105件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2020-05-22 令和 2年  5月総務委員会−05月22日-01号

次に、3、実施内容といたしましては、主に(1)委託業務内容のアからキまでに記載の業務を委託する予定でございまして、公募型プロポーザルにより、販売窓口混雑緩和対策、効率的な換金方法利用可能店舗の確保、応援券利用促進につきましても企画提案に盛り込んでいただく予定でございます。

茅ヶ崎市議会 2020-03-24 令和 2年 3月 第1回 定例会-03月24日-07号

利用促進につながるアンケート実施、積極的な利用者サービスの向上に取り組みながら、施設の保持、修繕に関しては、利用者の安全、サービス、経費にかかわることもありますので、市の理解と連携のもと計画的に実施に取り組んでいただくこと、また、しおさい公園に関しましては、柳島地区周辺施設との連携等利用拡大につながるように尽力いただくことを要望いたします。  以上、全議案に賛成いたします。

平塚市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第3日) 本文

(1)バス利用促進総合対策事業目的や効果は。を伺います。  (2)バス停環境バリアフリー化を図るべきではないか。市内公所在住の16歳ミズノリョウさんという方が、車椅子の視点から見た現在のバス停環境を調査して、その現状をレポートにまとめてくれています。その内容を先日、交通政策課担当の方が直接聞いてくださいました。ありがとうございました。

平塚市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 索引

真に価値ある平塚実現を          │ (1) 指定緊急避難場所受入拒否が起きた理由  (1) 崇善公民館等複合施設について       │   は  (2) 設備や運営についての課題は        │5 すべての人が利用しやすい地域公共交通の 4 ふるさと納税制度を活用して重点施策積   │  実現で住みやすい平塚に   極的推進を                 │ (1) バス利用促進総合対策事業

相模原市議会 2019-08-26 08月26日-01号

地球温暖化対策につきましては、水素エネルギー普及促進するため、引き続き、燃料電池自動車購入費への助成を行ったほか、再生可能エネルギー利用促進を図るため、太陽光発電省エネ設備等導入を支援してまいりました。 資源循環型社会形成につきましては、第3次相模原一般廃棄物処理基本計画を策定したほか、北清掃工場長寿命化に向けた改良工事を計画的に進めてまいりました。 

清川村議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第2号 6月14日)

森林環境譲与税は、既設の神奈川県水源環境保全税森林整備場所を区分するとともに、森林整備を行う人材の育成、森林公益機能普及啓発及び木材の利用促進に限定されております。森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律に基づき、森林環境譲与税の取り扱いを明確化するため、本基金条例を制定するものでございます。  

二宮町議会 2019-06-06 令和元年第2回(6月)定例会(第6日目) 本文

特に、富士見が丘地区は町が提供した実績を独自に地区回覧に掲載し、利用促進を図っていただいており、町としても大変ありがたく思っているところです。今後もコミュニティバス路線バス利用促進を図るため、交通事業者と交渉し、路線バス利用実績等の情報を入手したり、地区利用状況を情報提供したりしていきたいと考えています。  

相模原市議会 2018-03-23 03月23日-07号

また、高齢化の進行に伴う認知症高齢者増加や親亡き後の障害者地域生活支援のニーズの増加に対応するため、さがみはら成年後見あんしんセンターを新たに設置することにより、成年後見制度利用促進権利擁護に関する取り組みがさらに推進されることを期待しております。 次に、こども・若者未来局に関連する予算についてです。 

相模原市議会 2018-02-20 02月20日-01号

また、再生可能エネルギー利用促進を図るため、太陽光発電等導入による住宅スマート化や、中小規模事業者が行う省エネ設備等導入取り組みを支援してまいります。 資源循環型社会形成につきましては、第3次相模原一般廃棄物処理基本計画の策定を進めるとともに、北清掃工場長寿命化に向けた改良工事を計画的に進めてまいります。

茅ヶ崎市議会 2017-09-05 平成29年 9月 第3回 定例会-09月05日-03号

保険者努力評価指標といたしましては、保険料収納率、特定健診、特定保健指導実施率ジェネリック医薬品利用促進現在も取り組んでいる内容がございます。また、保険者としてではなく、市として健康増進に取り組んでいるがん検診受診率地域包括ケア推進取り組みなどがございます。

相模原市議会 2017-03-21 03月21日-04号

運行継続条件につきましては、持続可能な公共交通として地域住民が主体となり、市や運行事業者協働利用促進に取り組むことができるよう、利用人数収支比率に一定の基準を設定しているところでございます。こうしたことから、基準につきましては、当面、現在の運行継続条件を継続していきたいと考えているところでございます。 以上、お答えを申し上げました。 ○大沢洋子議長 竹腰議員