119件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大和市議会 2021-09-06 令和 3年  9月 総務常任委員会−09月06日-01号

警防課長 災害事件事故等により、多数の傷病者が発生した際に、現場において応急処置を行うための救急活動用資機材で、傷病者を搬送するための担架酸素吸入装置、テントなどである。 ◆(木村委員) 消防車両整備事業について、主要な施策の成果の説明書の中に、多目的災害対策車を1台購入とあるが、どのような車両なのか。

大和市議会 2021-03-03 令和 3年  3月 厚生常任委員会-03月03日-01号

それに加え、コロナの流行の兆しがあった頃から手指消毒、手洗い、うがい、適宜、処置に応じて必要な手袋やガウンをきちんと着用する。日々、自宅を含めた健康観察をしつつ各自の症状をつかみ、症状がある場合は、検査前でも出勤を停止することなどを徹底している。また、1階外来は1時間に3回の換気、院内放送でマスクの着用、症状がある患者の申し出を呼びかけている。

川崎市議会 2021-03-02 令和 3年 第1回定例会-03月02日-03号

次に、延命処置の希望の有無確認につきましては、病床逼迫と時間的な制約下における病院選定に直結する情報である上、医療機関から例えば、集中治療を望まない方が重度病床に入院すると直ちに重度病床が埋まってしまい、そのほかの救える命を救えなくなる可能性が高まるなどの喫緊の理由により、その有無を求められたことから、可能な範囲で確認をお願いしたものでございます。

伊勢原市議会 2020-11-05 令和2年総務常任委員会 本文 2020-11-05

事後検証とは、湘南地区メディカルコントロール協議会において事後検証の指針があり、これにより特に重篤な症例または重篤になるおそれのある症例や、救急救命士特定行為を実施した症例を対象に、登録検証医師から活動内容処置医学的検証を受け、その後の救急活動に生かしております。件数113件の内訳でございますが、心肺蘇生症例71件、脳卒中12件、心筋梗塞4件、重傷外傷5件、その他21件となります。  

川崎市議会 2020-10-29 令和 2年 10月文教委員会-10月29日-01号

冷凍保管した紙類は、解凍冊子解体乾燥洗浄などの応急処置を行う必要がありますが、解凍冊子解体の後に真空凍結乾燥機乾燥させるほうが自然乾燥よりも状態がよく、乾燥する時間も短縮できることから、真空凍結乾燥機を所有している外部支援団体の協力を得て、8月1日から冷凍保管中の紙資料乾燥処理作業を開始したところでございます。  

川崎市議会 2020-10-05 令和 2年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号

次に、委託事業者指定管理者役割分担についてでございますが、委託業務につきましては、本市が仕様書を作成し、被災収蔵品に係る応急処置を除いた修復修復調査外部倉庫での収蔵品管理等専門業者に委託しており、指定管理業務につきましては、最低限施設設備復旧収蔵庫からの搬出応急処置といった収蔵品レスキュー作業環境整備収蔵品応急処置を実施するものでございます。  

川崎市議会 2020-09-18 令和 2年 決算審査特別委員会(文教分科会 第1日)-09月18日-04号

次に、委託料の違いについてでございますが、管理運営委託料につきましては、最低限施設設備復旧や、収蔵庫からの搬出応急処置といった指定管理者が行う収蔵品レスキュー作業環境整備や、収蔵品応急処置に係る経費指定管理料として支出しており、収蔵品修復委託料につきましては、修復調査及び応急処置を除いた修復専門業者に委託する経費として市が直接支出したものでございます。以上でございます。

川崎市議会 2020-07-31 令和 2年  7月文教委員会-07月31日-01号

豊村 市民文化振興室担当課長 応急処置、可能な限りの処置をして、その上で現状保管という形になります。 ◆織田勝久 委員 現状保管といいますと、文字どおり保管だから、ある種、展示等を含めて2度と日の目は見ない、ただ、保管はするという理解でいいですか。 ◎豊村 市民文化振興室担当課長 修復困難というものは展示ができない状況になっておりますので、通常の場合は展示は行わないということです。

川崎市議会 2020-05-27 令和 2年  5月文教委員会-05月27日-01号

応急処置につきましては、4月以降、新型コロナウイルスの影響により、多くの支援団体から技術的支援をいただけない状況となってはございますが、応急処置は着実に進めているところでございます。  8ページを御覧ください。6、収蔵品レスキュー状況でございますので、御確認いただければと存じます。  

川崎市議会 2019-12-17 令和 1年 第5回定例会-12月17日-08号

まちづくり局長岩田友利) 川崎駅北口通路等警備業務についての御質問でございますが、委託内容につきましては、施設内の安全を維持するため、巡回警備保安監視等を行うことを主な業務とするもので、災害時等の混乱が予想される場合には、臨機の処置により施設利用者の安全を確保し、必要に応じて災害情報の発信にも備えることとしております。以上でございます。 ○副議長(花輪孝一) 山田議員

川崎市議会 2019-09-27 令和 1年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第2日)-09月27日-07号

また、社会情勢変化に応じた救急体制整備及び高度化する救急救命処置に的確に対応していくことが課題であると考えております。以上でございます。 ◆かわの忠正 委員 ただいまの御答弁でメディカルコントロールが24時間365日、常時実施されている、活用されている様子がわかりました。課題は、社会情勢変化に応じた救急体制整備と、高度化する救命救急処置に的確に対応していくことと見解を示されました。