135件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2020-09-23 令和 2年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第1日)-09月23日-06号

本市が実施するがん検診受診率との差につきましては、勤務先健康保険組合等の組織的な検診を受診する機会がある場合のほうが一般的に受診率が高くなるものと解しておりますが、国民健康保険加入者など勤務先等受診機会がない方を対象とする本市がん検診受診率向上も大切でありますことから、がん検診必要性受診方法などをより理解していただく必要があるものと考えておりまして、啓発広報に取り組んでいるところでございます

中井町議会 2020-09-07 2020年09月07日 令和2年第3回定例会(第3日) 本文

自由に入っていただいて、そこにある器具をご利用していただいてというふうな運用方法ですので、そういった今の条件の中で、果たしてどういったものが施設の中身を充実できるのかといったところも、併せながら、今後普及啓発広報周知等もしていければというふうに考えてございます。以上です。 多田 勲  3番、多田勲です。  

座間市議会 2020-06-08 令和 2年第2回定例会(第3日 6月 8日)

投票率向上につなげるべく、これらの事例も参考にしながら、入場整理券啓発広報のほか広報ざま市ホームページ等を活用し、選挙人の皆様が安心して投票できる環境を確保していることを周知してまいります。 ○副議長竹田陽介君)  再質問ありませんか。――熊切和人議員。               

伊勢原市議会 2020-06-04 令和2年6月定例会(第4日) 本文

このようなことから、これまでの周知啓発方法とは違った視点での啓発、いかにして市民が、災害時等だけではなく、平常時においても必要である、便利であると認識していただけるか、関心を持っていただけるような工夫が必要であると考えておりますので、このような啓発広報を進めていきたいと考えてございます。  以上でございます。 75: ◯議長舘大樹議員】  相馬欣行議員

川崎市議会 2020-03-09 令和 2年 予算審査特別委員会-03月09日-01号

アンケートでは、がん検診を受診していない理由として、「料金が高いなど費用がかかるから」「仕事や家事で忙しいなど時間がないから」「心配になったらすぐ医療機関で受診するから」といった理由が上位となっており、本市がん検診は自費で受診するよりも低額で受診できることや、自宅に近い医療機関で簡単に受診できること、がんは早期には自覚症状がないことが多く、検診が重要であることなど、がん検診必要性についてさらなる啓発広報

綾瀬市議会 2019-12-11 12月11日-02号

◆19番(安藤多惠子君) 情報収集、意識啓発広報といったことが大事であるということはたびたび私のほうからも申し上げていますし、何度か市長からも部長からもお聞きしているわけですけれども、30年度までの事業でそういった広報啓発というものが私は大変たくさんあるというふうに思わないんですけれども、これからはそういった広報啓発といった部分をもっともっと強めていけるのでしょうか。

座間市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第4日12月 9日)

現在、本市においては啓発活動として、啓発広報紙やSNSを活用した「ざまりん」によるツイート等を行っていると思いますが、来年予定される座間市長市議会議員選挙投票率向上に向け、新たな啓発活動等を模索していると思われますが、具体的に示すことができるものがあればお示しください。  この項目の最後になりますが、インターネット投票について伺ってまいります。  

川崎市議会 2019-03-07 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号

まず、本日は、出資法人との契約について、行政監査結果報告書について、防災啓発広報物に関する事業費について、外国語活動に関する事業費について、特定不妊治療費助成事業について、一問一答で伺ってまいります。  まず、出資法人との契約について、伊藤市長教育次長に伺ってまいります。  

川崎市議会 2019-03-04 平成31年 予算審査特別委員会−03月04日-目次

   分別収集事業普及広報活動事業について〔環境局長−237〕    葬祭場施設整備費について〔健康福祉局長−238〕   岩隈千尋委員…………………………………………………………………………… 239    出資法人との契約について〔伊藤市長−239、教育次長−240〕    平成30年度行政監査結果報告書について〔市民文化局長−241、藤倉副市長−242、    市長−242〕    防災啓発広報

愛川町議会 2019-02-28 02月28日-02号

女性消防団活動をお聞きいたしましたら、火災予防啓発、そして応急手当の指導、それから普及啓発広報活動、そしてまた、中には男性と同様に消火・救助活動訓練も行っている消防団もあるということでした。 神奈川県内女性消防団員は年々増加しておることがわかりました。 また、厚木市消防本部総務課のほうから活動内容も伺いました。

大和市議会 2019-02-21 平成31年  2月 厚生常任委員会−02月21日-01号

健康福祉総務課長 本事業周知啓発広報に努めるとともに、相続関係等に不安を抱える方が多いので、来年度は終活に係る講演会説明会等各所で実施していきたい。 ◆(河端委員) 各所とは、市域の北、中、南の3カ所と考えてよいか。 ◎健康福祉総務課長 そのように予定している。 ◆(河端委員) 独居老人、老夫婦世帯にきちんと情報提供されたい。また、今後は生涯学習出前講座でも本事業周知に努められたい。

川崎市議会 2018-12-05 平成30年 第4回定例会-12月05日-03号

本市も同様の取り組みをすべきと思いますが、見解と市民への啓発広報について伺います。  次に、港湾施策について伺います。港湾機能の強化についてです。現在、コンテナターミナルを利用する船舶がふえており、コンテナ取扱量も増加しておりますが、特に冷凍貨物の増加が著しいようです。この状況への本市としての対応について伺います。

秦野市議会 2018-09-20 平成30年予算決算常任委員会文教福祉分科会 本文 開催日: 2018-09-20

現在、提供方式実施手法等に関する検討を進めておりますが、今年度、基本計画を策定するに当たり、詳細な調査や図面の作成事業費算定等技術的支援民間事業者に委託するために850万円、保護者子供たちへの啓発広報資料の作成費として48万5,000円、保護者の代表や公募市民らで構成する推進会議運営経費として38万5,000円など、総額で991万7,000円を増額するものです。  

大和市議会 2018-09-03 平成30年  9月 厚生常任委員会-09月03日-01号

活動実態をきめ細かく地域啓発広報していくことが重要であると考え、啓発に努めている。 ◆(国兼委員) 南部は支援したい方とうまくコミュニケーションがとれないというジレンマを抱えている方もいるので、そちらのフォローをお願いしたい。 ◆(宮応委員) 関連して、2名の欠員はどこか。 ◎健康福祉総務課長 和田地区で1名、深見大和地区で1名である。

平塚市議会 2018-06-04 平成30年6月定例会(第4日) 本文

そういった新しいシステムが活用されるように、今おっしゃいました、図書館に来られないような方も使えるようにということだったので、そういったことを広く、わかりやすく、使っていただかなければ、元がとれませんと言ったら変ですけれども、非常に残念なので、その辺の啓発広報をしっかりとしていただきたいと思います。