2002件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2021-03-01 令和 3年 第1回定例会-03月01日-02号

その上で、家庭におけるネット利用留意事項等について、保護者学校が十分に共通認識を持って端末活用した家庭学習を行えるよう取組を進めてまいります。わくわくプラザや寺子屋における端末使用につきましても、安全な使用に向けましては家庭での活用と同様の手順を踏む必要があると考えておりますので、まずは学校内での活用を充実させた上で、今後の取組に向けて検討をしてまいります。  

茅ヶ崎市議会 2020-12-18 令和 2年12月 第4回 定例会−12月18日-07号

また、関係機関との連携につきましては、要保護児童対策地域協議会代表者会議を通じて、組織としての連携の強化を図っているほか、DV相談担当者との意見交換スクールソーシャルワーカー等との役割明確化児童相談所職員との定期的な支援進捗状況確認など、実務担当者間での共通認識についても深めております。  

茅ヶ崎市議会 2020-12-17 令和 2年12月 第4回 定例会-12月17日-06号

今期総合計画においては、政策共通認識を掲げ、その一つ共生社会、つまり、男女共同参画社会形成でした。全ての施策、事業実施において、共生社会形成という認識を念頭に置いて実行するということでした。男女共同参画推進プラン推進体制の特徴は、附属機関であるプラン協議会委員庁内関係課長級職員で構成する男女共同参画推進会議との意見交換の場があるということだと思います。

大和市議会 2020-12-16 令和 2年 12月 定例会−12月16日-04号

実際の森づくりの現場では、利用者周辺住民だけでなく、山林所有者森づくりに関わるボランティア、そして、管理者である行政など様々な関係者が存在し、それぞれが異なる意見を持っているために、その意見を基に協議した上で、共通認識の下で作業していくためにも、保全管理計画は必要であるとしています。

厚木市議会 2020-12-15 令和2年 都市経済常任委員会 本文 2020-12-15

国もここ過去3年ぐらいはかなり上げてきていますし、今年はコロナ関係もあって、基本据え置きですけれども、各県においては、一部やはり最低1円ずつ上げている県も多数ございますので、そういう意味では、これは引き上げていく必要性があるということは、官民とも共通認識はされていると思います。

茅ヶ崎市議会 2020-12-15 令和 2年12月 第4回 定例会−12月15日-04号

そういうわけではございませんが、NECと1次下請、2次下請、3次下請それぞれがございますが、そこでの共通認識が漏れていたということで確認をしております。以上です。 ○水島誠司 議長 藤村優佳理議員。 ◆6番(藤村優佳理 議員) 3次下請の株式会社三我について伺います。  

大和市議会 2020-12-15 令和 2年 12月 定例会−12月15日-03号

現在、庁内連携をスムーズに行うため、つなぐシート使用相談支援を行っていますが、このような連携ツール使用することは、関係する職員共通認識問題意識を持つことができることから、質の高い相談体制を構築する手段の一つと考えております。今後、議員提案の他市における取組なども参考にしながら、このつなぐシートをほかの様々な分野課題にも幅広く活用できるよう様式の見直しなどを行ってまいります。  

相模原市議会 2020-12-15 12月15日-04号

◆16番(岡本浩三議員) 今後、より効果的な地域包括ケア体制を構築するには、ケアラー本人の人生を支えるという見方で、ケアラーを尊重する支援を行うケアラー支援視点社会全体の共通認識とすることが不可欠と考えます。ケアラーを対象とした支援をより明確化して、相模原市高齢者保健福祉計画に取り入れるとともに、取組推進していくことが重要と考えますが、見解をお伺いいたします。

藤沢市議会 2020-12-14 令和 2年12月 定例会−12月14日-05号

今後も電磁波過敏症の申出があった場合、その対応について市内学校全体で共通認識を持って対応する必要があると考えますが、市の対策をお伺いいたします。 ○議長加藤一 議員) 須田教育次長。 ◎教育次長須田泉) 電磁波過敏症などの体調不良を申し出る児童生徒への対応につきましては、各学校に適宜、健康面を配慮した学習活動が進められるような様々な情報提供を行い、共通認識を図ってまいりたいと考えております。

海老名市議会 2020-12-10 令和 2年12月 第4回定例会−12月10日-02号

また、各種団体見直しにつきましては、コロナ禍におきまして、団体活動自体が中止や延期など実施できていない状況もあり、調整が遅れているのが現状でございますが、各種団体現状課題を洗い出し、共通認識を持った中で、今後の50年を見据えた、あるべき姿を見出すため、継続的に協議を進めてまいりたいと考えております。  

秦野市議会 2020-12-08 令和2年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2020-12-08

そして、庁内をはじめとしたネットワークを強化し、縦割りの仕組みから、その問題を抱えている人や世帯を総合的に支援する包括的な体制の周知を図ることで、各相談支援機関共通認識の下、地域共生支援センター関係機関とが緊密に連携し、情報共有等を行うことで地域共生社会の円滑な推進を図ってまいりたいと考えております。  

川崎市議会 2020-12-08 令和 2年 12月健康福祉委員会-12月08日-01号

医療提供体制であったり、人員の確保、養成ということが書かれていますけれども、本市はとりわけ、医務監も学長を務めていらっしゃいますけれども、看護短大があって、そこから人材を輩出するという、ある意味医療人材確保とか資源ということに対してはメリットがあるわけなんですけれども、そういった新しく看護師さんであったり、保健師さんになられた方が、この間、看護短大というのは市内医療機関に対する定着率は低いよというのが共通認識

伊勢原市議会 2020-12-04 令和2年12月定例会(第4日) 本文

こうした包括的な支援体制の構築に関しましては、一朝一夕で進められるものではありませんが、各分野共通認識を持ち、地域住民関係機関等への理解も深めながら、また、モデル事業を実施しております他市町村の先進事例なども参考にしながら、本市の実情に見合った体制整備検討してまいりたいと考えております。  以上です。 6: ◯議長舘大樹議員】  経済環境部長

藤沢市議会 2020-12-04 令和 2年12月 総務常任委員会-12月04日-02号

このような組織をさらに――例えば行政委員会がまたがるところについては、手法が難しい部分もあるんですけれども、もう一つ職員意識を高めるために、共通認識として業務課題の解決に当たるために、規則や訓令等の規定に基づいた中で、組織の位置づけを考えていきたいと考えています。条例のような全庁的な組織とは少し――個別の課題対応する課の意識づけに使いたいと考えております。

湯河原町議会 2020-12-03 令和2年町税等徴収対策強化特別委員会 本文 開催日:2020年12月03日

いま、委員長お話をしていただいた中で、今後は、7月20日の委員会で取り扱った資料について、お話をされてるんだなというところでございますが、個人を特定できないような形にしていくというのは、皆さんの最低限の決まり事というところで、それは共通認識としていただきたいと思うところでございますが、まず皆さん、この委員会の設立されている意義だとか、そういった必要性を考えて、この湯河原町にとって、この町税というのは