運営者 Bitlet 姉妹サービス
6937件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-11 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会-03月11日-01号 御指摘の点は、私たちも認識しておりまして、この間という言い方では変ですけれども、オリンピック・パラリンピックの関係もありまして、川崎市でパラムーブメントということで進めている中で、若干その歩みも遅いという御指摘も受けている中で、今、御指摘にあったような点についても、スポーツに限らず、文化とかいうことの中で、さまざまな状況の違う方々が、一定程度の満足が得られるような形のサービスをしていくということが、供給 もっと読む
2019-03-11 川崎市議会 平成31年  3月まちづくり委員会−03月11日-01号 持続的で安定した墓地供給や市民ニーズに対応した墓地整備を進めるためには、用地取得や整備工事などの事業が集中する期間においても、その財源を計画的に確保する必要があることから、今回、墓地整備事業基金を設立したものでございます。 ◆石川建二 委員 ありがとうございます。 ○堀添健 委員長 ほかに質疑、意見・要望がなければ採決に入りますが、よろしいでしょうか。                  もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月環境委員会−03月08日-01号 具体的な土地利用規制の見直しの内容ですが、まず、用途地域の変更でございますが、現状は第二種中高層住居専用地域が指定されておりますが、工業用水道事業等の重要施設として、工業用水等を将来にわたって安定的に供給するため、浄水場等の立地に適した用途地域である準工業地域への変更に向けて取り組みを進めます。   もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 ◎大澤太郎 環境局長 余熱利用施設についての御質問でございますが、ヨネッティー堤根につきましては、平成35年度から予定している堤根処理センターの建てかえ工事に伴い余熱の供給が停止すること、施設の老朽化が進行していることなどを踏まえ、この間、今後のあり方について検討を進めてまいりました。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 ◎高橋実 危機管理監 救助実施市の指定についての御質問でございますが、昨年6月の災害救助法の改正により救助実施市制度が創設され、指定都市につきましては、救助実施市として指定を受けることで、災害時に必要な物資の供給、避難所運営など被災者のニーズを的確に把握し、災害救助の円滑かつ迅速な実施が可能となりましたことから、指定申請に向けて準備を進めてきたところでございます。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 ◎綿貫康治 まちづくり局長 車椅子使用者向け住宅への申し込みについての御質問でございますが、川崎市住宅供給公社において登録の受け付けを行っておりまして、空き住戸が生じた際には、登録した順番に従い入居のあっせんをしているところでございます。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 企業団の水がとまり、相模隧道も被害を受けた場合、本市はどのように水を供給するのか伺います。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 〔副市長 加藤順一登壇〕 ◎副市長(加藤順一) 初めに、卸売市場についての御質問でございますが、商取引の多様化や卸売市場法の改正など変化の激しい現下の状況におきまして安全・安心な生鮮食料品を安定的に市民に供給し続けていくためには、場内事業者を中心とする市場関係者との信頼関係の構築は大変重要であると考えております。 もっと読む
2019-02-12 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号 水の安定した供給・循環を支える取り組みとして、上下水道事業につきましては、市民生活に欠かすことのできない生活基盤である水道及び下水道の老朽化対策や耐震化とともに、応急給水拠点の整備や下水道の高度処理化を進めるなど、安全で安定した水の供給と適切な排水機能の確保、災害時の機能維持を図ってまいります。   もっと読む
2019-02-08 川崎市議会 平成31年  2月まちづくり委員会-02月08日-01号 次に2、基金の設置目的でございますが、本市では平成30年度から平成37年度における市営霊園の整備内容を定めた川崎市営霊園整備計画を平成30年3月に策定したところでございまして、本計画に基づく持続的で安定した墓地供給や市民ニーズに対応した墓地整備を進めるためには、用地取得や整備工事など、事業が集中する期間においてもその財源を計画的に確保する必要があることから、墓地整備事業に充てるための基金を設置するものでございます もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月環境委員会-02月06日-01号 余熱利用計画については、ごみの焼却で得られた蒸気を利用して高効率発電を行うとともに、隣接する余熱利用施設であるヨネッティー堤根へ余熱を供給いたします。公害防止計画につきましては、排出ガスの5つの物質について、法令規制値に上乗せした自主基準値を設定し、その他の項目については法令規制値を遵守する計画としております。ごみ処理施設の処理方式については、ごみ焼却施設ストーカ式といたします。   もっと読む
2019-02-04 川崎市議会 平成31年  2月総務委員会−02月04日-01号 3つ飛びまして、介護保険事業会計は6.7%の増となっておりますが、これは主に、介護給付の供給見込量の増に伴う介護サービス費の増によるものでございます。  次の港湾整備事業会計は35.3%の減となっておりますが、これは主に、JR東海からの東扇島堀込部土地造成事業収入の減による港湾整備事業基金積立金の減によるものでございます。   もっと読む
2019-01-31 川崎市議会 平成31年  1月健康福祉委員会-01月31日-01号 ◎工藤 保健医療政策室担当課長 これもそもそものところで、需要と供給といいますか、川崎市で養成する看護師だけでは正直足りません。やはり、他都市から来てくれているのが実態でございます。ですので、仮にこの4年制大学で、今、100人定員を考えていますけれども、それを200人にしても300人にしても、川崎市から輩出する看護師で川崎市内の看護人材を賄い切ることはできないところでございます。 もっと読む
2019-01-24 川崎市議会 平成31年  1月健康福祉委員会-01月24日-01号 ◆三宅隆介 委員 医療にしても、供給と需要があって、明らかに需要が不足して、供給が余っているという状態であればわかるのですけれども、今、医務監の話を聞く限り、そうではないと思うんですね。日本全体として。 もっと読む
2019-01-24 川崎市議会 平成31年  1月まちづくり委員会-01月24日-01号 それと、同じく多摩区のところで、浄水場のことが変更点としての資料、御紹介がありましたけれども、きょうの資料の1の(2)―1ですか、それの最終ページになるのか、そこで一番下、その他のところで多摩区構想のところの「生田浄水場の機能に関し、将来にわたる水道水の安定的な供給について記載を補足する」というような変更の概要がありましたけれども、これは従来は工業用水の安定的供給を見据えたということで、生田浄水場の もっと読む
2019-01-24 川崎市議会 平成31年  1月総務委員会-01月24日-01号 1つ目は、最大限民活導入を図りながら最小限の公の経費負担により、安全安心な生鮮食料品を市民に安定的に供給し続けているとしております。2つ目は、首都圏全体の生活を支えるインフラとして、近隣都市と連携しながら一定の公共関与のもとに運営がなされているとしております。3つ目は、災害時の災害対応拠点としても機能し続け、安全安心な市民生活を支えているとしております。 もっと読む
2018-12-20 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月20日-07号 議案第97号平成30年度茅ヶ崎市病院事業会計補正予算(第1号)に関しましては、高力ボルトの供給不足による影響がこのように多岐にわたる状態であることが判明しました。本館改修工事は変更ないとのことですが、市民へのさらなる負担を防ぐためにも、今後のスケジュールに影響のないように、事業者との協議を密にしながら進めていくことが大切だと考えます。  以上のことを付して、この議案に賛成いたします。 もっと読む
2018-12-19 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月19日-06号 それから、ちょっと時間の関係もあるので、市立保育園の今後の方向性なんですけれども、これから少子化によって、例えば保育園の供給過多になるということも可能性としては予測されるわけで、それから方向転換をしようというのはもう遅いと思うんです。それよりも、現状ではまだ社会資源としての保育環境が整っておらない状況の中では、今、国でも問題になっているように、量の問題じゃなくて質の問題が問われていますよね。 もっと読む
2018-12-19 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 環境厚生常任委員会-12月19日-01号 その後、鉄骨は現場に納入されたが、9月3日に納入される予定であったボルトの供給が滞ってしまったため、ボルト接合ができず、納期が未定となった。 ◆山﨑広子 委員 今、オリンピックを控えた建設ラッシュのためで、このような状況は予測できなかったため、契約不履行にせず、やむを得ないと判断したものと思うが、もう少し詳しく、やむを得ないと判断した理由を伺う。 もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 実際に平成19年施行の住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給促進に関する法律、住宅セーフティネット法により、住宅の確保に特に配慮を要する者へ民間賃貸住宅への入居を促進することが求められており、住宅確保要配慮者への住宅供給は重要な課題となっています。  (1)市営住宅入居に関する状況について。 もっと読む