運営者 Bitlet 姉妹サービス
2434件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 その後、年数が進み、平成7年ごろに都市銀行初の北海道拓殖銀行の破綻に始まり、山一證券、三洋証券の相次ぐ倒産と、今まで想定外の出来事でした。また、平成19年にはリーマンショックが襲いました。今でも日本経済の回復がおくれ、失われた20年とまで言われ続けております。そして、安倍政権が経済の物価目標2パーセントを達成するため手を打った日銀による低金利政策を初め、過去にないマイナス金利誘導と続いております。 もっと読む
2018-12-01 二宮町議会 平成30年第4回(12月)定例会(第1日目) 本文 帝国データバンクの調べでは、高齢者福祉事業者の倒産というのはやっぱり近年増えているという指摘をされています。一昨年のデータでいきますと、全国で91件あったと。  ところが、社会福祉法人の倒産は1件だけなんです。というのは、社会福祉法人の場合、ほとんどの場合は、当然、法人自身は県が所管している。 もっと読む
2018-12-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会12月会議(第3日) 本文 その後バブルが崩壊し、特に平成9年から10年、1997年から98年にかけての大手金融機関、北海道拓殖銀行や山一証券などの倒産が、我が国経済に深刻な打撃を与えたところでございます。  私は、この頃、平成11年1999年に大学を卒業いたしましたが、当時は本当に就職先のない時代でございました。その後景気は回復いたしましたが、平成20年2008年のリーマンショックにより再び我が国の経済は低迷いたしました。 もっと読む
2018-09-25 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月25日−05号 また、経営の基本となる現場の最終責任者として、機長として、この間、日本航空の破綻、倒産から再生を見てきました。不思議なことに、現場はその実感がないことが怖いなと思いました。反省して、ゼロからやり直すしかありません。  そこで、稲盛和夫日本航空名誉会長と出会い、人間として、社会人として、経営者として、その心構えを間近で教えていただきました。旅客機の運航は、まさに経営そのものだと稲盛さんは言いました。 もっと読む
2018-09-13 座間市議会 平成30年予算決算常任委員会都市環境分科会( 9月13日) 例えば、中小企業者が事務所を設置したときに1,000万円を限度としての補助の対象だとか、あるいは新規事業を展開した場合の補助、あるいは、新製品開発事業に関する補助、共同研究に対する補助、あるいは倒産防止に対する補助、それから、インターネットショップ等の販路拡大した場合の補助、それから、生産性向上機器導入に関する補助、これはちょっと似通っている点もあるかもしれないけれども、あと、人材確保事業なんかでも もっと読む
2018-09-11 秦野市議会 平成30年予算決算常任委員会 本文 開催日: 2018-09-11 平成29年度に不納欠損とした延べ2,932人、金額は約1億6,000万円でございますが、これについて要因別に説明いたしますと、財産がない、または生活苦であることが延べ2,413人で、金額は約1億1,000万円、所在が不明であることが延べ432人で、金額は約4,500万円、倒産または営業不振であることが延べ87人で、金額は約600万円となっております。   もっと読む
2018-09-11 座間市議会 平成30年予算決算常任委員会企画総務分科会( 9月11日) ○松橋委員  この収納される権利が消滅するに当たって、多分地方自治法に沿って消滅すると思うのですけれども、まず、第236条ということでは時効が完成したもの、これ5年たったものですけれども、さらには、第96条の権利の放棄がなされたもの、さらには、第240条の市長が債権の免除をした場合とか、または会社の倒産、生産が終了したもの、また、相続の責任が負えなかったもの、いろいろと理由があると思うのですけれども もっと読む
2018-09-10 中井町議会 2018年09月10日 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 平成29年度の町税の収納状況については、町税全体の収納率は98.66%と前年度と比べ0.12ポイント下げていますが、これは企業の倒産により徴収困難となったケースが生じたことなどによるものです。この徴収率は、県下14市町村の中では清川村、葉山町に次いで第3位と高い水準にあります。債権管理や不能欠損処分については、地方税法等に基づき適正に処理されています。 もっと読む
2018-06-27 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月27日−05号 その売電先として、新電力大手の日本ロジテック協同組合と売買契約を結んでいましたが、同協同組合は163億円の負債を抱え、平成27年度に倒産しました。本市でも日本ロジテックからの売電収入が未済、未収入となり、損失が出ています。本市だけでなく、他の自治体でも同様の損失が出ています。 もっと読む
2018-06-27 大和市議会 平成30年  6月 定例会−06月27日-05号 労働者が安心して働くためには企業経営の安定が必要であり、特に中小企業の経営が圧迫されて、倒産、廃業に追い込まれれば、到底安心して働くことはできません。中小企業へのさらなる支援など、引き続いて積極的な取り組みを求めるものであります。  よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。 もっと読む
2018-06-18 相模原市議会 平成30年  6月 市民文教委員会-06月18日−01号 また、ちょうどバブルが崩壊したころ、ダンピングが随分あって、それが下請に行き、下請を泣かせるなという話になって、それでも耐えられなくなると、工事を受けて、ダンピングをして受注をして、前受け金をもらって倒産するということもあった。やはり適正な経営というのは非常に重要だと思っている。 もっと読む
2018-06-12 藤沢市議会 平成30年 6月 総務常任委員会-06月12日-01号 消費不況が長期化する中で、中小商工業者は倒産・廃棄の危機に直面しています。そうした状況のなかで、業者婦人は家族従業者として、また事業主として営業に携わりながら、家事、育児、介護と休む間もなく働いていますが「所得税法第56条の規定により、配偶者と生計を一にする家族が事業に従事した場合の対価は、必要経費に算入しない」こととされています。 もっと読む
2018-06-02 平塚市議会 平成30年6月定例会(第2日) 本文 例えば、社会情勢の変化によって事業者が倒産するということもあるかもしれません。基本的には、今回、事業者を公募し審査をする段階では、会社の経営状況ですとか、あるいは財務状況等を審査させていただいて、事業継続が可能な事業者を選んでいきたいなというふうに思っておりますが、一方で、リスク回避の考え方は必要というふうに思っています。 もっと読む
2018-03-08 茅ヶ崎市議会 平成30年 3月 環境厚生常任委員会−03月08日-01号 個人企業は健康診断を受けられていない方も結構いるので、自営業者の負債、倒産等の危機の要因の状況について検討して意見をいただくことで、商工会議所の代表に入ってもらうことを考えた。 ◆小島勝己 委員 茅ヶ崎市内で自殺する人は何人ぐらいいるのか。 もっと読む
2018-03-08 海老名市議会 平成30年 3月 第1回定例会−03月08日-03号 日本全国でも小規模運営事業者が大体100件以上、平成15年の実質的な介護報酬の引き下げによって、倒産したり、事業者変更ということが行われているのが実態でございます。海老名市でも中小というのは非常に厳しい運営というふうに聞いております。ここら辺はこれから第7期がスタートして、県から管理監督が海老名市に移譲されると聞いておりますが、そこら辺に関してどのような状況なのか、お聞きしたいと思います。 もっと読む
2018-03-07 中井町議会 2018年03月07日 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 それら以外の減免については、例えば、いわゆる非自発と言われている、例えば現在入っている被用者保険のところの会社が倒産等をされたことによって国民健康保険に移ってくる場合というところについては国民健康保険税の減免をさせていただいているところなんですけれども、それらの方については大きな変化はございませんので、一番大きな原因は先ほど述べた原因なのかなというふうには感じてございます。以上です。 もっと読む
2018-03-06 海老名市議会 平成30年 3月 文教社会常任委員会-03月06日-01号 ◎保険年金課長 この制度の対象となりますのは、会社の倒産や解雇、雇用期間の満了などで自分からやめるといった形ではない、非自発的な理由で失業された65歳未満の方で、前年度所得を30%として保険税が算定されるような制度なのですが、この非自発的な理由であるということの証明としてハローワークの手続が必要になります。 もっと読む
2018-03-05 藤沢市議会 平成30年 2月 定例会-03月05日-05号 今日の日本で貧困は特別の事情ではなく、倒産、失業、リストラ、病気、親や家族の介護で職を失えば、誰もが貧困に陥っておかしくない状態に置かれています。また、生活扶助基準の引き下げは、住民税、保育料、介護保険料、就学援助、最低賃金などに連動し、広範な市民住民の生活に重大な影響を与えます。 もっと読む
2018-02-27 大和市議会 平成30年  2月 文教市民経済常任委員会−02月27日-01号 第9条の「市長がやむを得ないと認める場合」は、企業自体が倒産したときはやむを得ない場合に当たるのではないか。  第10条のできる規定は、第9条のやむを得ない場合等も含めてのできる規定である。 ◆(中村委員) 健康企業奨励金以外にも、新規立地奨励金、事業拡大奨励金、設備投資奨励金、投資促進奨励金があり、このほうが企業活動の促進に直接的に結びつくものだと思う。 もっと読む
2018-02-26 真鶴町議会 平成30年議会全員協議会( 2月26日) 悪質な施設に対する事業停止命令の新設、前払金保全措置の義務の対象拡大、入居している施設が事業停止・倒産した際の都道府県等による必要な入居者への援助、各施設が提供するサービスの報告義務化と施設情報一覧の公表の義務化を行う。   もっと読む