70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

二宮町議会 2019-06-07 令和元年第2回(6月)定例会(第7日目) 本文

644 ◯10番【大沼英樹君】 そういった場合で厳しいことかもしれないですけど、公務遂行が難しいというような判断されるということも、今までにあるのかどうかわからないですけど、今までにあったのかどうかということもそうですけど、例えば、もう難しいなといったときに、分限処分ということがあると思うんですが、こういったことというのは考えられるんでしょうか。

藤沢市議会 2019-02-19 平成31年 2月 定例会−02月19日-02号

5点目の綱紀審査委員会を開催する基準につきましては、藤沢市職員綱紀審査委員会は、地方公務員法第28条に規定する職員分限処分及び同法第29条に規定する職員懲戒処分に関する事項を調査審議することを目的に設置しており、開催する基準については従前と変わりはございません。なお、判明した事案と処分との関係が明確になるよう、適用のもととなる事例につきましては見直しを行っております。  

藤沢市議会 2019-02-15 平成31年 2月 定例会−02月15日-01号

第7条は、藤沢市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部改正で、会計年度任用職員分限処分による休職期間につきましては、任期の範囲内とするものでございます。  第8条は、藤沢市職員の降給に関する条例の一部改正で、降給の分限処分について会計年度任用職員を対象に加えるものでございます。  

藤沢市議会 2018-12-18 平成30年12月 定例会−12月18日-04号

委員会の設置目的は、地方公務員法第28条に規定する分限処分及び同法第29条に規定する懲戒処分に関する事項を調査審議することでございます。次に、処分の種類及び程度につきましては、藤沢市職員懲戒処分に関する指針をもとに、本市で発生した過去の事例、他の自治体での処分なども参考とし、その非違行為社会に与える影響等を総合的に勘案し、決定しております。 ○議長(松下賢一郎 議員) 武藤議員

真鶴町議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第1日12月 6日)

例えば、この分限処分のところで、分限の前に一定期間研修を行うとか、そういうこと等を定めてるところもありますので、それについてどのようにお考えですか。 ○(総務課長)  こちらについては、職員研修でもやってかないといけないというようなところでは考えておりますが、基本的に分限自体の条例については当然、降任、免職、休職と条例の中に盛り込んでおります。

秦野市議会 2017-06-20 平成29年第2回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2017-06-20

考査委員会は公務能率の向上に寄与するための機関であり、その中で職員分限処分ですとか懲戒処分についても審議しています。  今回指摘のありました行為のうち、出勤簿の押印など、主に服務に関する部分で事実を確認できた行為については、担当課長から直接厳重注意や是正指導を行うなどの対応をとりました。

鎌倉市議会 2017-02-17 平成29年 2月定例会−02月17日-05号

これを判断するに当たっては医療判断となることから、産業医医学的所見に基づいて任命権者分限処分を行うことになります。  次に、長期休職者のコストです。  職員が疾病のため療養し、90日間の療養休暇を取得した後、休職に至った場合、休職給として1年間は給与の8割が支給されます。平成28年給与実態調査の平均給与をもとに、一人当たりの休職給を試算した場合には、年間で約450万円になります。  

相模原市議会 2016-09-27 平成28年  9月定例会議-09月27日−04号

次に、校長教頭に降任することの有無についてでございますけれども、降任につきましては、分限処分でありまして、勤務実績がよくない場合や心身の故障のため、職務の遂行に支障がある場合など、職務を十分に果たすことができない場合に、校務能率の確保という趣旨で分限処分を行う場合がございます。

藤沢市議会 2016-06-23 平成28年 6月 定例会−06月23日-06号

総務部長(武田邦博) 職員綱紀審査委員会につきましては、地方公務員法に規定されている一般職に属する職員についての分限処分及び懲戒処分を調査審査する委員会でございます。特別職である市長についてはその審査対象外となっております。 ○副議長(塚本昌紀 議員) 酒井議員。 ◆13番(酒井信孝 議員) 市政トップの市長の責任は重いと思いますが、市長は御自身の責任をどのようにお考えでしょうか。

藤沢市議会 2016-03-04 平成28年 2月 総務常任委員会-03月04日-01号

中村 職員課主幹 分限処分につきましては、職員の意に反する不利益処分でございますので、処分を行う際には、客観的事実といたしまして、分限処分に値する事実が明確かどうか、また、社会通念上も分限処分となってやむを得ないと考えられる理由かどうかということを慎重に判断する必要がございます。

大和市議会 2016-03-03 平成28年  3月 総務常任委員会−03月03日-01号

◆(宮応委員) それは分限処分になると思うが、分限処分は従来もあった。「勤務成績の評定」を削って人事評価とすることで、分限処分をしやすくすることが目的であるのか。 ◎  総務部長 そのような目的ではないが、従来、教務評定や人事評価がない上では、例えば分限処分に至らせる職員であっても、そこに至る指導プロセスなどが一切明記されない中で、動かすことは非常に難しかった。

川崎市議会 2015-12-18 平成27年 第5回定例会-12月18日-08号

それから、先ほど人事委員会事務局長の御答弁によりますと、交通局の市バス運転手以外の職員についてはクレペリンなどの適性検査は現在行われていないことがわかりましたが、分限処分で退職に至った事例を過去10年について、勤務実績と心身の故障によるものとに分けて御答弁いただきたいと思います。 ○副議長(菅原進) 総務局長

藤沢市議会 2015-03-19 平成27年 2月 定例会−03月19日-06号

平成26年度から分限処分の指針の運用が始まったわけでありますが、さまざまな状況がある中で処分の判断は簡単にはいかないことは理解をいたします。今後も恣意的な運用にならないように努めていただくとともに、人事評価制度についても縁故的な人事ではなく、納得性の高い人事考課を行い、市全体の職員力の向上に寄与する人事を行っていただきたいと思います。  

藤沢市議会 2015-03-06 平成27年 2月 予算等特別委員会-03月06日-02号

まず、分限処分についてですが、26年度の4月に分限処分の指針ができて運用が始まったということだと思いますが、ここまでの運用状況についてお聞かせください。 ◎齋藤 職員課主幹 分限処分の指針につきましては、職員の勤務実績不良や心身の故障等により、分限処分での降任や免職を行う際に厳密かつ適切に対応し、かつ恣意的な処分にならないよう手続を定めたものでございます。  

綾瀬市議会 2015-02-26 平成27年3月定例会-02月26日−01号

この条例は、職員分限処分の適正化を図るため、所要の改正をいたしたく提案するものでございます。  次に、日程第15、第5号議案・綾瀬市特別職職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例につきまして御説明申し上げます。この条例は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に伴い、所要の改正をいたしたく提案するものでございます。  

鎌倉市議会 2015-02-12 平成27年 2月定例会−02月12日-01号

実際に、その改正が行われて、勤務実績がよくない職員に対しては免職等の分限処分を行う場合、人事評価を参考にするように分限処分の手法が示されたと、いろいろとさらに詳しく書いていただいて、これは法律に書いていただいたことで、自治体としてはありがたいことだと私は受けとめておりますけれども、鎌倉市としては、この人事評価分限処分にどのようにして反映されていくかとか、そういったところを教えていただけますでしょうか