運営者 Bitlet 姉妹サービス
7830件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月20日-07号 議案第97号平成30年度茅ヶ崎市病院事業会計補正予算(第1号)に関しましては、高力ボルトの供給不足による影響がこのように多岐にわたる状態であることが判明しました。本館改修工事は変更ないとのことですが、市民へのさらなる負担を防ぐためにも、今後のスケジュールに影響のないように、事業者との協議を密にしながら進めていくことが大切だと考えます。  以上のことを付して、この議案に賛成いたします。 もっと読む
2018-12-19 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月19日-06号 それから、ちょっと時間の関係もあるので、市立保育園の今後の方向性なんですけれども、これから少子化によって、例えば保育園の供給過多になるということも可能性としては予測されるわけで、それから方向転換をしようというのはもう遅いと思うんです。それよりも、現状ではまだ社会資源としての保育環境が整っておらない状況の中では、今、国でも問題になっているように、量の問題じゃなくて質の問題が問われていますよね。 もっと読む
2018-12-19 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 環境厚生常任委員会-12月19日-01号 その後、鉄骨は現場に納入されたが、9月3日に納入される予定であったボルトの供給が滞ってしまったため、ボルト接合ができず、納期が未定となった。 ◆山﨑広子 委員 今、オリンピックを控えた建設ラッシュのためで、このような状況は予測できなかったため、契約不履行にせず、やむを得ないと判断したものと思うが、もう少し詳しく、やむを得ないと判断した理由を伺う。 もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 実際に平成19年施行の住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給促進に関する法律、住宅セーフティネット法により、住宅の確保に特に配慮を要する者へ民間賃貸住宅への入居を促進することが求められており、住宅確保要配慮者への住宅供給は重要な課題となっています。  (1)市営住宅入居に関する状況について。 もっと読む
2018-12-17 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月17日−05号 道の駅で中心的な配置として、地元の新鮮な農産物の供給が道の駅を左右するものと考えますが、国や県などとの交渉は、2017年9月から交渉を始めています。その後、各団体の交渉も繰り返してきました。しかし問題なのは、地元の農産物の窓口になるJAさがみの役員の方とは、道の駅の検討状況報告書を情報公開で入手しましたが、その中には協力依頼したのはことしの10月4日の1回だけという事実もあります。 もっと読む
2018-12-13 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月13日−04号 ◎市長室長(内藤勝則君) 主なマニュアルといたしまして、各対策部の運営に関するマニュアルを初め、飲料水、食料、物資等の調達、供給に関するもの、避難所運営に関するもの、学校防災に関するものなどがございます。 ○議長(武藤俊宏君) 齊藤慶吾議員。 ◆2番(齊藤慶吾君) 48件ですか、多くのマニュアルがあるということがわかりました。この地域防災計画というのは、核となる計画でございます。 もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号  吉 弘 子 議員    質問要旨     1 バリアフリー化の推進について     2 安全・安心なまちづくりについて    G 鶴 指 眞 澄 議員    質問要旨     1 都市公園の活性化などについて     2 安心・安全な自転車利用について    H 山 口 良 樹 議員    質問要旨     1 市立図書館について    I福 地  茂 議員    質問要旨     1 支援物資供給 もっと読む
2018-12-10 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-10 国は、これらの課題を解決し、将来にわたり、水道の安定供給を維持していくためには、水道の基盤強化を図ることが必要であるとのことから、事業体の経営基盤強化策の1つとして、広域化、共同化と官民連携を各事業体がその必要性を判断して取り組めるよう、水道法の一部改正を行ったものです。  法改正の内容は、大きく5項目ございます。 もっと読む
2018-12-06 秦野市議会 平成30年環境都市常任委員会 本文 開催日: 2018-12-06 50 ◯経営総務課長【 7頁】 初めに、本市では、安全な水道水を市民に供給するための1つの制度といたしまして、市技術職員の資格要件を定めるため、この秦野市水道事業水道技術管理者及び布設工事監督者に関する条例を平成24年に制定したものでございます。 もっと読む
2018-12-05 清川村議会 平成30年12月定例会(第1号12月 5日) 住民満足度と重要度が高く、維持となりましたのは、厚木消防清川分署の整備による消防の広域化、そして安全でおいしい水道水の安定供給、快適な生活を支える下水道の機能確保、地域の交通安全、防犯対策の推進などの項目でございまして、このような施策は現状を維持し、継続、拡大をしていく必要があるというふうに考えております。   もっと読む
2018-12-03 中井町議会 2018年12月03日 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 本町でも、先ほど触れましたけれども、妊娠を希望される方などを対象にワクチン接種を行っておりますが、ワクチンの供給体制といいますか、人数に関しては、前回、決算のほうで13名というふうに伺っていますが、ほかにも、多分、接種をされていると思います。 もっと読む
2018-12-01 二宮町議会 平成30年第4回(12月)定例会(第5日目) 本文 その意味におきまして、一色小学校区地域再生協議会による取り組み、地域住民が二宮町県住宅供給公社と協力して、地域の活力復活、少子・高齢化への対応に取り組もうとする試みを、二宮町内の他の地域に先駆け、少子・高齢化が最も深刻な百合が丘を含む一色小学校区において最初に実施することは大義があると考えます。そして、何としても一色小学校区、とりわけ百合が丘において試みを成功させなければなりません。   もっと読む
2018-12-01 二宮町議会 平成30年第4回(12月)定例会(第1日目) 本文 おもしろいことに、県の住宅供給公社の理事長が、二宮の団地経営について、農に注力するというふうに言われました。農具をしまえる倉庫、月々、安価な賃貸しについて、若い農業者の方が大変ニーズがあると言われていました、これから打ち出そうとしている県公社の政策にですね。  本当に若い農業者の方々、あるいは農に転業される方々は、まちづくりの意欲、社会参加の意欲が非常に強いです。 もっと読む
2018-12-01 二宮町議会 平成30年第4回(12月)定例会(第9日目) 本文 第7期介護保険事業計画の介護サービス見込み量等に基づき、都道府県が推計した介護人材の需用を見ると、2020年度末には216万人、2025年度末に必要となる介護職員は245万人で、2025年度には約34万人が不足する見通しで、介護需用に労働力の供給が追いつかず、十分な介護サービスの提供が困難になると懸念されております。   もっと読む
2018-12-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会12月会議(第3日) 本文 協定のカテゴリーにつきましては、行政関係機関を除きまして、物資供給関係、支援活動関係、施設拠点利用関係、情報収集・情報提供関係、応急活動・土木等協力関係、福祉施設利用関係、不明遺体葬祭関係など、さまざまな分野で52の企業や団体と締結させていただいており、防災活動を行う上である程度充実してきていると考えているところではございますが、引き続き年間5件程度を目標に防災協定の締結を進め、さらなる防災協定の拡充 もっと読む
2018-11-30 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第2号・議案審議) 本文 開催日: 2018-11-30 この不適切な事務処理及び事務処理のルールによらない電気供給契約等についての概要及び経緯はどのようだったのか、お伺いいたします。  よろしくお願い申し上げます。               もっと読む
2018-10-17 海老名市議会 平成30年10月 経済建設常任委員会−10月17日-01号 そこで、大規模のところでも、エレベーターがあるところはまだいいのかと思うのですが、この近辺でも昔の神奈川県住宅供給公社が供した集合住宅などは5階建ての、階段を使っているところが結構まだ残っているかと思うのですが、その辺の世帯数というのはつかんでいますか。 ◎環境課長 そこまではつかんでございません。 もっと読む
2018-10-15 川崎市議会 平成30年 第3回定例会-10月15日-05号 また、水は人の生存に必要不可欠であり、採算性が低くても供給し続けなければなりません。だからこそ、水道事業者は原則として市町村に限られてきました。しかし、法案は官民連携の推進のため、水道施設に関する公共施設等運営権を民間事業者に設定できる仕組み、すなわち民営化を導入できることとしています。民間事業者が収益事業として水道事業を展開している国は多くあります。 もっと読む
2018-10-05 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号 そこで、総合計画の趣旨に当たる最も幸福なまちを実現する根幹に当たるのが、供給されるサービスでの損得勘定ではなく、人として尊厳のある暮らしであり、その1つが自立であると考えます。自立の意識や人の暮らしへの張りや楽しみを感じるというのは多様であり、主観的な評価になってしまいます。 もっと読む
2018-10-03 秦野市議会 平成30年第3回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2018-10-03 秦野市地下水の保全及び利用の適正化に関する要綱、第3条では、地下水を利用する企業に対し、地下水利用協力金を水道料金の平均供給単価の3分の1まで徴収できると規定しております。この要綱どおり、地下水利用協力金を値上げし、地下水の保全に努めることであります。  以上、反対討論といたします。               もっと読む