8528件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茅ヶ崎市議会 2019-06-25 令和 元年 6月 文化教育常任委員会-06月25日-01号

香川児童クラブについては、学校から離れていることで、登所時の安全面であるとか、今の保育の環境について支援員や児童の保護等にいろいろ意見を今でも伺ってきた。香川小学校は市内で唯一小学校ふれあいプラザが実施できていないので放課後の居場所を充実させたいとの思いもあり、優先して整備した経過がある。 ◆藤村優佳理 委員 規模が変わることなど、新しい施設になることによるメリットを伺いたい。

茅ヶ崎市議会 2019-06-25 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月25日-05号

そこで市は、平成28年度よりネット時代のメディア・リテラシーをテーマとした啓発講座を、市民を初め、児童・生徒の保護を対象として教育委員会との共催により毎年実施しております。加速化する情報化社会の中、人権尊重のためのメディア・リテラシーを子供のうちから正しく身につけることの必要性や重要性が年々高まっていることから、引き続き教育委員会と連携した啓発事業を行ってまいります。  

座間市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5日 6月25日)

子ども未来部所管、分担金及び負担金、負担金、民生費負担金、児童福祉費負担金の保育所保護負担金(給食副食費)1,139万4,000円は、幼児教育・保育無償化に伴い、食材料費(副食費)の取り扱いが保護からの実費徴収となったことによる公立保育園分の予算措置についてです。

茅ヶ崎市議会 2019-06-24 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月24日-04号

こどもセンターに相談がつながる経路としては、子育てをしている中で子供の発達に不安を感じ、直接保護の方から御相談いただく場合のほか、健診の機会等を通じて保護の方から相談をお受けする場合や、保育園、幼稚園等からの依頼により、巡回相談員が各園を巡回することで、こどもセンターの相談につなげる場合等が挙げられます。

平塚市議会 2019-06-21 令和元年 環境厚生常任委員会 本文 2019-06-21

また、給食のことですけれども、給食は教育・保育活動の一環であり、どの施設でも給食費も無償化すべきとの声が保護の間から上がっています。給食費を実費徴収することに反対いたします。  それと、未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金を支給するということは、消費税増税を当て込んで、増税の負担軽減のために導入される。

茅ヶ崎市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月21日-03号

特別な配慮を必要とする児童・生徒数が年々増加傾向にある中、保護の方々との就学相談等の中でも、お子様が暮らす地域の学校に特別支援学級の設置を求める御家族の切なる願いが数多く届いており、全校設置に向けては、これまで以上のスピード感のある対応が求められていることも感じております。

海老名市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 第2回定例会−06月21日-04号

地方交付税不交付団体として、教育費の保護負担の軽減、高齢者、障がい者施設で働く人々の待遇改善に使い、待機者の減少を目指すなど、市税の有効な使い方に留意すべきです。  以上、家庭系ごみ一部有料化、戸別収集に関する費用とプレミアム付商品券の発行事業一般向けが含まれていることから、2019年度海老名市一般会計補正予算(第1号)について反対します。                  

平塚市議会 2019-06-21 令和元年 教育民生常任委員会 本文 2019-06-21

今現在は保護の方が希望される場合、幼稚園で受け皿があれば園児を受け入れるということで、今後もそれは変わらないんですが、国のほうの預かり保育の利用料の補助を受けられる方というのが、その園児さんの御家庭が保育の必要性があるかないかということで、補助対象となるかならないか、要は親御さんが就職されていたり、求職中であったり、保育園の2号認定の条件と同じような条件で保育の必要性がある園児さんについては、国はその

茅ヶ崎市議会 2019-06-20 令和 元年 6月 第2回 定例会-06月20日-02号

報道されている児童虐待事件においても、保護の側が虐待を否定する理由として、しつけのための体罰を挙げている例が多く見られます。昨日の衆議院本会議において体罰禁止を盛り込んだ児童虐待防止法等の改正案が可決、成立したことから、今後、たたかない子育てを進めていくためにも保護への支援が重要になってくると考えております。

平塚市議会 2019-06-20 令和元年 都市建設常任委員会 本文 2019-06-20

1回目の答弁では、修繕できない場合には撤去するよ、地元の自治会の了承は得ているよということなんですけれども、安全点検のやり方、また、地元の自治会長さんは御存じかもわかりませんけれども、実際に小さい子どもと一緒に遊ばせている保護から、滑り台を使っていたのに知らぬ間になくなってしまったという声も時々聞きますので、そのあたりについて本当に住民、地域の方、利用者に連絡が行っているのかどうなのかということについてお

海老名市議会 2019-06-19 令和 元年 6月 第2回定例会−06月19日-03号

保護の負担軽減についてお聞きします。  無償化は原則、小学校就学前の3年間とし、幼稚園、認可保育施設や認可外保育施設の3歳から5歳の子どもと、住民税非課税のゼロから2歳の子どもが対象です。具体的に保育にかかわる保護負担の何が無償となるのか、無償にならないものは何かをお聞きします。  2番目、保育の質の確保についてお聞きします。  

海老名市議会 2019-06-18 令和 元年 6月 第2回定例会−06月18日-02号

1番目の「幼児教育・保育の無償化に伴う保護負担のあり方」についてでございます。  幼児教育・保育の無償化は、3歳から5歳までの子ども及びゼロ歳から2歳までの住民税非課税世帯の子どもについて、幼稚園、保育園、認定こども園等の保育料を無償化するものであります。無償化における新たな保護負担になるものとして、副食費を実費徴収する予定になっております。

平塚市議会 2019-06-17 令和元年 議会運営委員会 本文 2019-06-17

内容についてでございますが、請願事項にもございますように、子ども、保護のニーズに応じたきめ細やかな教育を実現し、豊かな教育環境を整備するため、基礎定数化を含めた計画的な教職員定数改善を早急に推進することなど、3つの項目にわたっての請願でございます。国の関係機関に意見書の提出をお願いするというものでございます。  本件につきましては、教育民生常任委員会に付託をしてはいかがかと存じます。  

座間市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第4日 6月11日)

教育基本法第10条は、父母そのほかの保護は、この教育について第一義的責任を有するものとしており、国及び地方公共団体は家庭教育の自主性を尊重しつつ保護に対する学習の機会及び情報の提供、そのほかの家庭教育を支援するために必要な施策を講ずるよう努めなければならないと規定している。よって、座間市議会は、国に家庭教育支援法の制定を求める」というものであります。  

茅ヶ崎市議会 2019-06-10 令和 元年 6月 環境厚生常任委員会−06月10日-01号

◎保健企画課長 歯科については、重度の齲蝕予防、幼児に対する対策と保護に対しての保健指導の延長線上の中で行われる処置であるので、事業は引き続き今後ともやるところから残している。 ◆加藤大嗣 委員 食品、飲料水の試験と、便に対する検査2項目を廃止するが、理由は何か。

座間市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第3日 6月10日)

本事業の対象者は、座間市に居住する生活保護受給世帯及び生活困窮者世帯の小学生、中学生及び高校生とその保護、その他、市が本事業による支援が必要と認めるものとなっております。実施場所は、市と社協が協議の上、地域の状況に適した場所としており、現在、社協と協定を結んでいる団体は2団体、西栗原に1カ所、相武台に1カ所となっております。