34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

伊勢原市議会 2020-11-06 令和2年産業建設常任委員会 本文 2020-11-06

157: ◯新産業拠点整備課長足立勝巳】  令和元年度には、土地区画整理組合設立認可申請に向けた各種資料作成及び事業計画に関わる関係機関協議資料作成、また、都市計画図書補足資料作成を行うとともに、地元組織活動支援として会議資料作成などを行いました。  2つ目地権者の人数としましては、現在113名が地権者でございます。

伊勢原市議会 2020-03-03 令和2年3月定例会(第3日) 本文

3つ目都市活力向上プロジェクトにつきましては、東部第二土地区画整理組合に対します技術的援助財政支援を引き続き行うとともに、伊勢原大山インター周辺地区では、都市計画手続土地区画整理組合設立認可に向けました取組を進めてまいります。また、伊勢原北口周辺地区では、交通機能配置計画や具体的な施設計画など、都市計画変更に向けました計画策定に取り組んでまいります。  

伊勢原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1日) 本文

都市の骨格を支えるまちをつくる」の取組といたしましては、東部第二土地区画整理地区では、土地区画整理組合に対する技術的援助財政支援を行うとともに、伊勢原大山インターチェンジ周辺地区では、市街化区域編入及び土地区画整理組合設立認可に向けた手続を進めるなど、地域特性を生かした新たな産業基盤の創出を推進いたします。

厚木市議会 2019-05-30 令和元年第2回会議(第2日) 本文 2019-05-30

それでは、まず初めに、土地区画整理組合設立認可についてお尋ねいたします。  厚木市の土地区画整理事業は、厚木土地区画整理事業助成規則に基づき、土地区画整法第75条に規定する技術的援助や、組合設立認可のための図書作成にかかわる測量調査及び設計に要する費用の負担が行われております。一方で、土地区画整理法に基づく許認可事務についても、厚木市が組合設立認可の権限を持って行っております。

厚木市議会 2019-05-30 令和元年第2回会議(第2日) 議事日程等 2019-05-30

──┴──┘ ┌──┬───────┬───────────────────────────┬──┐ │番号│質  問  者│       質  問  の  件  名       │頁 │ ├──┼───────┼───────────────────────────┼──┤ │  │       │(1) 市政一般について                 │  │ │  │       │ ア 土地区画整理組合設立認可

伊勢原市議会 2019-03-06 平成31年3月定例会(第6日) 本文

今後は行政手続を進めるとともに、地権者合意形成を高め、早期市街化区域編入及び土地区画整理組合設立認可が得られるよう事業化に向けた取り組みを進めてまいります。  なお、この事業を円滑に進めるため、土地区画整理事業に精通した民間企業参画により事業を進める業務代行方式を取り入れる方針でございます。企業参画には公募型プロポーザル方式による選定を行います。

伊勢原市議会 2019-03-03 平成31年3月定例会(第3日) 本文

現在、上粕屋地区では、関係地権者とともに事業化に向けた取り組みを進めておりますが、市街化区域編入土地区画整理組合設立認可などの行政手続を進めるとともに、地元地権者合意形成を図り、平成32年度内に事業化が図れるように取り組んでまいりたいと考えております。  以上でございます。 84: ◯議長小沼富夫議員】  経済環境部長

伊勢原市議会 2018-12-05 平成30年12月定例会(第5日) 本文

今後、市は、検討区域市街化区域編入土地区画整理組合設立認可について、国や県などの関係機関との調整を行うとともに、事業計画のさらなる精査、並びに関係地権者合意形成について、準備委員会支援してまいります。今後の課題でございますが、事業計画案に基づく減歩率土地利用など、関係地権者が抱く不安要素の解消であると認識しているところでございます。  以上でございます。

伊勢原市議会 2018-03-03 平成30年3月定例会(第3日) 本文

平成29年度は、土地区画整理組合事業計画案作成取り組みまして、今後、準備委員会総会において事業計画案を提示いたし、地権者合意が得られましたら、市街化区域編入土地区画整理組合設立認可申請手続へ進む予定としております。平成30年度予算では、地元支援といたしまして、これらの手続に必要な業務委託費を計上しております。  

伊勢原市議会 2016-06-04 平成28年6月定例会(第4日) 本文

東部第二土地区画整理推進事業は、平成27年3月に横浜伊勢原線沿道地区市街化区域編入及び土地区画整理組合設立認可告示を得まして、翌4月には東部第二土地区画整理組合が設立されました。現在、認可申請時に策定された事業計画に基づき、組合施行による土地区画整理事業が計画的に進められております。  

伊勢原市議会 2016-03-03 平成28年3月定例会(第3日) 本文

したがって、市が取り組んでおります北インター周辺地区まちづくり推進事業検討区域については、線引き見直し告示された以降に、土地区画整理組合設立認可などの市街地整備の確定とあわせて市街化区域編入を行うこととなります。  そのために、地元組織である上粕屋地区土地利用研究会においては、平成28年度に、現在の土地利用研究会からまちづくり実施組織に移行し、土地区画整理事業の具体的な検討に入ります。

平塚市議会 2015-06-18 平成27年 都市建設常任委員会 本文 2015-06-18

今の質疑でもありましたけれども、非常に調査地点が恣意的である、地域住民が誇りにしている富士山とか大山の景観が失われることを無視した状況のもとで、評価書を今作成しようとすることについていかがなものかと私は思っていますし、また、今回の環境アセスメント土地区画整理組合設立認可都市計画決定の3点セット、これで告示を予定しているというものであって、今回の評価書策定委託料は、金額は本当に小さいんですけれども

平塚市議会 2015-06-06 平成27年6月定例会(第6日) 本文

また、今回の環境アセスメント土地区画整理組合設立認可都市計画決定の3点セット告示を予定しており、その意味するところが大きいと理解し、この部分で反対する」との反対の立場からの討論がありました。  採決いたしました結果、本委員会所管部分は、賛成者起立多数により、原案どおり可決すべきものと決定しております。  

伊勢原市議会 2015-03-03 平成27年3月定例会(第3日) 本文

まず、東部第二地区についてでございますが、平成27年3月末日の市街化区域編入及び土地区画整理組合設立認可に向けて順調に手続が進められております。土地区画整理組合組合員の構成は、施行地区内の土地について所有権または借地権を有する者となっております。現在、土地所有者125名で構成されております。  

伊勢原市議会 2014-12-03 平成26年12月定例会(第3日) 本文

地区土地区画整理事業進捗状況ですけれども、現在、土地区画整理組合設立認可申請神奈川県に提出するところでございまして、今年度内の組合設立認可に向けての手続をしております。今後、神奈川県知事組合設立認可を受けまして、認可公告がされますと、公告後1カ月以内に組合設立となり、組合施行土地区画整理事業が本格的にスタートすることとなります。

  • 1
  • 2