17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

真鶴町議会 2020-08-21 令和 2年第5回定例会(第4日 8月21日)

3番目、公共汚水設置工事83万2,640円、皆増。3番、広域公共下水道建設事業費負担金、前年度に対し3,954万2,801円の減。湯河原町に対する負担金で、建設負担金及び元利償還負担分。一番下、路面復旧事務費負担金44万1,000円は皆増。県道の掘削に係る事務費。前年度ありました普通旅費管渠実施設計業務委託料は皆減。  3款1項公債費、1目元金支出済額7,563万1,345円。

真鶴町議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第3日 9月 5日)

前年度ありました公共汚水設置工事、公共下水道事業計画変更委託料は皆減。  次の179、180ページをお願いいたします。  3款公債費、1項公債費、1目元金支出済額7,009万3,725円。前年度に対し、427万4,398円の増。不用額275円。  備考欄町債償還残金、4件増の58件分。  2目利子。支出済額2,509万3,491円。前年度に対し、121万8,378円の減。

真鶴町議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第3日 9月 6日)

下から2番目、公共汚水設置工事145万1,013円。新規。  広域公共下水道建設事業費負担金、前年度に対し4,869万1,539円の減。工事に対する建設負担金及び元利償還負担金。  3款公債費、1項公債費。  1目元金支出済額6,581万9,327円。前年度に対し345万4,011円の増、不用額21万4,673円。  備考欄010町償還元金3件増、54件分。  

寒川町議会 2018-09-01 平成30年第1回定例会9月会議(第1日) 本文

今回の補正につきましては、国庫補助金内示額変更による増額及び資本的支出における管渠建設事業費のうち、公共汚水設置工事費の増額により補正を行うものでございます。  それでは、資料に基づきご説明させていただきます。第1条につきましては、公営企業法の規定に基づき補正予算を定める総則となります。  

寒川町議会 2018-06-01 平成30年第1回定例会6月会議(第1日) 本文

款資本的支出1項建設改良費のうち、下水道整備事業費建設改良費繰越額といたしまして、公共汚水設置工事その9)、大曲幹線枝工事におきまして、夜間工事における交通誘導員人員確保に時間を要し年度内における工事期間確保ができなくなったことにより、事業費平成30年度に繰り越しするものでございます。

真鶴町議会 2016-08-24 平成28年第3回定例会(第3日 8月24日)

公共汚水設置工事5万1,840円皆増。地権者より接続申し出があったための設置費下水道施設用地購入費24万3,093円皆増。マンホールポンプ制御盤設置土地を購入するための費用。広域公共下水道建設事業費負担費8,556万5,901円、前年度に対し715万9,669円の増。事故繰越263万9,000円は、この負担金にて執行。  

愛川町議会 2015-09-18 09月18日-05号

この増額要因についてでありますが、増減額それぞれの主な要因として、まず減額要因といたしまして、公共汚水設置工事人孔蓋改築工事などの経費が減となり、約840万円の減額となっています。 一方、増額要因としまして、汚水管整備箇所及び舗装復旧工事費が増となり、約1,240万円増加したことにより、減額要因と相殺された結果、398万9,440円の増となったものです。 

綾瀬市議会 2004-09-03 09月03日-02号

2目管きょ管理費につきましては、公共下水道の適正な管理保全を図ったもので、備考欄1の下水道施設維持管理経費は、公共汚水設置工事、下水道施設維持管理工事に要した経費でございます。15年度では120件の桝の設置をしてございます。2雨水管ょ維持管理経費は、雨水幹線草刈り委託雨水管理補修工事等に要した経費でございます。 

綾瀬市議会 2004-03-02 03月02日-01号

2目管きょ管理費でございますが、説明欄1の下水道施設維持管理経費は、下水道施設の適正な管理保全を図るための経費で、公共汚水設置工事100カ所の整備をはじめ、公共汚水桝補修工事管更生工事人工桝取りかえ工事等経費でございます。2の雨水管ょ維持管理経費では、適正な雨水管ょの維持を図るための管理委託雨水管補修等に要する経費でございます。 

湯河原町議会 2003-12-02 平成15年第5回定例会(第2号) 本文 開催日:2003年12月02日

公共汚水設置工事費及び吉浜マンホールポンプにつきましては、不用額を整理させていただいたものでございます。  4款1項1目 予備費につきましては、歳入歳出調整額を25万2,000円減額するものでございます。  22ページ以降につきましては、給与費明細書等でございますので、省略させていただきます。  

  • 1