1835件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-10-07 令和 1年 10月環境委員会-10月07日-01号

今回のお話ですと、交通事業者、これはバスだけではなくて、地方鉄道とかを入れての話なんですけれども、やはり慢性的な赤字だとか、運転手の人材不足なども検討課題の一つとなっておりまして、その中で、運転手等の労働条件の改善に向けて、運賃の上限認可等の算定方法の見直しを検討するべきとの提言が有識者の方から国交省のほうにございまして、その中で、運賃の上限認可等の算定方法の中に、運転手等の労働条件改善の中で少し費用

川崎市議会 2019-10-04 令和 1年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)-10月04日-12号

次に、交通局の所管分でありますが、委員から、運輸安全マネジメントについて、人件費及び運転手の確保について、市バスネットワーク事業について、市バス移動空間快適化事業について、市バスの収益向上策及び地域貢献の推進について、交通事故、運行ミス等について、乗車料収入等の営業収益について、運輸成績及び安心、快適なサービスの充実について、ノンステップバスにおけるニーリング指導について、変形労働時間制等労働条件について

茅ヶ崎市議会 2019-10-02 令和 1年 9月 第3回 定例会−10月02日-06号

会計年度任用職員制度へのスムーズな移行を図るとともに、労働条件整備等をしっかり整え、住民サービス福祉に資する人材確保に努めることが必要と考えます。  議案第94号和解について、本年度は例年に比べて事故の件数がふえております。今回は特に停車中の車両に対する事故であり、100対0となっております。

茅ヶ崎市議会 2019-09-30 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月30日-05号

まず、本市が想定している受注先従業者の賃金労働時間等の労働条件について伺います。工事請負等の場合、受注先がさらに下請に仕事を回します。2次請、3次請など、現場で実際に作業をしている従事者の労働条件をどのように把握しているかについて伺います。また、工事発注時に受注先の労働状況について確認を行っているかについても伺います。

座間市議会 2019-09-30 令和元年第3回定例会(第6日 9月30日)

このままでは労働条件の悪化や雇いどめ、そして正規職員から会計年度任用職員への置きかえといった不安要素が助長されるばかりで、貴重な働き手を失うことにもなりかねません。また、本条例制定は、これまでの非常勤・臨時職員という非正規雇用職員会計年度任用職員の名のもと、非正規職員の恒常化にほかならないと捉えるものであります。

川崎市議会 2019-09-27 令和 1年 決算審査特別委員会(環境分科会 第2日)−09月27日-11号

先ほどの労働条件の問題も議論になりましたけれども、そうした問題を一つ一つしっかりやっていただいて、特に新たな養成をされておられるようですので、しっかり人材発掘していただくことを求めて、質問を終わります。 ◆春孝明 委員 私は、通告どおり、順次伺ってまいりますので、よろしくお願いをいたします。  まず初めに、市バスネットワーク推進事業についてであります。その事業内容と平成30年度の実績を伺います。

川崎市議会 2019-09-26 令和 1年 決算審査特別委員会(文教分科会 第2日)-09月26日-05号

その是正は、労働条件の改善として緊急であり、子どもの教育条件として極めて重要です。文部科学省が2019年1月25日に通知で示した公立学校の教師の勤務時間の上限に関するガイドラインでは、1カ月の超過勤務は45時間以内、年360時間となっていますが、2019年4月、本市の教職員の時間外勤務の平均値は57時間28分です。

川崎市議会 2019-09-25 令和 1年 決算審査特別委員会(総務分科会 第2日)−09月25日-03号

制度導入の背景でうたわれている特定業務委託の品質確保、これらの業務に従事する労働者労働条件の確保を鑑みて作業報酬下限額を勘案していただきますことを強く要望させていただきまして、私の質問を終わります。 ◆田村伸一郎 委員 初めに、本市の債務残高等についてお伺いいたします。まず、財政健全化についてです。

川崎市議会 2019-09-20 令和 1年 決算審査特別委員会(文教分科会 第1日)-09月20日-04号

現場の先生方の声、監査に関して幾つか御紹介させていただきますが、監査のためだけに保育室内のレイアウトの変更が行われる、姉妹園から必要となる物品を借りて監査に備え、終わってから返却する、職員配置についても、施設長、クラス担任の半数以上が変更とならないと指摘されない基準は甘過ぎる、入れかわりの正規職員は2割、多くて3割が限界、労働条件の明示方法についての就業規則等について監査項目があるなど現場の職員は知

座間市議会 2019-09-17 令和元年企画総務常任委員会( 9月17日)

○安海委員  ただいまのご答弁の中にもありました「検討中である」という部分、それから具体的な賞与であるとか期末手当であるとかというものも含めた労働条件のようなものが、まさに検討中なのだと思いますが、そこら辺は施行日までに決めた上で実施なさるわけですから、その検討途上であるものについて、どのような形で明らかにされていくのか、見通しをお示しください。

大和市議会 2019-09-17 令和 元年  9月 定例会−09月17日-02号

その背景には、保育環境の維持向上は子供の命と安全を守るための課題となっており、中でも職員配置は子供の処遇のかなめとなると同時に、指導員の労働条件の改善など、長く働き続けられるための労働環境としても重要になります。指導員の専門性も認めた形で全国一律の最低基準として位置づけられたのがわずか4年前です。

川崎市議会 2019-09-13 令和 1年 決算審査特別委員会−09月13日-目次

…………………………………… 402      自動車運送事業会計収益的収入、1款1項営業収益について…………… 402      運輸成績及び安心、快適なサービスの充実について……………………… 403     飯塚正良委員……………………………………………………………………… 404      ノンステップバスにおけるニーリング指導について……………………… 404      変形労働時間制等労働条件

茅ヶ崎市議会 2019-09-13 令和 元年 9月 環境厚生常任委員会−09月13日-01号

◆小島勝己 委員 市議会定例会資料21ページ、収支実績の自己評価で、労働条件の改善だと思うが、抜本的な処遇改善を平成29年度に行った、あわせて10ページには雇用とか労働条件の関係で、労働基準法に基づいた各種の規定等を制定したと、整備に取り組んでいると書いてある。それでもほかの施設と比べて労働条件等々がまだ劣ってやめていく人が多いのかどうか、念のために確認する。

川崎市議会 2019-07-03 令和 1年 第3回定例会−07月03日-08号

◆50番(織田勝久) 業務委託を通じて市民サービスの質の向上と事業所で働く労働者雇用労働条件の安定を目指す、そういうことを目的として収集運搬事業者の育成を図らなければならないと思います。これは大切な市の責務ではないかと感じております。参加資格を緑ナンバーに限定することで、法令に基づく企業ガバナンスの向上がおのずと図られるわけでありますので、緑ナンバーの一刻も早い導入を求めておきます。

川崎市議会 2019-06-21 令和 1年  6月まちづくり委員会-06月21日-01号

ちょっと私がこの間懸念するのは、建設の業界そのものの賃金の額ですとか、あと、週休2日制も含めた、ちゃんと公的な事業で週休2日制をやっても食べていけるというか、収入が得られて、ちゃんと適正な賃金が支払われるということ、その積算はすごく大切だということで議会でも聞かせてもらったことがあるんですが、こうやって市のほうは積算はちゃんとしても、入札で低くやりますよというふうに忙殺されてしまうと、本当にそういう労働条件

藤沢市議会 2019-06-20 令和 元年 6月 定例会−06月20日-03号

◆3番(山内幹郎 議員) 保育士労働実態、労働条件を把握する必要があると思うがどうか。その上で、当面でも横浜や他市のように保育士賃金の上乗せもすべきではないか、見解を伺います。13番目の質問になります。 ○議長(加藤一 議員) 村井子ども青少年部長。 ◎子ども青少年部長(村井みどり) 保育士不足を解消するためには、保育士確保への取り組みだけでなく、離職防止を図る必要がございます。