491件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

綾瀬市議会 2020-12-11 12月11日-02号

ハード面の整備では、河川の氾濫防止対策として、落合地区に遊水地を整備し、内水氾濫の防止対策として、小園地区には貯留管を整備するなど、浸水被害軽減のための整備を進めてまいりました。これまで整備を行ってまいりました設備水害発生の抑制に一定の機能を果たすなど、災害に強いまちづくりが着々と進んでいると感じているところでございます。 

川崎市議会 2020-04-23 令和 2年 第2回臨時会−04月23日-02号

次に、フラップ機構つきゲートへの更新についてでございますが、排水樋管ゲートにフラップ機構を加えることで、多摩川からの逆流防止の効果に加え、ゲート閉鎖時でも内水排除が自動的に行われることになり、下水道の本来目的である内水排除がより有効に行えるという効果があるものでございまして、今後の運用の中で有効性について確認してまいります。

川崎市議会 2020-04-16 令和 2年  4月総務委員会-04月16日-01号

◎大村 危機管理室担当課長 建物被害認定調査の基準でございますが、この基準につきましては、内閣府が定めているものでございまして、内閣府基準に基づきますと、今回のような内水氾濫による被害というのは、今、委員がおっしゃられたように、水が引いてしまえば使えるだろうと、建物の躯体への影響という点での評価になっておりまして、非常に厳しいものがございました。

川崎市議会 2020-04-16 令和 2年  4月まちづくり委員会−04月16日-01号

こちらは、河港水門と同様に土のうステーションを設置するとともに、内水対策用のポンプの自動化に関する検討を進めるものでございます。  次に、(2)中長期対策でございますが、3,200万円を計上しております。こちらは、多摩川合流部の中長期対策検討として、多摩川との合流部における堤防のかさ上げ等の機能強化などについて関係機関と連携して、対策の検討を進めるものでございます。  4ページをお開きください。

川崎市議会 2020-04-10 令和 2年  4月文教委員会-04月10日-01号

既存のマニュアル等には内水氾濫に関する内容はなく、取るべき対策が整理されておらず、訓練も実施されていなかったことでございます。  13ページを御覧ください。以上の課題から、今後の対策の方針を整理しております。  初めに、前提の整理として、内水氾濫に関するハザードマップがございませんので、今回と同程度といたします。

川崎市議会 2020-04-09 令和 2年  4月まちづくり委員会-04月09日-01号

資料左のア、浸水の発生状況と水防活動につきましては、右側の水防活動の欄にございますとおり、10月12日の動員発令後、約40名体制で管内パトロールなどの水防活動を行いながら、10時に内水排水処理用のポンプを設置し、平瀬川の水位上昇に伴う水門閉鎖と併せ、ポンプを稼働させ排水作業を行ってまいりましたが、水色で着色した15時頃から始まった浸水により、16時50分には避難指示が発令されたことにより、職員及び緊急業者

川崎市議会 2020-03-16 令和 2年  3月まちづくり委員会-03月16日-01号

そんな中、また再上昇しておるんですが、それがたしか夜になったかと思いますけれども、その際にはうちのほうもやはり内水の水の排除というところが重要だと考えまして、国土交通省さんのほうにポンプ車を依頼して、夜中、三沢川の水を多摩川のほうに放水して、その洪水を何とかとどまることをしないようにポンプで流していったというところでございます。

川崎市議会 2020-03-16 令和 2年  3月環境委員会-03月16日-01号

また、シミュレーションによる結果からは、内水氾濫の危険を考慮した判断はやむを得ないと考えておりますが、河川水の逆流による土砂被害を考慮すると、操作手順の見直しが必要であるとしております。  以上のことから、課題として、河川水の逆流防止、内水の排除を挙げております。  86ページをごらんください。短期対策内容の検討でございます。

川崎市議会 2020-03-13 令和 2年  3月総務委員会-03月13日-01号

でも、その間、現実に昨年台風19号の災害が発生して、内水氾濫とかいろんなことを目の当たりにしたわけですよ。そうなってくると、万が一にも大きな地震等が発生し、浸水等が浮島で起こった場合に、仮置きをやっている飛灰等が流出しかねない。これは喫緊の課題として対策を講ずるべきだと思いますけれども、危機管理監、どう思われますか。

川崎市議会 2020-03-12 令和 2年 予算審査特別委員会−03月12日-04号

内水ハザードマップの活用も含め、抜本的な見直しに向けて検討されるとのことなので、よろしくお願いしたいと思います。  次に、下水道事業会計の1款1項9目総係費12億521万2,000円について、上下水道事業管理者に伺います。先ほどのテーマでもありますけれども、内水ハザードマップについてです。昨年の令和元年東日本台風では、内水氾濫による甚大な浸水被害が市内で発生しました。

藤沢市議会 2020-03-10 令和 2年 2月 定例会−03月10日-04号

初めに、藤沢市雨水管理総合計画の策定についてのソフト対策についてでございますが、現在、浸水被害の予測として浸水シミュレーションを活用し、市民の御意見を踏まえた、精度を高めた内水浸水想定区域図の作成を進めております。引き続き、令和2年度は防災部局と連携して、作成した浸水想定区域図を避難訓練で活用するなど、市民の自助、共助を効果的に促進するソフト対策を進めてまいります。

川崎市議会 2020-03-09 令和 2年 予算審査特別委員会-03月09日-01号

台風当日の23時10分には降雨が実測されなくなりましたけれども、発令中の大雨警報解除されておらず、一方で河川水位は下降傾向にあることを確認したことから、内水を排除するため、排水樋管ゲートの閉鎖は行わないと判断したものでございます。以上でございます。 ◆春孝明 委員 諏訪排水樋管周辺地域ではこれまで移動式ポンプを使い排水をしてきました。

川崎市議会 2020-03-09 令和 2年 予算審査特別委員会−03月09日-目次

242、まちづくり局長−241、    243〕   かわの忠正委員………………………………………………………………………… 243    障害者ショートステイ(市営小向住宅)の整備について〔健康福祉局長−243、    244〕    市営住宅棟における生活相談員等の有効活用について〔健康福祉局長−244〕    洪水ハザードマップの改善について〔建設緑政局長−245、危機管理監−246〕    内水

厚木市議会 2020-03-09 令和2年 総務企画常任委員会 本文 2020-03-09

内水浸水に関しては、南と北のほうでそれぞれ対応をということで先ほども御答弁がありましたけれども、洪水浸水に関する部分でお伺いしたいのですが、例えば前回の台風のときは相模川は決壊しませんでしたけれども、小田急線の橋脚があることで、例えば上流から橋脚を塞いだ状態で決壊した場合等の想定をすると、中町第2-2地区にどのような洪水が起こると想定しておりますか。

厚木市議会 2020-03-09 令和2年 総務企画常任委員会 本文 2020-03-09

内水浸水に関しては、南と北のほうでそれぞれ対応をということで先ほども御答弁がありましたけれども、洪水浸水に関する部分でお伺いしたいのですが、例えば前回の台風のときは相模川は決壊しませんでしたけれども、小田急線の橋脚があることで、例えば上流から橋脚を塞いだ状態で決壊した場合等の想定をすると、中町第2-2地区にどのような洪水が起こると想定しておりますか。