5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

藤沢市議会 2019-06-28 令和 元年 6月 藤沢都心部再生・公共施設再整備特別委員会-06月28日-01号

1枚おめくりいただきまして、4ページの図は藤沢駅南口側から北口方向を望む南北自由通路の現況と整備イメージでございます。  次に、5の南口駅前広場デッキ整備事業についてでございます。  (1)の藤沢南口駅前広場整備基本計画(素案)についてでございますが、南口駅前広場の再整備につきましては、南北自由通路や駅舎などと一体として利用できる空間として検討を進めております。  

藤沢市議会 2019-02-07 平成31年 2月 藤沢都心部再生・公共施設再整備特別委員会-02月07日-01号

自由通路を拡幅し、小田急電鉄の改札デッキレベルに上がり、JRの改札と並んだ際の駅南口側から北口方向を望むイメージパースとなります。本市にとっては重要かつ、また事業費及び事業期間においても大規模な事業となりますが、藤沢駅周辺の再活性化及び市域全体の魅力アップ経済活性化に資する事業となるよう取り組んでまいりたいと考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。  

藤沢市議会 2015-11-20 平成27年11月 藤沢都心部再生・公共施設再整備特別委員会-11月20日-01号

1ページの図でお示ししておりますけれども、全体的な感覚としては、その図面の上に、北口方向藤沢宿遊行寺方面という紫の矢印がございまして、南側は下に青の矢印で江の島・湘南海岸方面と、全体的に見れば、南と北、つくり方を問われればこういったイメージを持っていこうというのがこの事業をスタートしたときの基本的な感覚でございますが、駅前にいきなり遊行寺イメージというのはどうか等々もございまして、そこは今のワーキング

寒川町議会 2014-06-04 平成26年第1回定例会6月会議(第4日) 本文

また、茅ヶ崎駅北口から小谷路線につきましても、先ほど述べましたが、寒川駅を素通りするような形ではなくて、岡田の交差点を一旦寒川北口方向に曲がって、寒川北口に寄っていただく、そういった形にすれば上りのバスについては小谷大蔵方面から寒川北口へと通じる、そうした路線が誕生するということにもなります。  

  • 1