平成29年12月定例会(第2号12月15日)

6項、土地政策費、1目、土地政策費の20万円の増額は、民有地災害対策事業で、台風21号により自己宅地被害を受け、自費により復旧工事を実施したことによる補助金補正です。  以上が、歳出となります。  恐縮ですが、8ページ、9ページにお戻りください。次に、歳入の説明をいたします。  

大和市議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会-12月15日-03号

国土交通省国土審議会土地政策分科会特別部会はさきの12日、中間報告書を取りまとめ、現在は任意である不動産登記義務化を今後の検討課題に挙げました。さらに、土地所有者をスムーズに見つけるために、固定資産課税台帳地籍調査票などの所有者情報行政機関等が利用できるようにすべきだとしました。報道によると、来年の通常国会関連法案の提出が見込まれております。

相模原市議会 2017-11-30 11月30日-02号

次に、土地政策について何点か伺います。まず、土地所有者不明化問題です。空き家とも関連します。近年、地価下落傾向が続く中で、地方から人が減り、所有者の居場所や生死が判明しない、いわゆる所有者不明の土地が増加し、空き家対策や税の徴収などの公益上の支障となる事例が問題となっています。本市における所有者不明の土地の把握の状況と対策について、まず、考え方を伺います。 

清川村議会 2017-09-13 平成29年 9月定例会(第2号 9月13日)

6項、土地政策費、1目、土地政策費、01、土地政策一般事務費につきましては、台風9号により、自己宅地被害を受け、自費による復旧工事を行った土地所有者2名の方に、災害自費復旧工事補助金交付を行いました。  次に02、木造住宅耐震促進事業につきましては、木造住宅耐震化促進するため、耐震工事にかかる経費について補助をいたしました。  以上で、まちづくり課が所管します事務事業説明を終わります。

茅ヶ崎市議会 2017-09-05 平成29年 9月 第3回 定例会-09月05日-03号

次に、人口減少時代における土地政策について質問いたします。  近年、地方から人が減り、地価下落傾向が続く中、所有者の居どころや生死がすぐに判明しない、いわゆる所有者不明の土地災害復旧耕作放棄地の解消、空き家対策など地域の公益上の支障となる例が各地で顕在化しています。

茅ヶ崎市議会 2017-09-01 平成29年 9月 第3回 定例会-09月01日-目次

えるまちづくりについて     │   │  ├────┼───────┼────────────────────────────┼───┤  │    │       │1 次期茅ヶ崎総合計画を見据えた今後の取り組み    │   │  │  17  │伊藤素明   │(1)大規模水害への対応                │ 181 │  │    │(9月5日) │(2)人口減少時代における土地政策

清川村議会 2017-03-17 平成29年 3月定例会(第3号 3月17日)

6項、土地政策費、1目、土地政策費13万5,000円の減額は、事務事業精査確定による補正です。  次に、8款、消防費、1項、消防費、1目、常設消防費558万8,000円の増額は、次ページにわたりますが、消防広域化事業負担金増額と、設備維持管理事業精査確定による減額による補正で、特定財源、その他12万円の減額は、太陽光発電余剰電力売払収入補正です。  

清川村議会 2017-03-13 平成29年 3月定例会(第2号 3月13日)

次に、6項、土地政策費、1目、土地政策費の03、木造住宅耐震促進事業につきましては、木造住宅耐震化促進するための補助経費等を計上しております。  以上で、まちづくり課所管事務事業説明を終わります。よろしくお願いします。 ○議長岩澤敏雄君) 杉山教育委員会事務局長。 ○教育委員会事務局長杉山義則君) 続きまして、教育委員会所管事務事業につきまして、ご説明申し上げます。

清川村議会 2016-12-07 平成28年12月定例会(第1号12月 7日)

6項、土地政策費、1目、土地政策費の370万円の補正は、台風9号による柿の木平地宅地被害災害自費復旧工事補助金補正です。  9款、教育費、1項、教育総務費、2目、事務局費の95万1,000円の増額は、教育委員会事務局事務事業人事院勧告に伴う人件費等による補正です。  2項、小学校費、1目、学校管理費の35万9,000円の減額は、不要となった工事費減額補正です。  

伊勢原市議会 2016-11-04 平成28年総務常任委員会 本文 2016-11-04

2点目の特別土地保有税につきましては、特別土地保有税は、土地有効利用促進と投機的な土地取引の抑制を目的とする政策税制として、昭和48年に創設された総合的な土地政策の一つです。固定資産税のように、土地所有者に対して、その所有者に課税されるもの、保有分と、不動産取得税のように、土地取得に対して、その取得者に課税されるもの、取得分から構成される市町村税です。

清川村議会 2016-09-13 平成28年 9月定例会(第2号 9月13日)

次に、63ページに移りまして、6項、土地政策費、1目、土地政策費、03、木造住宅耐震促進事業につきましては、木造住宅耐震化を強化するため、耐震診断にかかる経費について補助をいたしました。  以上で、まちづくり課が所管しています事務事業説明を終わります。 ○議長岩澤敏雄君) 杉山教育委員会事務局長

清川村議会 2016-03-14 平成28年 3月定例会(第2号 3月14日)

次に、47ページの6項、土地政策費、1目、土地政策費の、01、木造住宅耐震促進事業につきましては、木造住宅耐震化促進するための補助経費等を計上しております。  以上で、まちづくり課所管事務事業説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ○議長岩澤敏雄君) 杉山教育委員会事務局長。 ○教育委員会事務局長杉山義則君) 続きまして、教育委員会所管事務事業につきまして、ご説明申し上げます。