55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2020-02-13 令和 2年  2月文教委員会-02月13日-01号

第1次計画ではさまざまなニーズに応えるべく、川崎高等学校改築に伴い、定時制専用教室をつくり、二部制定時制として昼間部を設置いたしました。設置後6年が経過し、昼間部につきましては、年々志願者が増加し、平成31年度入学者選抜におきましては、定員を上回り、不合格者を出すこととなりました。一方、夜間部では志願者は減少し、大幅な定員割れを続けている状況でございます。

川崎市議会 2020-01-30 令和 2年  1月文教委員会-01月30日-01号

第1次計画ではさまざまなニーズに応えるべく、川崎高等学校改築に伴い、定時制専用教室をつくり、2部制定時制として昼間部を設置いたしました。設置後6年が経過いたしますが、夜間部志願者は減少し、大幅な定員割れを続けております。一方で、昼間部につきましては、年々志願者数が増加し、平成31年度入学者選抜におきましては定員を上回り、不合格者を出すこととなりました。

川崎市議会 2015-09-11 平成27年 第4回定例会−09月11日-04号

次に、市立高校改革につきましては、平成19年度に策定した市立高等学校改革推進計画第1次計画完了を目指し、平成26年度の川崎高校における中高一貫教育開始と二部制定時制課程開設を初め、平成29年度の商業高校における全日制課程普通科設置及び定時制課程商業科川崎総合科学高校定時制課程への移管に関する取り組みを進めているところでございます。

川崎市議会 2015-08-27 平成27年  8月総務委員会-08月27日-01号

2目高等学校施設整備費校舎建築改築事業でございますが、川崎高校改築し、中高一貫教育校及び二部制定時制課程を有する学校への再編整備に向け、新校舎整備工事等を行いまして、予算現額は60億2,673万円、支出済額は57億8,120万604円で、不用額は2億4,552万9,396円となっております。  

川崎市議会 2014-08-28 平成26年  8月総務委員会−08月28日-01号

1段目の2目高等学校施設整備費の「校舎建築改築事業」でございますが、川崎高校改築し、中高一貫教育校及び二部制定時制課程を有する学校への再編整備に向け、新校舎整備工事等を行いまして、予算現額は53億4,861万5,000円、支出済額は2億8,272万6,684円、翌年度繰越額が50億6,231万4,000円で、不用額は357万4,316円となっております。  

川崎市議会 2013-08-28 平成25年  8月総務委員会-08月28日-01号

1段目、2目高等学校施設整備費校舎建築改築事業でございますが、川崎高校改築し、中高一貫教育校及び二部制定時制課程を有する学校への再編整備に向け、既存校舎解体工事や新校舎整備工事等を行っておりまして、予算現額は38億9,217万4,000円、支出済額は38億6,772万3,355円で、不用額は2,445万645円でございます。  

川崎市議会 2013-04-19 平成25年  4月総務委員会-04月19日-01号

次に、4ページ下段の「地域に根ざした特色ある学校づくり」でございますが、13の「地域教育資源活用」や、5ページに参りまして、16の「魅力ある市立高等学校づくり」など、地域人材活用により学校教育活動を活性化させるとともに、中高一貫教育校及び二部制定時制課程を有する市立高等学校開設に向けたカリキュラム開発ICT環境整備学校施設整備工事等を行ってまいります。  

川崎市議会 2013-02-12 平成25年  2月総務委員会-02月12日-01号

校舎でのスタートは難しい状況でございますが、附属中学校及び二部制定時制課程につきましては、当初の予定どおり平成26年4月から開設いたしますので、仮設校舎の増築を行うなど、子どもたち教育環境の確保に努めてまいります。また工期につきましては、土の掘削工事完了し全体工程が明らかになりました時点で、改めて御報告させていただきます。  

川崎市議会 2012-08-29 平成24年  8月総務委員会-08月29日-01号

次に、160ページの1段目、2目高等学校施設整備費校舎建築改築事業でございますが、川崎高校改築し、中高一貫教育及び二部制定時制課程を有する学校への再編整備に向け基本実施設計及び仮設校舎設置を行っておりまして、予算現額は3億9,908万2,000円、支出済額は3億539万975円で、不用額は9,369万1,025円でございます。  

川崎市議会 2012-05-30 平成24年  5月総務委員会-05月30日-01号

設計概要につきましては、先日5月16日の総務委員会において御説明させていただいたところでございますが、中高一貫教育校専門学科、二部制定時制という多様な教育課程を展開する複合的な学校であり、また、南部地域療育センターも複合化されますので、施設配置動線配慮するとともに、校舎北側日照環境改善配慮学校近隣住民の方々に与える環境を大きく変えないことなど総合的に勘案いたしまして、西側に7階建ての校舎棟

川崎市議会 2012-05-16 平成24年  5月総務委員会-05月16日-01号

昨年度3月の総務委員会におきまして、川崎市立中高一貫教育校概要及び川崎市立川崎高等学校附属中学校入学者決定方針につきまして御説明申し上げたところでございますが、川崎高等学校は、平成19年度に決定されました市立高等学校改革推進計画に基づき改築を行い、川崎市初の併設型の中高一貫教育校及び二部制定時制課程を有する学校として再編整備し、平成26年4月の供用開始を目指して現在順調に事業を進めているところでございます

川崎市議会 2012-04-20 平成24年  4月総務委員会-04月20日-01号

次に、4ページ下段の「地域に根ざした特色ある学校づくり」でございますが、13の「地域教育資源活用」や、5ページに参りまして、16の「魅力ある市立高等学校づくり」など、地域人材活用により学校教育活動を活性化させるとともに、中高一貫教育校及び二部制定時制課程を有する市立高等学校開設に向けたカリキュラム開発や、ICT環境整備学校施設整備工事に着手してまいります。  

川崎市議会 2012-03-12 平成24年  3月総務委員会-03月12日-01号

◎阿部 教育改革推進担当担当課長 この1,640名というのは、附属中学校で3年生まで完成したもの、それから川崎高等学校の全日制の3学年の部分、それから2部制定時制課程というものが今度設置されますので、その定時制生徒さんが4年生、全部いるという形ですので、教員の数としては通常の中学校の9クラス分に相当する職員配置高校職員配置ということで、今のところの話では、中高一貫校が全部完成した段階での加配

川崎市議会 2011-10-03 平成23年 10月総務委員会-10月03日-01号

また、市立高等学校再編整備につきましては、二部制定時制を有する中高一貫校平成26年度の開校に向けまして、整備基本構想を策定するなど取り組みを進めてまいりました。  こうした成果を踏まえ、第3期実行計画での主な取り組みとして、小中連携教育推進学校評価システムの充実、川崎高校再編整備などの取り組み推進します。  7ページをごらんください。

川崎市議会 2011-09-05 平成23年 第4回定例会-09月05日-01号

また、川崎高校改築し、中高一貫教育及び二部制定時制課程を有する学校への再編整備に向け基本実施設計を行うとともに、田島養護学校再編整備に向け基本実施設計を行いました。歴史と文化につきましては、青少年科学館改築工事に着手いたしました。  次に、特別会計でございますが、主要施策成果説明書の10ページ、11ページをお開き願います。

川崎市議会 2011-08-30 平成23年  8月総務委員会-08月30日-01号

次に、156ページの中段の2目 高等学校施設整備費の「校舎建築改築事業」でございますが、川崎高校改築し、中高一貫教育及び二部制定時制課程を有する学校への再編整備に向け基本実施設計を行っておりまして、予算現額は6,903万1,000円、支出済額は4,833万5,174円で、不用額は2,069万5,826円でございます。  

川崎市議会 2011-02-07 平成23年  2月総務委員会-02月07日-01号

また、「市立川崎高校」については、併設型の中高一貫教育校及び二部制定時制課程を有する学校として、2013年度の完了を目指した再編整備推進します。  次に、プラン4の「環境配慮・循環型の地域社会づくり」といたしましては、「カーボン・チャレンジ川崎エコ戦略」に基づく取組を推進し、2012年度には「環境総合研究所」を開設してまいります。  

川崎市議会 2011-02-02 平成23年  2月総務委員会-02月02日-01号

⑩の市立高等学校再編整備推進につきましては、市立高等学校改革推進計画に基づき、川崎高等学校併設型の中高一貫教育校及び二部制定時制課程を有する学校再編し、社会状況の変化に伴う生徒保護者の幅広いニーズにこたえる学校づくりを目指した市立高等学校再編整備推進してまいります。